イベント・セミナー

2018年6月度 法人スポンサー連絡会〔6月7日〕

参加対象者 :法人スポンサー様のみ
《締め切りました》

 2018年6月度法人スポンサー連絡会を下記の要領で開催します。

はじめに

 今回は「企業価値創造とプロジェクトマネジメント」について特集しました。
 市場が成熟し、製品・サービスのコモディティ化が進む中でクリエイティブな解決策が強く求められています。デジタル社会が深化し組織が激変する環境下、プロジェクト・マネジャー(PM)はどう変わる必要があるのかについて3人の講師からのお話を聴き、共に考えてみたいと思います。

〔中谷講師:クリエイティブで、新しい変化をどう創り出すか?〕
 激変する時代の変化の中で、自信を持って創造性を発揮できる人材(含むPM)になるためのコツの提案

〔高橋講師:CSV(共有価値の創造)の実践〕
 主要企業が注目している「社会価値と経済価値を両立する新しいプロジェクトマネジメントの取り組み」について、実践的なアプローチとして、キーポイントとなるスタートアップの進め方

〔当麻講師:新規事業開発におけるPMの重要性と人材育成〕
 イノベーションを起こす人材育成

 今回もQ&A、意見交換の時間を確保しました。日頃皆さま方がお悩みのことや疑問点について、意見交換および、知見を得る場としてご活用ください。

 また、講師の方々も参加される恒例の交流会も行いますので、是非ご参加ください。

開催概要

主催 PMI 日本支部
日時 2018年6月7日(木) 
 セミナー:14時00分~17時50分 (受付開始 13時40分)
 交流会  :18時00分~20時00分
場所  株式会社三菱総合研究所  4階大会議室
  住所:東京都千代田区永田町 2-10-3
  電話:03-5157-2111 (代表
当日入館方法 B1 の三菱総合研究所受付にてビジターカードを受け取り、エレベータで4F まで上がってください。
プログラム

【第1部 セミナー  14:00~17:50 】

  1. 主催者挨拶
  2. PMI日本支部からのご連絡
  3.  特集:企業価値創造とプロジェクトマネジメント
    ● 講演1 クリエイティブで新しい変化をどう作り出すか ~仮説検証プロジェクトの成功率を高めるために~
         講師  中谷 英雄氏/株式会社 ピーエム・アラインメント 取締役
    ● 講演2 CSV(共有価値の創造)の実践
      講師  高橋 正憲氏/PMI日本支部顧問、ソーシャルプロジェクトマネジメント研究会
    ● 講演3 新規事業開発におけるPMの重要性と人材育成
      講師  当麻 哲哉氏/慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授
    (講演2と3の間に、名刺交換タイムあり)
  4. Q&A、意見交換会

【第2部 交流会  18:00~20:00 】
  場所 : ダブリナーズ アイリッシュパブ 赤坂店(予定)

参加対象者 IT企業、IT部門の方々、PMO関係者、教育部門、およびプロジェクト関係の方(法人スポンサー企業の社員様 限定)
定員  セミナー:80名(原則として1社あたり2名様までとさせていただきます)、交流会:30名
参加費用  ・セミナーには無料で参加いただけます。
 ・交流会に参加希望の方は、セミナーへの参加申込み時に実費2,000円を同時にお支払いください
PDU

 最大3.0PDU受講対象 (PDUはEducation 〔Course or Trainingでご登録ください)

  T L S 合計
PMP/PgMP® 0.5 1.0 1.5 3.0
PMI_RMP® 0.0 1.0 1.5 2.5
PMI_SP® 0.0 1.0 1.5 2.5
PfMP® 0.0 1.0 1.5 2.5
PMI_ACP® 0.0 1.0 1.5 2.5
PMI_PBA® 0.0 1.0 1.5 2.5

T:Technical 、L:Leadership、S:Strategic&Business Management

ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者は資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大3時間分を取得できます。
申込締め切り 6月4日(月)  定員になり次第締め切らせていただきます。
申込方法 2018年6月度 法人スポンサー連絡会申込サイト よりお申し込みください。
お申し込み後、Eメールにて受講票をお送りいたします。

資料のダウンロードについて

  • セミナーの一週間前をめどに、お申込時にお知らせいただいたアドレス宛てにダウンロード用URL・パスワードをお送りしますので、当日は各自で印刷するかPC、タブレット端末に格納するなどしてご持参ください。

受講完了報告の提出とPDU受講証明書発行について

  1. セミナー終了後、出席いただいた方のみに対して「受講完了報告提出のご案内」をEメールで送付します(Survery Monkey 社のシステム)ので、案内に従って必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  2. 提出いただいた受講完了報告を事務局で確認した後、PDU受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  3. 受講完了報告のご提出が無い場合、PDU受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  4. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
受講完了報告提出方式とPDU受講証明書発行方式変更についてのご案内

お問い合わせ先

本件に関するお問合せは、 PMI日本支部法人スポンサー担当  宛にお願いいたします。