イベント・セミナー

2018年度 PM部門長セミナー (8月6日 法人スポンサー限定)

 

 今回のPM部門長セミナーは、昨年11月に実施した法人スポンサー・アンケートにおいて、とりあげてほしい話題のトップとなった「PMに関する内外の最新情報収集」に沿うべく、「ニュービジネスを支えるプロジェクトマネジメント」をテーマとして特集します。
 
 ニュービジネスの企画・遂行にはプロジェクトマネジメントが不可欠です。そして、プロジェクトマネジメントの成功にはPM部門長の強力なリーダーシップが欠かせません。
 この重責を担う皆さま向けに、2018年度PM部門長セミナーを開催します。
 
 なお、恒例となった名刺交換タイムも確保しました。
 また、講演後の交流会には講師の皆さまも参加されますので、ぜひご参加の上で講師や参加の皆さまとニュービジネスについてご歓談ください。

特集:ニュービジネスを支えるプロジェクトマネジメント

  タイトル 講師 講演概要
講演-1 ビジネスアジリティを実現する三つの柱 ~変化に強い開発手法、インフラ、プロジェクト管理~ 日経BP総研イノベーションICTラボ上席研究員 森側真一様 内外の最新ニュービジネスの現状および動向
講演-2 ドイツ Industry4.0とプロジェクトマネジメントの重要性 PMI日本支部副会長 片江有利氏 ●ドイツが官民を挙げて取り組んでいるIndustry4.0 下でプロジェクトマネジメントがどのように変化したか
●我が国のIoT の進展を考えるときの、同様の概念で推進されるSociety5.0 下でのプロジェクトマネジメントの役割の重要性について
講演-3 成功事例に学ぶシステムズエンジニアリング ~IoT時代の商品・サービス開発コア技術~ (独)情報処理推進機構 社会基盤センター イノベーション推進部 主任研究員 端山毅氏 商品化、サービス化におけるシステムズエンジニアリングの有効性について(事例を交えた解説)

開催概要

主催 PMI 日本支部
日時 2018年8月6日(月)
 セミナー:14時00分~17時30分 (受付開始 13時40分)
 交流会  :17時40分~20時00分
場所  株式会社三菱総合研究所  4階大会議室
  住所:東京都千代田区永田町 2-10-3
  電話:03-5157-2111 (代表
当日入館方法 地下1階の三菱総合研究所受付にてビジターカードを受け取り、エレベータで4階 まで上がってください。
プログラム

【第1部 セミナー  14:00~17:30 】

  1. 主催者挨拶
  2. PMI日本支部からのご連絡
  3. 特集:ニュービジネスを支えるプロジェクトマネジメント

    講演-1、講演-2、講演-3

 4. 名刺交換タイム

 5. Q&A、意見交換会

【第2部 交流会 17:40~20:00 】
  場所 : ダブリナーズ アイリッシュパブ 赤坂店(山王パークタワー 地下1階

参加対象者 PMI 日本支部 法人スポンサー企業のPM部長、PM部門長、および役員の方
定員  セミナー:40名、 交流会:30名
参加費用  ・セミナーには無料で参加いただけます。
 ・交流会に参加希望の方は、セミナーへの参加申込み時に実費2,000円を同時にお支払いください
PDU

 2.5 PDU受講対象 (PDUはEducation 〔Course or Trainingでご登録ください)

  T L S 合計
PMP/PgMP® 0.5 1.0 1.0 2.5
PMI_RMP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PMI_SP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PfMP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PMI_ACP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PMI_PBA® 0.0 1.0 1.0 2.0

T:Technical 、L:Leadership、S:Strategic&Business Management

ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者は資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大2.5時間分を取得できます。
申込締め切り 7月30日(月)。ただし、定員になり次第締め切らせていただきます。
申込方法 ページ最下段の「申込ボタン」からお申し込みください。
お申し込みを事務局で確認後、Eメールにて受講票をお送りいたします。

資料のダウンロードについて

  • 当日の資料については、印刷物として当日に配布させていただくもの、事前ダウンロード後に各自で印刷してご持参いただくものが混在します。
    事前ダウンロード分については、セミナーの一週間前をめどに、お申込時にお知らせいただいたアドレス宛てにダウンロード用URL・パスワードをお送りします。

受講完了報告の提出とPDU受講証明書発行について

  1. セミナー終了後、出席いただいた方のみに対して「受講完了報告提出のご案内」をEメール(Survery Monkey 社のシステム)で送付しますので、案内に従って必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  2. 提出いただいた受講完了報告を事務局で確認した後、PDU受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  3. 受講完了報告のご提出が無い場合、PDU受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  4. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
受講完了報告提出方式とPDU受講証明書発行方式変更についてのご案内

お問い合わせ先

本件に関するお問合せは、 PMI日本支部法人スポンサー担当  宛にお願いいたします。

 

お申込はこちら