イベント・セミナー

【ウェビナー】法人スポンサー企業限定 2020年9月度 法人スポンサー連絡会 〔9月29日〕

最新技術の自社ビジネスへの取り込み

締め切りました(9月23日)

 2020年9月度 法人スポンサー連絡会を下記要領で開催します

 今回も新型コロナウイルス感染症拡大の影響に鑑み、Zoomを利用したウェビナー形式でのセミナーとなります。
 通常は各社2名様までが定員ですが、今回も6名様までご参加いただけます。普段ご参加いただけない支社・支店、事業所の方も、是非ご参加くださるようご案内申し上げます。

セミナーの内容

 今回は「最新技術の自社ビジネスへの取り込み」を特集テーマとし3講演を企画しました。

 河々谷 健一氏/OPM研究会代表からは、『組織が「生き残る」ためのOPM ~プロジェクト・エコノミー時代におけるOPMの取組み~』と題して講演いただきます。

 中谷 英雄氏/株式会社ピーエム・アラインメント取締役からは『デザイン思考の組織改革力 ~日本の成功企業は何をしたか~』と題して講演いただきます。

 また、米沢 隆氏/日本アイ・ビー・エム株式会社からは『AIを活用したインテリジェント・ワークフローのシステム化』と題して講演いただきます。

講演-1 組織が「生き残る」ためのOPM ~プロジェクト・エコノミー時代におけるOPMの取組み~ 45分(含 Q&A

講師  :河々谷 健一氏/OPM研究会代表 ベライゾンジャパン合同会社 プロジェクトマネジャー
講演内容:PMIが提唱する『プロジェクト・エコノミー』では、プロジェクトのあり方が大きく変化すると言われています。変化に備えるために組織のプロジェクトマネジメント(OPM)標準を活用し、組織のアジリティ向上を達成するためのアプローチについて紹介いたします。

講演-2 デザイン思考の組織改革力 ~日本の成功企業は何をしたか~ 60分(含 Q&A)

講師  :中谷 英雄氏/株式会社ピーエム・アラインメント取締役
講演内容:日本ではいま「デザイン思考」を活用してイノベーションを起す事がブームになっています。では、日本大手企業を中心に「デザイン思考」を活用してスケールの大きなイノベーションが起き続けているかと言えば、そうとは思えません。ただし、日本企業でもデザイン思考を活用して成功を収めている企業があります。日本企業の成功事例からデザイン思考の真価と古くから企業に存在している様々な壁の超え方を考察します

講演-3 AIを活用したインテリジェント・ワークフローのシステム化 60分(含 Q&A)

講師  :米沢 隆氏 日本アイ・ビー・エム(株)グローバル・ビジネス・サービス事業本部 先進的最適化 プリンシパル・データ・サイエンティスト
講演内容:業務フローの意思決定をサポートすることで企業価値を直接高めるAIシステムの導入が進んでいます。本講演ではシステム化の過程の定石と実装上の考慮点を考察します。

開催概要

 新型コロナウイルス感染拡大等の理由により、一部プログラムの変更があり得ることを予めご了承ください。
主催 PMI 日本支部
日時 2020年9月29日(火) 13時30分~17時00分
開催形態 Zoomを利用したウェビナー形式
参加対象者 人材育成、教育部門、PMO、経営企画、商品・サービス企画、およびプロジェクト部門の方、 およびコンサルタント部門の方
定員 200名(各社6名まで)
参加費用 無料
PDU

最大2.75PDU受講対象 (PDUはEducation 〔Course or Trainingでご登録ください)

T L S 合計
PMP/PgMP® 0.0 1.0 1.75 2.75
PMI_RMP® 0.0 1.0 1.75 2.75
PMI_SP® 0.0 1.0 1.75 2.75
PfMP® 0.0 1.0 1.75 2.75
PMI_ACP® 0.0 1.0 1.75 2.75
PMI_PBA® 0.0 1.0 1.75 2.75

T:Technical 、L:Leadership、S:Strategic&Business Management

ITC実践力ポイント 法人スポンサー限定イベントのため、ITC実践力ポイントは発行いたしません。
申込締め切り 9月23日(水)17:00

Zoomによる視聴について

  • 参加いただくには、インターネット接続環境があるパソコン、スマートフォン、タブレット端末等が必要です。
  • WEB会議システムZoomを使用して配信します。Zoomはインターネット回線でテレビ会議などをするためのシステム(アプリ)です。
  • スマートフォン、タブレット等で参加される場合は事前にZoomアプリのダウンロードが必要です。
  • インターネット回線を利用した通信のためインターネット接続料が発生します。Wi-Fi 環境以外での参加にあたっては、通信料にご注意ください。
  • お申込みにあたっては、事前に http://zoom.us/test からZoomへの接続性を確認するテストをお勧めします。
  • 後日、ウェビナーへのアクセス用URLをお送りします。

資料のダウンロードについて

 セミナーの一週間前をめどに、お申込時にお知らせいただいたアドレス宛てに講演資料のダウンロード用URLをお送りします。

受講完了報告の提出とPDU受講証明書発行について

  • セミナー終了後、出席いただいた方は「受講完了報告」の回答サイト(Survery Monkey 社のシステム)にアクセスいただけますので、必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  • 提出いただいた受講完了報告を事務局で確認した後、PDU受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  • 受講完了報告の提出が無い場合、PDU受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  • 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
受講完了報告提出方式とPDU受講証明書発行方式変更についてのご案内

お申込み

    最下段の申込ボタンをクリックして、Peatix(イベント管理プラットフォーム)のサイトよりお申し込みください。
  1. お申し込みにあたっては、まず Peatix会員の事前登録 が必要となります。
  2. お一人さまにつき一枚のチケットをお申し込みください(お一人で複数枚の申込みはご遠慮ください)。
  3. お申し込み完了後、Peatixより確認メールが届きます。その際、QRコードつき無料チケットが発行されますが、こちらは使用しないので無視してください。
  4. お申し込み完了後のPeatixからの申込み確認メールはPeatixへの登録アドレス宛に届きますので、セミナーへの登録アドレスと異なる方はご注意ください。
  5. 確認メールが届かない場合は申し込みが正常にされていない恐れがあります。1日経っても確認メールが来ない場合はPMI日本支部法人スポンサー担当まで問い合わせください。
  6. セミナー開催1週間ほど前に、日本支部事務局からお申込みの際記入いただいたEメールアドレス宛に、Zoomウェビナーに前登録するためのリンクをお送りします。事前登録を完了すると、ウェビナー参加用のリンクを含む確認メールが届きますので、当日はこのリンクから受講してください。

お問い合わせ先

本件に関するお問合せは、 PMI日本支部法人スポンサー担当  宛にお願いいたします。