イベント・セミナー

英語によるコミュニケーション・スキルアップ・ワークショップ 第三弾

PMI日本支部主催 グローバル・ビジネス関係者向けセミナー
【第三弾:チームのモチベーションアップと信頼関係構築編】

セミナーの趣旨

 企業の管理者のなかには、正規のトレーニングや経験なしにグローバル・チーム・リーダーに任命され、その結果、チームのモチベーション低下を招いたりメンバーからの信頼を失うことが見受けられます。

 本ワークショップはグローバル・プロジェクトのコンサルテーションおよび、トレーニングの経験豊富な講師がグローバル環境下でのチームのモチベーションアップおよび信頼構築の主要スキルについてわかり易く解説します。
 また、どのような要因がモチベーションや信頼の低下を招くのか、モチベーションや信頼の効率的向上を図るにはどのようにしたらよいか、最新の成功事例を踏まえ、ケーススタディやロールプレイを通して学習する参加型ワークショップです。

コースの学習目標

1. グローバル・ビジネス推進上必須となるモチベーションアップと信頼関係構築の主要スキルを習得する。同時にケーススタディ、ディスカッション、セルフ・アセスメントを行いスキル習得を確実なものにする。
2. 英語でのグループディカッション、ケーススタディおよびロールプレイにチャレンジする。

コースの概要

主催 PMI日本支部
コース名 英語によるコミュニケーション・スキルアップ・ワークショップ 第三弾
 ~ チームのモチベーションアップと信頼関係構築編 ~
 
日時 2017年11月14日(火)
   9時00分~ 9時30分 受付
  9時30分~17時30分 セミナー
セミナーの進行 本セミナーは全て英語で実施します。参加者は自分の言いたいことを(多少の困難を伴うにしろ)英語で表現できることが前提です。
理解確認のため、区切り毎に講師が簡単な振り返りを行います。
定員 24名  (申し込み順)  最少催行人数8名(10月31日までに8名に達しない場合は中止とさせていただきます。予めご了承ください)
場所 PMI日本支部 セミナールーム 
 半蔵門線水天宮駅 徒歩5分
  東京都中央区日本橋中洲3-15 センタービル3F
   会場マップ
講師 マーク べレスフォード氏 / Innova Solutions 株式会社 代表取締役
対象者 グローバル・ビジネスリーダーおよびその候補者、グローバル・ビジネス開拓担当者、グローバル・プロジェクト・マネジャー、PMOメンバー、PM教育関係者 など
参加費
【種別】 【セミナー】 【交流会】
(A) PMI 日本支部会員 30,000円 (27,000円 500円
(B) 法人スポンサー企業社員 36,000円 33,000円 500円
(C) 一般 52,000円 49,000円 500円

赤文字は、10月13日(金)15時までに銀行への入金が確認ができた方、10月13日(金)24時までにカード決済を完了された方への早割価格です。
● 交流会に参加される方は、セミナー申込時に受講料と同時に500円をお支払いください

PDU

6.5 PDU受講対象 (PDUはEducation 〔Course or Trainingでご登録ください)

  T L S 合計
PMP/PgMP® 0.25 6.5 0.0 6.75
PMI_RMP® 0.0 6.5 0.0 6.5
PMI_SP® 0.0 6.5 0.0 6.5
PfMP® 0.0 6.5 0.0 6.5
PMI_ACP® 0.0 6.5 0.0 6.5
PMI_PBA®

0.0

6.5 0.0 6.5

T:Technical 、L:Leadership、S:Strategic&Business Management

ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者は資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大6.5時間分を取得できます。

講演内容 (プログラムは一部変更する場合があります)

9:30 ~ 12:15【Morning Session】
   ◆Welcome and Workshop Objectives
   ◆Introductions / Icebreaker
   ◆The Performance Management Cycle – How it works on Projects
   ◆Success Criteria and Common Challenges
   ◆New Leader’s Roles and Responsibilities 
   ◆Indicators of Motivation and Engagement
   ◆Common Myths About Motivation
   ◆Brain-Based Motivation: What the science reveals
   ◆Video: Motivation Factors
   ◆Case Study Discussion

12:15 ~ 13:15【Lunch】  

13:15 ~ 17:30【Afternoon Session】 
   ◆How the Brain Processes Certainty: Feelings of Predictability vs. the unknown
   ◆What Threatens or Increases Certainty?
   ◆Normal Reactions to Change in the Workplace
   ◆Case Study Discussion
   ◆How the Brain Processes Autonomy: Feelings of Control vs. Lack of Control
   ◆Developing an Autonomous Team Culture
   ◆Tracking Progress without Micromanaging
   ◆Case Study Discussion
   ◆Role Play Practice
   ◆Workshop Review    

17:30 ~ 18:30【Networking - Optional- 】
   ◆ Talk with the facilitator and fellow participants
 

【参考】第一弾セミナーの様子および、受講者の所感

 【2017年4月26日に実施した第一弾セミナーの様子】 こちらからご覧いただけます。

 【受講者所感】参加者からは以下のような所感をいただいています。

  • 資料もわかりやすく、講師の方も面白く、実務につながるエピソードを共有してくださり参考になりました。ワークショップのエクササイズ内容も有意義だと感じました。
  • 素晴らしい場のご提供ありがとうございました。目指している地点と現時点の位置関係を明確に受け取ることができ、今後の糧となりました。
  • 具体的に、どういった考え方・どういったポイントに気をつけることでコンフリクトをマネジメントできるのか、という点について、教科書的な点及び実務面で網羅されており、多くの気づきがありました。なお、それらを英語で討議する機会が持てたことも納得度が高かったです。
  • 講師の説明も判りやすく、1日研修の進行も良かったと思います。さらに、多岐にわたる業界の方と意見交換でき、またPMBOK的な知識の面と実務の面をどう結びつけるかが勉強できた点について満足しています。
  • 講義を聞くだけではなく、チームDiscussionや演習などもあり、退屈せず楽しく勉強できることができました。

講師紹介

 マーク ベレスフォード (Mark Beresford) 
 PMP®、CBAP®、ACP®、CSM

ベレスフォード.jpg 【現職】

プロジェクトマネジメント・コンサルティング&トレーニング専門企業である株式会社 Innova Solutions 代表取締役社長

【PMとしての経歴】

● 建設業にて15年間建設プロジェクトに従事、カナダテレコム企業にて上級PMを務める
● 北米、カナダ、中東、香港および中国にて大規模建設プロジェクトにエグゼクティブPMとして従事
● 日本では2014年より中東産油国中央省庁技術者のインフラ構築プロジェクト技術者教育を担当。2016年より大手総合電機メーカーのグローバル・ビジネス要員のコミュニケーション・スキルアップ教育に従事

【コンサルタントとしての専門分野】

 企業の新分野進出に際して必要となる人材の能力拡張、自身による気づき、リーダーシップの育成に関するファシリテーション&トレーニング

申し込み方法

  1. お申込みは、最下段の「申し込みボタン」からお願い致します。
    * 今回のテーマに関連してご質問・ご意見がありましたら、申込書に記載してください。質問内容を講師に事前にお伝えします(ご記入いただいた方の企業・お名前等の個人情報は公開いたしません) 。
     
  2. 折り返しセミナー事務局より受領確認/請求メールをお送りします。
    (なお、請求メールを請求書として取り扱わせていただきます)

     
  3. 振込みを選択された方は、2 のメールに明記された振込先に指定期日までにお振り込みください。振り込みを確認次第、参加証をお送りいたします。
     
  4. 領収書が必要な方には、入金を確認し次第発送いたします。
     

※ 申し込み後のキャンセルはお受けできません。

※ 不可抗力により開催を中止させていただく場合は PMI日本支部のホームページまたはメールにてご連絡差し上げます。お支払いいただいた参加費は指定口座に返金させていただきます。返金の場合、お申込時の振込手数料は対象外となりますのでご了承ください。 

受講完了報告の提出と受講証明書発行について

  1. 受講証明は、PDU受講証明、ITコーディネータ受講証明の 2 種類が対象となります。
  2. 受講された方には『受講完了報告』の提出をお願いしています。セミナー終了後5営業日以内に、出席いただいた方のみに対して「受講完了報告提出のご案内」をEメールで送付しますので、案内に従って完了報告フォームに必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  3. 受講完了報告の提出を事務局で確認した後、受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  4. 受講完了報告のご提出が無い場合、受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  5. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールが迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
  6. オンラインから PDU を申請する際には、PMI 倫理・職務規定を遵守の上、誠実に申請してください。
受講完了報告提出とPDU受講証明書発行についてのご案内

セミナー・テキストについて

  • セミナーに利用するテキストは当日配布いたします。

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部セミナー事務局 宛てにお願いします。

お申込みはこちら