イベント・セミナー

オンライン・セミナー「リーダーシップ 『伝統的な教え、革新的な学び』」

オンライン・セミナー
「PMI Japan Festa 2018 講演1」より
 

 

リーダーシップ
「伝統的な教え、革新的な学び」

講演者:山本 真己(やまもと まき)氏

Maki_Yamamoto.jpg

NPO横浜大学 代表理事

1965年:神奈川県茅ヶ崎生まれ。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科、首席修了。
1990年:株式会社ピープル(現、コナミスポーツ株式会社)に入社。フィットネスクラブ経営、ホノルルマラソン事業、ダイエット事業、複数店舗品質管理業務、社員教育など、全社的プロジェクトでも活躍。
1996年:株式会社ぱどへ転職。フィットネスクラブ、美容整形外科、エステ、治療院等、健康美容関連のマーケティング・サポートを数多く手がける。その他、新規事業の立ち上げ、子会社経営、社員教育プロジェクト等でも管理業務を担当する。
2001年:株式会社フィットを設立、代表取締役に就任。マーケティングと人材開発のコンサルティングをベースに、多くの企業のサポートを行っている。 ワールドクラスの講師からの学びを活かした、フレッシュンマン~マネジャーまでの階層別研修やリーダーシップ研修には定評がある。
2008年:心と体の健康普及を目的に、NPO横浜大学の活動を開始。神奈川県との協働事業で『心理コミュニケーション講座』を開講。東日本大震災後、心のケアの必要性を考えて、2011年~2016年の5年間で、2,000名の心理ピアカウンセラー(初級カウンセラー)を育成。

【現職】株式会社フィット/代表取締役、NPO横浜大学/代表理事、NPO全世界空手道連盟新極真会/相談役、日本医療催眠学会/理事、ディヤーナ国際学園/教育顧問

講演概要

 本講演は、「リーダーは何をどのように学ぶべきなのか?」、このような問のヒントになればと思っています。まず、リーダーシップの「伝統的な教え」として、PMセオリーに焦点をあてて解説させて頂きます。言い古されたものではなく、「まさに今」知らなくてはいけない事例を交えて、驚きの内容をお伝えします。

 次に「革新的な学び」として、教育業界のトレンドでもあります、「eラーニング」「アクティブ・ラーニング」の活用法をご紹介致します。このようなストーリーを経て、講演のテーマである「リーダーの真の役割」について、皆様に考えて頂きたいです。本講演は理論だけをお伝えするのではなく、拙い私の事例や業界での成功事例なども御紹介できればと思っております。

 受講生の皆様には、実際にリーダーシップを身に付けて、より能力あるリーダーを目指してほしいと願っております。そのためにも今年作成致しました、リーダー教育の実践的なツール「リーダーマップ」を皆様に提供させて頂きます。これは抽象的なリーダーシップの能力を、具体的に24に細分化した、「コンピテンシー・リスト」です。リーダーマップをチェックすれば、リーダーの現状把握が明確になるので、自身の学びにもメンバーの教育にも利用できます。最新のツールと最善の準備をして臨みますので、ご期待下さい。

 ≪講演目次≫
 ● リーダー伝統理論「PMセオリー」
 ● ビジネス環境の悪化で行うべきこと
 ● 学びに不可欠な2つのトレンド
 ● リーダーの「真の役割」とは何か?
 ● 革新的なツール「リーダーマップ」

 

料金・PDU

受講期間  受講票発送から30日間
受講料
区分 受講料(税込み)
PMI 日本支部会員 1,500円
法人スポンサー企業社員  2,000円
一般 4,500円
PDU

最大1.0PDU受講対象 (PDUはEducation 〔Course or Trainingでご登録ください)

  T L S 合計
PMP/PgMP® 0.0 1.0 0.0 1.0
PMI_RMP® 0.0 1.0 0.0 1.0
PMI_SP® 0.0 1.0 0.0 1.0
PfMP® 0.0 1.0 0.0 1.0
PMI_ACP® 0.0 1.0 0.0 1.0
PMI_PBA® 0.0 1.0 0.0 1.0

T:Technical 、L:Leadership、S:Strategic&Business Management

申し込み方法

  1. オンライン・セミナーの受講にあたっては、事前に ログインID、パスワードの取得が必要です。
    すでにログインID、パスワードをお持ちの方は次のステップに進んでください。
  2. 申込みサイト
    受講ご希望の方は、当ページの最後にある申し込みボタンを押して、申し込みサイトよりお申し込みください。
  3. 折り返しセミナー事務局より受領確認/請求メールをお送りします。 (なお、請求メールを請求書として取り扱わせていただきます)
  4. 「振り込み」を選択された方は、3.  のメールに明記された振込先に、指定期日までにお振り込みください。
  5. 入金を確認次第、受講票をお送りいたします。 領収書が必要な方には別途メールにて発送します。

申し込み後のキャンセルはお受けできません。 
  所有される機材(PC、タブレット端末、スマートフォンなど)で教材の再生ができない場合、受講者自身にて代替の機材を準備し受講完了してください。 

※ ビデオによる1.5 時間の講演となっています。最初から最後まで視聴されたうえで受講完了報告を提出してください。
  受講完了報告、PDU 申請時には、PMI 倫理・職務規定を遵守の上、誠実に申請してください。  

受講完了報告の提出とPDU受講証明書発行について

  1. 「受講完了報告」サイトへのURLリンク情報は受講票に記載して事務局からご案内します (SurveyMonkey 社のシステム)。
  2. セミナー受講完了後、必要事項を記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  3. 事務局で「受講完了報告」の受領を確認した後、PDU受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  4. 「受講完了報告」の提出なき場合、PDU受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  5. 当セミナーと同じ内容のセミナーをライブのセミナーやオフライン・セミナーで受講している場合は重複してPDUの申請をすることはできません。
  6. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 「受講完了報告」提出後、1週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
「受講完了報告」の提出方式とPDU受講証明書発行方式変更についてのご案内

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  オンライン・セミナー担当 宛てにお願いします。

お申込み

お申込みはこちら