イベント・セミナー

中部ブランチ主催 特別セミナー

PMI日本支部 中部ブランチ主催 特別セミナー
『トヨタのPDCA』から学ぶ、個人も組織も成長させる方法
~ どんな組織でも評価されるPDCAサイクルとは ~
 

 PMI日本支部 中部ブランチ主催 特別セミナーを 2017年3月29日(水) に名古屋市にて開催します。

 
 

セミナーの趣旨

 PMBOK®でも紹介されているフレームワークの「PDCA」。

 広く知られた方法論ではありますが、日々本当の意味で効果的にPDCAを回している企業はどの程度あるのでしょうか。

 当セミナーでは、営業利益が2兆円を超えてもなお成長を続けるトヨタ自動車の末端の現場において、個人や組織でどのような意識を持ってPDCAサイクルを回しているのかを明らかにしていきます。

 あまり語られることのない「トヨタの現場」で叩き込まれたPDCAサイクルについて、その現場を熟知した講師から時間の許す限りお話をいただきます。

主催 PMI日本支部  中部ブランチ
講演 『トヨタのPDCA』から学ぶ、個人も組織も成長させる方法
 
~ どんな組織でも評価されるPDCAサイクルとは ~
 原 マサヒコ 
日時 2017年3月29日(水)
 18時30分~19時00分 受付
 19時00分~21時00分 講演
場所 愛知県産業労働センター ウインクあいち 11階1104会議室
 名古屋市中村区名駅4丁目4-38
 JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面へ徒歩5分
  052-571-6131 
定員 50名  (申し込み順)
参加費
(税込)
  【参加費】
(税込み)
(A) PMI 日本支部会員 2,000円
(B) 法人スポンサー企業社員(1社4名まで) 2,000円
(C) 一般 3,000円
PDU

2.0 PDU受講対象 (PDUはEducation 〔Course or Trainingでご登録ください)

  T L S 合計
PMP/PgMP® 1.0 1.0 0.0 2.0
PMI_RMP® 0.0 1.0 0.0 1.0
PMI_SP® 0.0 1.0 0.0 1.0
PfMP® 0.0 1.0 0.0 1.0
PMI_ACP® 0.0 1.0 0.0 1.0
PMI_PBA® 0.0 1.0 0.0 1.0

T:Technical 、L:Leadership、S:Strategic&Business Management

ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者は資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大2時間分を取得できます。

講演内容

 突き抜ける機能や品質を実現してオンリーワンの価値を世の中に提供していくには、今一度「基本概念」に立ち戻って自らの仕事を見なおす必要があるはずです。
 当セミナーでは、これからのプロジェクトマネジャーが意識すべき、仕事における「PDCAへの考え方」を、トヨタの成長過程から学んでいただきます。
 また、トヨタ以外でも「成長を続けている企業」や「結果を残している個人」がPDCAにどう向き合っているのかも解説させていただきます。

 ≪講演目次≫

 1. PDCAとは何なのか

 2. 企業のPDCAが回らない5つの理由

 3. これが本当のPDCAだ

 4. トヨタのPDCAとは

 5. トヨタのPDCAでプロジェクトに臨んでみた

 6. 成長する企業や個人のPDCA事例

2015年1月に東京で実施した原マサヒコ氏による同名のテーマによる講演ダイジェスト動画(7分40秒)は こちら

講師紹介

原 マサヒコ  ( はら まさひこ ) 

 株式会社プラスドライブ 代表取締役CEO

hara.jpg プロフィール:

神奈川トヨタ自動車にメカニックとして入社後、5,000台以上もの自動車整備に携わる。
技術力を競う「技能オリンピック」で最年少で優勝し、カイゼンのアイデアを競う「アイデアツールコンテスト」では2年連続全国大会に出場するなど活躍。
IT業界に移ってからも、Microsoft認定のMCSEを保有するエンジニアとしてデルコンピュータでのユーザーサポートプロジェクトを成功に導く。
その他、富士ゼロックス関連やIBM関連など様々なプロジェクトにおいて「トヨタイズム」を発揮しながら業務を推進。

現在は、WEBマーケティングのコンサルティングを行うプラスドライブのCEOとして、一部上場企業をはじめ数多くのクライアント先で指導を重ね、PDCAを回しながら成果をあげることに貢献している。

著書に、「トヨタのPDCA」(あさ出版)、「トヨタの自分で考える力」(ダイヤモンド社)、「まんがで身につくPDCA」(あさ出版)、「トヨタで学んだ自分を変えるすごい時短術」(かんき出版)などがあり、全て増刷がかかるなどベストセラーとなっている。

公式サイト
http://www.haramasahiko.com

申し込み方法

  1. 申込みサイト
    中部ブランチ 特別セミナー申し込みサイト よりお申し込みください。
    * 今回のテーマに関連してご質問・ご意見がありましたら、申込書に記載してください。質問内容を講師に事前にお伝えします(ご記入いただいた方の企業・お名前等の個人情報は公開いたしません) 。 
  2. 折り返しセミナー事務局より受領確認/請求メールをお送りします。
    (なお、請求メールを請求書として取り扱わせていただきます)
     
  3. 振込みを選択された方は、2 のメールに明記された振込先に指定期日までにお振り込みください。振り込みを確認次第、参加証をお送りいたします。 
  4. 領収書が必要な方には、入金を確認し次第発送いたします。 

最近、資料ダウンロード用URLにアクセスできない方が続出しています。セキュリティ・レベルが高いネット環境の組織に所属しておいでの方は、プライベートアドレスを使ってお申し込みいただくなど、ご配慮をお願い致します。

※ 申し込み後のキャンセルはお受けできません。

※ 2 時間の講演となっています。途中入場・退場は他の出席者の迷惑になるのでご遠慮ください。遅れた場合は、出席時間に応じた受講証明書になりますのでご了承ください。

※ オンラインから PDU を申請する際には、PMI 倫理・職務規定を遵守の上、誠実に申請してください。

※ 不可抗力により開催を中止させていただく場合は PMI日本支部のホームページまたはメールにてご連絡差し上げます。お支払いいただいた参加費は指定口座に返金させていただきます。返金の場合、お申込時の振込手数料は対象外となりますのでご了承ください。 

受講完了報告の提出と受講証明書発行について

  1. 受講証明は、PDU受講証明、ITコーディネータ受講証明の 2 種類が対象となります。
  2. 受講された方には『受講完了報告』の提出をお願いしています。セミナー終了後5営業日以内に、出席いただいた方のみに対して「受講完了報告提出のご案内」をEメールで送付しますので、案内に従って完了報告フォームに必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  3. 受講完了報告の提出を事務局で確認した後、受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  4. 受講完了報告のご提出が無い場合、受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  5. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
受講完了報告提出とPDU受講証明書発行についてのご案内

資料のダウンロードについて

  • セミナーに利用する資料は事前にダウンロードしていただく方式です。当日は資料は配布いたしませんのでご注意ください
  • お支払を確認できた方には、セミナー実施の数日前にダウンロード用URLをお送りしますので、事前にダウンロードし必要に応じて印刷するかPCやタブレット端末等に格納してご持参ください。

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部セミナー事務局 宛てにお願いします。