イベント・セミナー

2018年度 関西土曜セミナー 「ソフトウェア開発のボトルネックは何か 」

2018年度 関西土曜セミナー
ソフトウェア開発のボトルネックは何か
~ Eyes for Value ~
TOC流 要件定義の知識体系

 PMI日本支部 関西ブランチ主催 2018年度 関西土曜セミナーを 2018年 6月9日(土) に大阪梅田にて開催します。

 
 

セミナーの要旨

 ソフトウェアの開発の本当のボトルネックは何でしょうか?

 ソフトウェア開発にTOC流のプロジェクトマネジメントCCPM(Critical Chain Project Management)が導入され、

  • 工期が劇的に短くなった
  • 残業がなくなった
  • 黙っていても組織の壁を越えて助け合うようになった
  • 成果が出たのはうれしいが、何よりうれしいのは人の成長。こういう現場にしたかった!
    など

 目覚ましい成果を出しているのは広く知られていますが、本当に問題を解決しているのでしょうか?

 実際、プロジェクト遅延原因を調べると、遅れの理由のほとんどがあいまいな仕様、仕様決定の遅れ、仕様変更などによることに気づかされます。

 ソフトウェア開発に関して、プロジェクトマネジメント以前の問題として仕様が決められないという長年未解決の問題があるのはいまさら言うまでもありません。
 CCPMやAGILEをしなくても、本当は要件定義さえしっかりしていれば、無駄な手直しをしなくてもソフトウェア開発はうまくいくとも言えます。なぜならプロジェクト遅延理由のほとんどは仕様変更で、しかもユーザーが何をしたいかわからないという課題から来ているからです。逆に「ユーザーさえ言葉に表せない本当の要望を明らかする」ことが本当の問題解決につながるとも言えます。

 TOCは各産業界で長年未解決の問題にブレークスルーを引き起こしてきました。ご存知のようにもともとゴールドラット博士はソフトウェア開発者です。今回は、ソフトウェア開発におけるTOC流の要件定義の知識体系について紹介いたします。

  • WOW! とユーザーに言わせる価値に集中したTOC流ソフトウェア要件定義プロセス
  • E4V (Eyes for Value) Value Driven software requirement definition process in TOC way
  • ユーザーのWOW!が見える本当の要望さえ定義できれば、ソフトウェア技術者はコードを書きたくてたまらなくなる。

そんなプロセスをご紹介します。

開催概要

主催 PMI日本支部 関西ブランチ
講演 ソフトウェア開発のボトルネックは何か
  ~ Eyes for Value ~ 
講師 岸良 裕司(きしらゆうじ)氏   ゴールドラット・コンサルティング・ジャパンCEO
日時 2018年 6月 9日(土)
 12時30分~13時00分 受付
 13時00分~15時00分 講演
場所
梅田阪急ビルオフィスタワー26F ニッセイ情報テクノロジー株式会社 内
セミナールームB
 大阪市北区角田町8-1
  JR大阪駅から徒歩4分、地下鉄御堂筋線梅田駅から徒歩2分
【会議室への行き方】ビル1階エントランスからシャトルエレベーターで15階スカイロビーへ。15階でオフィス用エレベータへ乗換え、26階で降りて通路のつきあたりがニッセイ情報テクノロジーのオフィスです。
定員 40名  (申し込み順)
参加費
(税込)
  【参加費】
(税込み)
(A) PMI 日本支部会員 3,000円
(B) 法人スポンサー企業社員(1社4名まで) 4,000円
(C) 一般 9,000円
● セミナー当日までにPMI日本支部会員になられた場合は、PMI日本支部会員価格が適用されます。
PDU

2.0 PDU受講対象 (PDUはEducation 〔Course or Trainingでご登録ください)

  T L S 合計
PMP/PgMP® 2.0 0.0 0.0 2.0
PMI_RMP® 0.0 0.0 0.0 0.0
PMI_SP® 0.0 0.0 0.0 0.0
PfMP® 0.0 0.0 0.0 0.0
PMI_ACP® 0.0 0.0 0.0 0.0
PMI_PBA®

0.0

0.0 0.0 0.0

T:Technical 、L:Leadership、S:Strategic&Business Management

ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者は資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大2時間分を取得できます。

岸良 裕司 (きしら ゆうじ) 氏
 ゴールドラット・コンサルティング・ジャパンCEO

岸良.png プロフィール:

1959年生まれ。
全体最適のマネジメント理論TOC(Theory Of Constraint:制約理論)をあらゆる産業界、行政改革で実践し、活動成果の1つとして発表された「三方良しの公共事業」はゴールドラット博士の絶賛を浴び、07 年4 月に国策として正式に採用される。
幅広い成果の数々は、国際的に高い評価を得て、08 年4 月、ゴールドラット博士に請われて、ゴールドラット・コンサルティング・ディレクターに就任。博士の側近中の側近として、世界各国のゴールドラット博士のインプレメンテーションを、トップエキスパートとして、知識体系を進化させ、また、ゴールドラット博士の思索にもっとも影響を与えた一人と言われている。そのセミナーは、楽しく、わかりやすく、実践的との定評がある。著作活動も活発で、笑いながら学べ、しかも、ものごとの本質を深く見つめるユニークなスタイルで読者の共感をよび、ベストセラーを多数出版している。海外の評 価も高く、様々な言語で、本が次々と出版されている。

東京大学MMRC 非常勤講師、国土交通大学 非常勤講師、名古屋工業大学 非常勤講師

 著書・監修書:

『ザ・ゴール コミック版』(ダイヤモンド社)、 『子どもの考える力をつける 3つの秘密道具 お悩み解決! ! にゃんと探偵団』(ナツメ社)、 『全体最適の問題解決入門』(ダイヤモンド社)、 『最短で達成する 全体最適のプロジェクトマネジメント』(中経出版)、 『よかれの思い込みが会社をダメにする』(ダイヤモンド社)、 『三方良しの公共事業改革』(建設通信新聞社) など多数

 連載:

日経BP ネット 小さな組織の未来学「組織全体を最適化する科学的思考3 分セミナー」

申込みサイト申し込み方法

  1. 2018年度 関西土曜セミナー申し込みサイト よりお申し込みください。
    * 今回のテーマに関連してご質問・ご意見がありましたら、申込書に記載してください。質問内容を講師に事前にお伝えします(ご記入いただいた方の企業・お名前等の個人情報は公開いたしません) 。
     
  2. 折り返しセミナー事務局より受領確認/請求メールをお送りします。
    (なお、請求メールを請求書として取り扱わせていただきます)

     
  3. 振込みを選択された方は、2 のメールに明記された振込先に指定期日までにお振り込みください。振り込みを確認次第、参加証をお送りいたします。
     
  4. 領収書が必要な方には、入金を確認し次第発送いたします。
     

※ 申し込み後のキャンセルはお受けできません。

※ 2 時間の講演となっています。途中入場・退場は他の出席者の迷惑になるのでご遠慮ください。遅れた場合は、出席時間に応じた受講証明書になりますのでご了承ください。

※ オンラインから PDU を申請する際には、PMI 倫理・職務規定を遵守の上、誠実に申請してください。

※ 不可抗力により開催を中止させていただく場合は PMI日本支部のホームページまたはメールにてご連絡差し上げます。お支払いいただいた参加費は指定口座に返金させていただくか、代替セミナーが提供できる場合は代替セミナーへ振替いただくことができます。返金の場合、お申込時の振込手数料は対象外となりますのでご了承ください。 

受講完了報告の提出と受講証明書発行について

  1. 受講証明は、PDU受講証明、ITコーディネータ受講証明の 2 種類が対象となります。
  2. 受講された方には『受講完了報告』の提出をお願いしています。セミナー終了後5営業日以内に、出席いただいた方のみに対して「受講完了報告提出のご案内」をEメールで送付しますので、案内に従って完了報告フォームに必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  3. 受講完了報告の提出を事務局で確認した後、受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  4. 受講完了報告のご提出が無い場合、受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  5. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
受講完了報告提出とPDU受講証明書発行についてのご案内

資料のダウンロードについて

  • 講演者のお考えにより今回の講演資料は事後の配布となります。

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部セミナー事務局 宛てにお願いします。