イベント・セミナー

2014年 2月度 月例セミナー 「『自分で考える力』を磨いてPMとしての軸を持とう!」のご案内

PMI日本支部主催 2014年2月度 月例セミナー
「『自分で考える力』を磨いてPMとしての軸を持とう!」
定員に達しましたので締切りました 〔2月10
 

 PMI日本支部主催の月例セミナーを 2014年2月21日(金) に東京にて開催します。 

セミナーの趣旨

 プロジェクト・マネジャーとして、また一個人として、「自分で考える力」は必須です。ところが、「考えることは大事だとはわかっていても、何をどのようなプロセスで考えればいいのか、わからない」という人は決して少なくありません。

 今回のセミナーでは、何をどのように考えれば効果的なのか、そのコツを解説の上、皆さんに実際にその場で試していただきます。
 考えることをクセにすることが大事です。講師ご自身の「考えない人」であった当時の失敗談など交えて、どうすれば考えることをクセにできるのか? についてお話しいただきます。

 「考える人」になるためには「自分の軸」を持つ必要があります。軸があれば、何を優先すべきで何は譲ってもいいのか、という線引きができるようになります。その軸をどのように育てればいいのか、その思考プロセスについてもご紹介いただきます。

 
 

開催概要

主催 PMI日本支部
講演 『自分で考える力』を磨いてPMとしての軸を持とう!
 Wonderful Kids 主宰。子どもの考える力教育推進委員会 代表
  狩野みき 氏 
日時 2014年2月21日(金)
 18時30分~19時00分 受付
 19時00分~21時00分 講演 
場所 アクセス渋谷フォーラム
 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー24階
 TEL.03-5774-2310(代)
  東京メトロ銀座線、半蔵門線、副都心線 「渋谷」駅 15番出口から徒歩3分。
会場マップ    アクセス渋谷フォーラム
定員 110名  (申し込み順)
参加費
  【参加費】
(A) PMI 日本支部会員 4,000円
(B) 法人スポンサー企業社員(1社4名まで) 4,000円
(C) PMI本部会員 5,000円
(D) PMP有資格者 6,000円
(E) 一般 8,000円
● セミナー当日までにPMI日本支部会員になられた場合は、PMI日本支部会員価格が適用されます。
● セミナー終了後、10営業日以内にPMI日本支部会員になられた方(登録を終えたことをPMI日本支部事務局で確認できた方)には、支部会員価格との差額を返金させていただきます(振込み手数料を除く)。
PDU 最大2PDU受講対象 (PDUはカテゴリーAでご登録ください)
ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者には資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大2時間分を取得できます。

講演内容

1. 考える力とは(クリティカル・シンキングをベースとした「考える力」)
2. 考える力の基本中の基本―根拠力を育てよう(皆さんに、ちょっとしたワークをしていただく予定)
3. コミュニケーションをより円滑にするための、考える力上級編―暗黙の前提を探せ!(皆さんに、ちょっとしたワークをしていただく予定)
4. 自分だけの「軸」を見つけるために、今日からできること

講師紹介

狩野 みき(かの みき)氏

慶應義塾大学、聖心女子大学、ビジネス・ブレークスルー大学講師。
グローバル水準の考える力・作文力・プレゼン力のスクール「Wonderful Kids」主宰。
子どもの考える力教育推進委員会 代表

狩野.jpg プロフィール:
20年にわたって大学等で「考える力」と英語を教える。
著書に『世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業』(日本実業出版社)『自分の考えを伝える力の授業』(仮)(日本実業出版社より近日刊行予定)『知られざる英会話のスキル20』(共著、DHC)『プログレッシブ英和中辞典』(小学館) など多数。2012年、TEDxTokyo Teachersにて、日本の子どもたちにもっと考える力を、という趣旨のTEDトーク “It's Thinking Time”(英文)を披露し、好評を博した。
http://www.youtube.com/watch?v=o6UP65M8pYY
Wonderful Kidsのウェブサイト www.thinkaid.jp
Wonderful Kidsのフェイスブックページ https://www.facebook.com/thinkaid 

申し込み方法

  1. 申込みサイト
    PMI日本支部2月度 月例セミナー申し込みサイト よりお申し込みください。
    * 今回のテーマに関連してご質問・ご意見がありましたら、申込書に記載してください。質問内容を講師に事前にお伝えします(ご記入いただいた方の企業・お名前等の個人情報は公開いたしません) 。
     
  2. 折り返しセミナー事務局より受領確認/請求メールをお送りします。
    (なお、請求メールを請求書として取り扱わせていただきます)

     
  3. 振込みを選択された方は、2 のメールに明記された振込先に指定期日までにお振り込みください。振り込みを確認次第、参加証をお送りいたします。
     
  4. 領収書が必要な方にはセミナーの翌営業日に発送します。
     

※ 申し込み後のキャンセルはお受けできませんので、欠席の場合は代理の方の出席をお願いします。
 会員資格が異なる方が代理出席される場合は、会場で差額をお支払いください。

※ 2 時間の講演となっています。途中入場・退場は他の出席者の迷惑になるのでご遠慮ください。
 なお、遅れた場合は、出席時間に応じた受講証明書になりますのでご了承ください。
 オンラインから PDU を申請する際には、PMI 倫理・職務規定を遵守の上、誠実に申請してください。

※ 不可抗力により開催を中止させていただく場合があります。中止の場合は PMI日本支部のホームページまたはメールにてご連絡差し上げます。お支払いいただいた参加費は指定口座に返金させていただくか、代替セミナーが提供できる場合は代替セミナーへ振替いただくことができます。返金の場合、お申込時の振込手数料は対象外となりますのでご了承ください。 

受講完了報告の提出と受講証明書発行について

  1. 受講証明は、PDU受講証明、ITコーディネータ受講証明の 2 種類が対象となります。
  2. 『受講完了報告』は後日Eメールにて事務局からご案内し、Webサイトにアクセスして回答いただく方式(SurveyMonkey 社の電子アンケート方式)としています(同社の電子アンケートはPMI による各種アンケートでも使用されています)。
  3. セミナー終了後、出席いただいた方のみに対して「受講完了報告提出のご案内」をEメールで送付しますので、案内に従って完了報告フォームに必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  4. 事務局で提出いただいた受講完了報告を確認した後、受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  5. 受講完了報告のご提出が無い場合、受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  6. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
受講完了報告提出方式とPDU受講証明書発行方式変更についてのご案内

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部セミナー事務局 宛てにお願いします。