イベント・セミナー

2014年 5月度 月例セミナー 「お客様との一体感を作り出すプロジェクトマネジメント」

PMI日本支部主催 2014年5月度 月例セミナー
お客様との一体感を作り出すプロジェクトマネジメント
~ お客様満足度向上の鍵を握るプロセス品質とは? ~

 

 PMI日本支部主催の月例セミナーを 2014年5月16日(金) に東京にて開催します。

セミナーの趣旨

  あなたがお客様(ユーザー企業)だとしたら以下の二つのベンダーのどちらを信用するでしょうか。

 1.ベンダー側がこの日程でないと無理だというので渋々納期を合意した。作業過程で進捗報告や相談はなく、納期ぎりぎりに不完全な成果物が送られてきて「納品は完了」と言われた。
 2.ベンダーは納期交渉時にこちら側の要望を酌んで納期を早めてくれた。作業過程では定期的に進捗報告や相談があった。しかし、納品は当初の約束からは少し遅れてしまった。

 ほとんどの人は1 のベンダーより、2 のベンダーの方が信頼できると思うのではないでしょうか。

 このように納期が遵守されるという「成果」だけでなく、その「過程(プロセス)」におけるコミュニケーションがお客様の満足度を左右することがあります。
 納期の遵守に限らず、システム開発サービスのお客様満足度はソフトウェアQCDのような成果品質と、プロジェクト過程におけるお客様への接し方のようなプロセス品質の二つから成り立っています。ソフトウェア品質向上の研究は過去から盛んですが、システム開発をサービス業(接客業)と見立てた場合のお客様への接し方はまだまだ議論の余地があります。

 お客様満足度向上の効果はリピート獲得といった業績貢献だけではありません。プロジェクトにおけるお客様側メンバーとベンダー側メンバーとの一体感を創り上げることで高品質なシステムを構築することにも効果があります。また一体感のあるチームの形成はメンバーのモチベーション向上にも繋がります。

 今回の講演内容はJUAS(日本情報システム・ユーザー協会)サービス・サイエンス研究プロジェクトにおける成果を元にしています。サービス・サイエンスとは、目に見えない「サービス」という分野を科学的に読み解くことで、より一層の業務効率向上や顧客満足獲得を目指す学問です。

 ベンダーの方はもちろん情報システム子会社やIT部門の担当者の方にも有益な内容となっていますので、是非ご参加ください。

 
 

開催概要

主催 PMI日本支部
講演 お客様との一体感を作り出すプロジェクトマネジメント
~ お客様満足度向上の鍵を握るプロセス品質とは? ~
 株式会社エル・ティー・エス 業務変革支援事業部 部長
  山本政樹 氏 
日時 2014年5月16日(金)
 18時30分~19時00分 受付
 19時00分~21時00分 講演
場所 アクセス渋谷フォーラム
 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー24階
 TEL.03-5774-2310(代)
  東京メトロ銀座線、半蔵門線、副都心線 「渋谷」駅 15番出口から徒歩3分。
会場マップ  アクセス渋谷フォーラム
定員 130名  (申し込み順)
参加費
  【参加費】
(A) PMI 日本支部会員 4,000円
(B) 法人スポンサー企業社員(1社4名まで) 4,000円
(C) PMI本部会員 5,000円
(D) PMP®有資格者 6,000円
(E) 一般 8,000円
● セミナー当日までにPMI日本支部会員になられた場合は、PMI日本支部会員価格が適用されます。
● セミナー終了後、10営業日以内にPMI日本支部会員になられた方(登録を終えたことをPMI日本支部事務局で確認できた方)には、支部会員価格との差額を返金させていただきます(振込み手数料を除く)。
PDU 最大2PDU受講対象 (PDUはカテゴリーAでご登録ください)
ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者は資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大2時間分を取得できます。

講演内容

≪講演目次≫
 1. システム開発の顧客満足度の鍵を握るプロセス品質
 2. プロセス品質を理解するための6つの要素
 3. システム開発のお客様とは? お客様の事前期待とは?
 4. プロセス品質を高めるために今からできること
 5. 今後に向けて

講師紹介

山本 政樹 (やまもと まさき)氏

株式会社エル・ティー・エス 業務変革支援事業部 部長

2014.yamamoto_masaki.jpg プロフィール:

PMP。立命館大学政策科学学部卒業後、アクセンチュアにて業務コンサルティングに従事。
フリーコンサルタントを経てLTSに入社。
BPR、新業務の現場展開、大規模システム開発案件のPMOなど業務プロセス・コンサルタントとしての経験が長い。
大規模プロジェクトでのプロジェクトマネジメント経験を活かし、お客様コミュニケーション、プロジェクト管理に関する研修講師も担当。
JUASサービス・サイエンス研究プロジェクトでシステム開発分科会リーダーを務めるなどサービス・サイエンスの実務適用に関する研究も行っている。

申し込み方法

  1. 申込みサイト
    PMI日本支部5月度 月例セミナー申し込みサイト よりお申し込みください。
    * 今回のテーマに関連してご質問・ご意見がありましたら、申込書に記載してください。質問内容を講師に事前にお伝えします(ご記入いただいた方の企業・お名前等の個人情報は公開いたしません) 。
     
  2. 折り返しセミナー事務局より受領確認/請求メールをお送りします。
    (なお、請求メールを請求書として取り扱わせていただきます)

     
  3. 振込みを選択された方は、2 のメールに明記された振込先に指定期日までにお振り込みください。振り込みを確認次第、参加証をお送りいたします。
     
  4. 領収書が必要な方にはセミナーの翌営業日に発送します。
     

※ 申し込み後のキャンセルはお受けできませんので、欠席の場合は代理の方の出席をお願いします。
 会員資格が異なる方が代理出席される場合は、会場で差額をお支払いください。

※ 2 時間の講演となっています。途中入場・退場は他の出席者の迷惑になるのでご遠慮ください。
 なお、遅れた場合は、出席時間に応じた受講証明書になりますのでご了承ください。
 オンラインから PDU を申請する際には、PMI 倫理・職務規定を遵守の上、誠実に申請してください。

※ 不可抗力により開催を中止させていただく場合があります。中止の場合は PMI日本支部のホームページまたはメールにてご連絡差し上げます。お支払いいただいた参加費は指定口座に返金させていただくか、代替セミナーが提供できる場合は代替セミナーへ振替いただくことができます。返金の場合、お申込時の振込手数料は対象外となりますのでご了承ください。 

受講完了報告の提出と受講証明書発行について

  1. 受講証明は、PDU受講証明、ITコーディネータ受講証明の 2 種類が対象となります。
  2. 『受講完了報告』は後日Eメールにて事務局からご案内し、Webサイトにアクセスして回答いただく方式(SurveyMonkey 社の電子アンケート方式)としています(同社の電子アンケートはPMI による各種アンケートでも使用されています)。
  3. セミナー終了後、出席いただいた方のみに対して「受講完了報告提出のご案内」をEメールで送付しますので、案内に従って完了報告フォームに必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  4. 事務局で提出いただいた受講完了報告を確認した後、受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  5. 受講完了報告のご提出が無い場合、受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  6. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
受講完了報告提出方式とPDU受講証明書発行方式変更についてのご案内

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部セミナー事務局 宛てにお願いします。