イベント・セミナー

2015年 6月度 月例セミナー 「グローバルビジネスで日本のPMにもとめられるもの 」

PMI日本支部主催 2015年6月度 月例セミナー
グローバルビジネスで日本のPMにもとめられるもの
~ グローバル事業展開に必要なPMの気質とスキル ~

 PMI日本支部主催 2015年6月度の月例セミナーを 2015年6月12日(金) に東京にて開催します。

 
 

セミナーの趣旨

 近年、オフショア開発然り、海外M&A然り、日本の企業がグローバルに事業を展開するのに伴って、否応なしに国境をまたぐ案件が増えてきています。すなわち、第一線のプロジェクト・マネジャーはグローバル化や新しいビジネスモデルへの取り組みなど、これまでにない発想や未知の領域でのプロジェクト運営を任されることが多くなっています。

 ところが、グローバルで活躍するためには「英語が話せます」や「プロジェクトのお作法を知っています」だけではない、教科書には記されていない他の重要な要素の醸成が不可欠です。

 本講演では、その背景と現状を最新の事例も含めて紹介し、個々のプロジェクト・マネジャーが有すべき気質とスキルをお話します。 

開催概要

主催 PMI日本支部
講演 “グローバルビジネスで日本のPMにもとめられるもの
 ~ グローバル事業展開に必要なPMの気質とスキル ~

  宮川 精(みやかわ まこと)氏 
日時 2015年6月12日(金)
 18時30分~19時00分 受付
 19時00分~21時00分 講演
場所 アクセス渋谷フォーラム
 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー24階
 TEL.03-5774-2310(代)
  東京メトロ銀座線、半蔵門線、副都心線 「渋谷」駅 15番出口から徒歩3分。
会場マップ  アクセス渋谷フォーラム
定員 130名  (申し込み順)
参加費
(税込)
  【参加費】
(A) PMI 日本支部会員 3,000円
(B) 法人スポンサー企業社員(1社4名まで) 4,000円
(C) 一般 9,000円
● セミナー当日までにPMI日本支部会員になられた場合は、PMI日本支部会員価格が適用されます。
● セミナー終了後、10営業日以内にPMI日本支部会員になられた方(登録を終えたことをPMI日本支部事務局で確認できた方)には、支部会員価格との差額を返金させていただきます(振込み手数料を除く)。
PDU 最大2PDU受講対象 (PDUはカテゴリーAでご登録ください)
ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者は資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大2時間分を取得できます。

講演内容

 プロジェクトを成功に導くためには、さまざまな情報共有の仕組みを構築するだけではなく、コミュニケーションの円滑化、そして、その国に住む、働く、出向く人たちの士気を高め、プロジェクト運営を効率的に行う必要があります。

 今回のセミナーでは、我々が一般的に見聞きしている情報のほか、体験した者でなければ知りえない世界の情報まで、その背景と現状を最新の事例も含めて紹介し、必要な気質とスキルをお話します。

≪講演目次≫
 1. はじめに(自己紹介)
 2. ニューヨーク、シリコンバレーの最新動向
 3. 日本側の対応
 4. コーネル大学の戦略(NYをシリコンバレー化せよ)
 5. PMとして学ぶべきもの、磨いておくべきもの
 6. まとめ
 7. 質疑応答

講師紹介

宮川 精(みやかわ まこと)氏

Global Vision Ventures,inc. President/CEO
宮川.jpg プロフィール:

起業前は日・米IBMに30年在籍。最初の10年はVLSI技術、次の10年は日本の技術力をバックにしてのハイエンドグラフィックシステム製品、そして最後の10年間はデジタルメディアに関する様々なプロジェクトにおいて、国際的なチームを動かしていた。

 現在のミッションは三つ。

1.    日本独自の、表面的には目立たないが優秀な技術や才能ある人材を見つけ出し、米国やその他の国際市場に紹介すること
2.    シリコンバレー、ピッツバーグ、ニューヨーク、テルアビブを中心とした海外の『イノベーション・エコシステム』の中核に日本の優れた企業・技術を紹介し、新たなイノベーションを起こすこと
3.    国際経済やイノベーションネットワークのためのジョイントベンチャーを組み、米国の企業と戦略的アライアンス関係を構築すること

申し込み方法

  1. 申込みサイト
    PMI日本支部 6月度月例セミナー申し込みサイト よりお申し込みください。
    * 今回のテーマに関連してご質問・ご意見がありましたら、申込書に記載してください。質問内容を講師に事前にお伝えします(ご記入いただいた方の企業・お名前等の個人情報は公開いたしません) 。
     
  2. 折り返しセミナー事務局より受領確認/請求メールをお送りします。
    (なお、請求メールを請求書として取り扱わせていただきます)

     
  3. 振込みを選択された方は、2 のメールに明記された振込先に指定期日までにお振り込みください。振り込みを確認次第、参加証をお送りいたします。
     
  4. 領収書が必要な方には、入金を確認し次第発送いたします。
     

※ 申し込み後のキャンセルはお受けできません。

※ 2 時間の講演となっています。途中入場・退場は他の出席者の迷惑になるのでご遠慮ください。
 なお、遅れた場合は、出席時間に応じた受講証明書になりますのでご了承ください。
 オンラインから PDU を申請する際には、PMI 倫理・職務規定を遵守の上、誠実に申請してください。

※ 不可抗力により開催を中止させていただく場合は PMI日本支部のホームページまたはメールにてご連絡差し上げます。お支払いいただいた参加費は指定口座に返金させていただくか、代替セミナーが提供できる場合は代替セミナーへ振替いただくことができます。返金の場合、お申込時の振込手数料は対象外となりますのでご了承ください。 

受講完了報告の提出と受講証明書発行について

  1. 受講証明は、PDU受講証明、ITコーディネータ受講証明の 2 種類が対象となります。
  2. 受講された方には『受講完了報告』の提出をお願いしています。セミナー終了後5営業日以内に、出席いただいた方のみに対して「受講完了報告提出のご案内」をEメールで送付しますので、案内に従って完了報告フォームに必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  3. 受講完了報告の提出を事務局で確認した後、受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  4. 受講完了報告のご提出が無い場合、受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  5. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
受講完了報告提出とPDU受講証明書発行についてのご案内

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部セミナー事務局 宛てにお願いします。