イベント・セミナー

2018年1月度月例セミナー「サントリーのDNA "やってみなはれ" ~なぜ生き残ったか~」

PMI日本支部主催 2018年1月度 月例セミナー
サントリーのDNA ”やってみなはれ”
~なぜ生き残ったか~

 PMI日本支部主催 2018年1月度の月例セミナーを 2018年1月19日(金) に東京渋谷にて開催します。 

 
 

セミナーの趣旨

 「やってみなはれ」という言葉に象徴されるように、サントリーには失敗を恐れずに社員が自由闊達に新たなテーマにチャレンジできる社風があり、この風土が活力ある企業活動を生み出す原動力となっています。
 しかし、「やってみなはれ」の裏側には、失敗をくりかえさない仕組みがあることをご存知でしょうか?

 本講演では、サントリーグループで「やってみなはれ」を40年間繰り返された冨岡伸一氏から、ご自身の経験をもとに、活力ある企業活動の源泉、そして挑戦・挫折・断念・再挑戦・成功の事例をご紹介いただきます。

主催 PMI日本支部 
講演 サントリーのDNA ”やってみなはれ”  ~なぜ生き残ったか~
 冨岡 伸一(とみおか しんいち)氏
日時 2018年1月19日(金)
 18時30分~19時00分 受付
 19時00分~21時00分 講演
 21時05分~21時50分 交流会
場所 アクセス渋谷フォーラム
 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー24階
 TEL.03-5774-2310(代)
  東京メトロ銀座線、半蔵門線、副都心線 「渋谷」駅 15番出口から徒歩3分。
定員 140名  (申し込み順)
参加費
(税込)
  【参加費】
(税込み)
(A) PMI 日本支部会員 3,000円
(B) 法人スポンサー企業社員(1社4名まで) 4,000円
(C) 一般 9,000円
● セミナー当日までにPMI日本支部会員になられた場合は、PMI日本支部会員価格が適用されます。
● セミナー終了後、10営業日以内にPMI日本支部会員になられた方(登録を終えたことをPMI日本支部事務局で確認できた方)には、支部会員価格との差額を返金させていただきます(振込み手数料を除く)。

● 交流会に参加される方は、当日現地で実費(300円程度)を徴収させていただきます。
PDU

2.0 PDU受講対象 (PDUはEducation 〔Course or Trainingでご登録ください)

  T L S 合計
PMP/PgMP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PMI_RMP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PMI_SP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PfMP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PMI_ACP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PMI_PBA® 0.0 1.0 1.0 2.0

T:Technical 、L:Leadership、S:Strategic&Business Management

ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者は資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大2時間分を取得できます。

講演の内容

 サントリーブランドは今では食品業界で知名度の高いブランドの一つとなりました。また取り扱うカテゴリーも、酒類・飲料・食品・健康食品・外食という食ビジネスに加え化粧品・花事業・緑化事業などにもビジネスを拡げています。
 しかしここに至る道のりは険しいものでした。1899年の創業以来のサントリーのDNA“やってみなはれ”スピリッツは、世界中のサントリアンに浸透しつつあります。“やってみなはれ”を一言で言うと一方通行のように聞こえますが、実はPDCAを回すことがベースとなっています。

 サントリーでは失敗することを容認します。やらないよりも失敗してもよいからやる・・・“やってみなはれ、やってみんと分かりまへん!”。ただし失敗したことの真の原因をみつける「Root Cause Analysis」を行うことが要求されます。
 サントリーはその歴史の中で多くの修羅場を経験しています。ビジネスモデルが無くなるのではという恐怖も味わっています。そして修羅場を潜った奴の方が面白い!という風土が面白いところです。

 本セミナーでは、各事業における挑戦・挫折・断念・再挑戦・成功の生々しい事例も含めてサントリアンの“考動”を紹介します。

講師紹介

富岡 伸一(とみおか しんいち) 

 サントリーマーケティング&コマース株式会社 品質保証推進部 技術顧問

 
tomioka.jpg プロフィール:

1952年京都生まれ。
サントリー㈱に入社し、白州蒸留所でウイスキー原酒の開発・製造に従事、チーフディスティラーを経験し、メキシコの現地法人に出向。 その後も、世界各地の蒸留所に滞在し、ブランデー原酒の開発研究に従事。
ブランデーのチーフブレンダーとして活躍した後、品質保証部門に異動し、国の内外を問わずサントリーグループ全体の品質保証を担当。
現在も、品質保証業務の傍ら、食の物づくりに従事していた経験を生かして、リエゾン業務や講演会などで全国を飛び回る。
語学が堪能で、英語・スペイン語はもちろん、日常会話レベルであればフランス語やイタリア語もこなす。

申し込み方法

  1. 申込みサイト
    PMI日本支部 2018年1月度_月例セミナー申し込みサイト よりお申し込みください。
    * 今回のテーマに関連してご質問・ご意見がありましたら、申込書に記載してください。質問内容を講師に事前にお伝えします(ご記入いただいた方の企業・お名前等の個人情報は公開いたしません) 。
     
  2. 折り返しセミナー事務局より受領確認/請求メールをお送りします。
    (なお、請求メールを請求書として取り扱わせていただきます)

     
  3. 振込みを選択された方は、2 のメールに明記された振込先に指定期日までにお振り込みください。振り込みを確認次第、参加証をお送りいたします。
     
  4. 領収書が必要な方には、入金を確認し次第発送いたします。
     

最近、資料ダウンロード用URLにアクセスできない方が続出しています。セキュリティ・レベルが高いネット環境の組織に所属しておいでの方は、プライベートアドレスを使ってお申し込みいただくなど、ご配慮をお願い致します。

※ 申し込み後のキャンセルはお受けできません。

※ 2 時間の講演となっています。途中入場・退場は他の出席者の迷惑になるのでご遠慮ください。遅れた場合は、出席時間に応じた受講証明書になりますのでご了承ください。

※ オンラインから PDU を申請する際には、PMI 倫理・職務規定を遵守の上、誠実に申請してください。

※ 不可抗力により開催を中止させていただく場合は PMI日本支部のホームページまたはメールにてご連絡差し上げます。お支払いいただいた参加費は指定口座に返金させていただくか、代替セミナーが提供できる場合は代替セミナーへ振替いただくことができます。返金の場合、お申込時の振込手数料は対象外となりますのでご了承ください。 

交流会

セミナー終了後、講師を囲んでその場で交流会を行います。講演では聴けなかったことを講師に問いかけてみたり、PM同士の意見交換などが気軽にできる機会ですので、どうぞご参加ください。
参加の意思確認は後日メールにて行います。参加される方は、当日現地で実費300円程度を徴収させていただきます。

受講完了報告の提出と受講証明書発行について

  1. 受講証明は、PDU受講証明、ITコーディネータ受講証明の 2 種類が対象となります。
  2. 受講された方には『受講完了報告』の提出をお願いしています。セミナー終了後5営業日以内に、出席いただいた方のみに対して「受講完了報告提出のご案内」をEメールで送付しますので、案内に従って完了報告フォームに必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  3. 受講完了報告の提出を事務局で確認した後、受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  4. 受講完了報告のご提出が無い場合、受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  5. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
受講完了報告提出とPDU受講証明書発行についてのご案内

資料のダウンロードについて

  • セミナーに利用する資料は事前にダウンロードしていただく方式です。当日は資料は配布いたしませんのでご注意ください
  • 入金を確認できた方には、セミナー実施の数日前にダウンロード用URLをお送りしますので、事前にダウンロードし必要に応じて印刷するかPCやタブレット端末等に格納してご持参ください。

皆勤賞制度のお知らせ

年間を通して全ての月例セミナーに出席いただいた方(皆勤賞の方)に、2015年から表彰を行ってきました。
2016年度からはこの表彰に加え、以下の要領で、翌年の月例セミナーに一回無料で参加いただける権利もご提供することとなりました。

 ● 2018年度皆勤賞対象月例セミナー:2018年1月~6月、9月、12月の計8回
 ● 一回無料で参加いただける対象セミナー:2019年度(2019年1月~12月を予定)に実施される月例セミナー

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部セミナー事務局 宛てにお願いします。