イベント・セミナー

2018年5月度月例セミナー「部下を伸ばし、自らも成長する働き方改革」

PMI日本支部主催 2018年5月度 月例セミナー
部下を伸ばし、自らも成長する働き方改革
~ 私の痛い経験から ~

 PMI日本支部主催 2018年5月度の月例セミナーを 2018年5月11日(金) に東京渋谷にて開催します。 

 
 

セミナーの趣旨

 昨今、「働き方改革」を耳にすることが多くなってきました。

 今回は、真に成果の出る働き方改革について、講師がオムロン社で経験した事例〔開発リソースを増やすことなく開発テーマ数を年間2倍に。 逆に仕事起因のメンタルヘルス問題はほぼゼロに〕と、ボーイング社の防衛部門でWIPボードを使用して、たった4週間で品質を約3倍に、アウトプットを約4倍にまで高めた実践例を交えてお話いただきます。

 なお、当日プレゼンテーション資料は講演者のお考えにより事後の配布となります。

セミナー概要

主催 PMI日本支部 
講演 部下を伸ばし、自らも成長する働き方改革
 ~ 私の痛い経験から ~
 飛田 甲次郎(とびた こうじろう)氏 ゴールドラット・コンサルティング・ジャパン、パートナー
日時 2018年5月11日(金)
 18時30分~19時00分 受付
 19時00分~21時00分 講演
 21時05分~21時50分 交流会
場所 アクセス渋谷フォーラム
 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー24階
 TEL.03-5774-2310(代)
  東京メトロ銀座線、半蔵門線、副都心線 「渋谷」駅 15番出口から徒歩3分。
定員 130名  (申し込み順)
参加費
(税込)
  【参加費】
(税込み)
(A) PMI 日本支部会員 3,000円
(B) 法人スポンサー企業社員(1社4名まで) 4,000円
(C) 一般 9,000円
● セミナー当日までにPMI日本支部会員になられた場合は、PMI日本支部会員価格が適用されます。
● セミナー終了後、10営業日以内にPMI日本支部会員になられた方(登録を終えたことをPMI日本支部事務局で確認できた方)には、支部会員価格との差額を返金させていただきます(振込み手数料を除く)。

● 交流会に参加される方は、当日現地で実費(300円程度)を徴収させていただきます。
PDU

2.0 PDU受講対象 (PDUはEducation 〔Course or Trainingでご登録ください)

  T L S 合計
PMP/PgMP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PMI_RMP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PMI_SP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PfMP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PMI_ACP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PMI_PBA® 0.0 1.0 1.0 2.0

T:Technical 、L:Leadership、S:Strategic&Business Management

ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者は資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大2時間分を取得できます。

講演の概要

1.オムロン社の事例

 ○最大成果を出すにはリソースをどう活用すればよいのか?
 ○部分最適から全体最適にするにはどうすればよいのか?
 ○努力が最終利益に転換されるにはどうすればよいのか?

2.ボーイング社の事例

 ○何を/何に変えるのか?
 ○どうやって変えるのか-WIPボードの活用-
 ○WIPボードを作るミニワークショップ

講師紹介

飛田 甲次郎(とびた こうじろう)氏
 ゴールドラット・コンサルティング・ジャパン、パートナー
 大阪工業大学客員教授、日本経営工学会代議員

飛田.jpg プロフィール:

元オムロン株式会社執行役員常務。産機コンポ統轄事業長、Omron Europe President &CEO、ものづくり革新本部長などを歴任。
また、関西IE協会副会長、日本電機工業会大阪支部長、関西電気保安協会評議員なども歴任。

全体最適のマネジメントサイエンスであるTOC(Theory Of Constraint:制約理論)に共鳴し、韓国企業、中国企業からの誘いを絶ち、日系企業へのTOCの実践と普及にセカンドライフをかける。
全体最適のマネジメントサイエンスを取り入れることが、「失われた20年」を取り戻し、自信と活力溢れる日本企業になることに繋がると確信している。

生産領域に留まらず、事業企画、商品開発、国内外販売など幅広い経験をもとに、TOCの最新知識をゆっくりと分かりやすく説明することに定評がある。
関西大学でのゲストスピーカー、滋賀県ものづくり改善センタ、幸田町ものづくり改善スクール、東京都中小企業振興公社ものづくり改善スクールなどの講師も務める。

申し込み方法

  1. 申込みサイト
    PMI日本支部 2018年5月度_月例セミナー申し込みサイト よりお申し込みください。
    * 今回のテーマに関連してご質問・ご意見がありましたら、申込書に記載してください。質問内容を講師に事前にお伝えします(ご記入いただいた方の企業・お名前等の個人情報は公開いたしません) 。
     
  2. 折り返しセミナー事務局より受領確認/請求メールをお送りします。
    (なお、請求メールを請求書として取り扱わせていただきます)

     
  3. 振込みを選択された方は、2 のメールに明記された振込先に指定期日までにお振り込みください。振り込みを確認次第、参加証をお送りいたします。
     
  4. 領収書が必要な方には、入金を確認し次第発送いたします。
     

最近、資料ダウンロード用URLにアクセスできない方が続出しています。セキュリティ・レベルが高いネット環境の組織に所属しておいでの方は、プライベートアドレスを使ってお申し込みいただくなど、ご配慮をお願い致します。

※ 申し込み後のキャンセルはお受けできません。

※ 2 時間の講演となっています。途中入場・退場は他の出席者の迷惑になるのでご遠慮ください。遅れた場合は、出席時間に応じた受講証明書になりますのでご了承ください。

※ オンラインから PDU を申請する際には、PMI 倫理・職務規定を遵守の上、誠実に申請してください。

※ 不可抗力により開催を中止させていただく場合は PMI日本支部のホームページまたはメールにてご連絡差し上げます。お支払いいただいた参加費は指定口座に返金させていただくか、代替セミナーが提供できる場合は代替セミナーへ振替いただくことができます。返金の場合、お申込時の振込手数料は対象外となりますのでご了承ください。 

交流会

セミナー終了後、講師を囲んでその場で交流会を行います。講演では聴けなかったことを講師に問いかけてみたり、PM同士の意見交換などが気軽にできる機会ですので、どうぞご参加ください。
参加の意思確認は後日メールにて行います。参加される方は、当日現地で実費300円程度を徴収させていただきます。

受講完了報告の提出と受講証明書発行について

  1. 受講証明は、PDU受講証明、ITコーディネータ受講証明の 2 種類が対象となります。
  2. 受講された方には『受講完了報告』の提出をお願いしています。セミナー終了後5営業日以内に、出席いただいた方のみに対して「受講完了報告提出のご案内」をEメールで送付しますので、案内に従って完了報告フォームに必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  3. 受講完了報告の提出を事務局で確認した後、受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  4. 受講完了報告のご提出が無い場合、受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  5. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
受講完了報告提出とPDU受講証明書発行についてのご案内

資料のダウンロードについて

  • 講演者のお考えにより今回の講演資料は事後の配布となります。

皆勤賞制度のお知らせ

年間を通して全ての月例セミナーに出席いただいた方(皆勤賞の方)を表彰させていただきます。
翌年の月例セミナーに一回無料で参加いただける権利もご提供します。

 ● 2018年度皆勤賞対象月例セミナー:2018年1月~6月、9月、12月の計8回
 ● 一回無料で参加いただける対象セミナー:2019年度(2019年1月~12月を予定)に実施される月例セミナー

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部セミナー事務局 宛てにお願いします。