イベント・セミナー

2018年9月度月例セミナー「宇宙ステーションにかけた夢」

PMI日本支部主催 2018年9月度 月例セミナー
宇宙ステーションにかけた夢
~「きぼう」日本実験棟のプロジェクトマネジメント~

 PMI日本支部主催 2018年9月度の月例セミナーを 2018年9月14日(金) に東京渋谷にて開催します。 

 
 

セミナーの趣旨

 地表から400km離れた宇宙で、今この瞬間も国際宇宙ステーション(ISS)に宇宙飛行士が滞在して、さまざまな実験を行っています。
 9月度月例セミナーでは、講師がISSの一部をなす「きぼう」日本実験棟の開発、また「きぼう」で使用する実験装置の開発を担当した経験から、プロジェクトマネジメントの実例をお話しいただきます。

セミナー概要

主催 PMI日本支部 
講演 宇宙ステーションにかけた夢 ~「きぼう」日本実験棟のプロジェクトマネジメント ~
 渡辺 英幸(わたなべ ひでゆき)氏
 国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 有人宇宙技術部門 有人宇宙技術センター 主任研究開発員
日時 2018年9月14日(金)
 18時30分~19時00分 受付
 19時00分~21時00分 講演
 21時05分~21時50分 交流会(参加任意)
場所 アクセス渋谷フォーラム
 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー24階
 TEL.03-5774-2310(代)
  東京メトロ銀座線、半蔵門線、副都心線 「渋谷」駅 15番出口から徒歩3分。
定員 130名  (申し込み順)
参加費
(税込)
  【参加費】
(税込み)
(A) PMI 日本支部会員 3,000円
(B) 法人スポンサー企業社員(1社4名まで) 4,000円
(C) 一般 9,000円
● セミナー当日までにPMI日本支部会員になられた場合は、PMI日本支部会員価格が適用されます。
● セミナー終了後、10営業日以内にPMI日本支部会員になられた方(登録を終えたことをPMI日本支部事務局で確認できた方)には、支部会員価格との差額を返金させていただきます(振込み手数料を除く)。

● 交流会に参加される方は、当日現地で実費(300円程度)を徴収させていただきます。
PDU

2.0 PDU受講対象 (PDUはEducation 〔Course or Trainingでご登録ください)

  T L S 合計
PMP/PgMP® 1.0 0.5 0.5 2.0
PMI_RMP® 0.0 0.5 0.5 1.0
PMI_SP® 0.0 0.5 0.5 1.0
PfMP® 0.0 0.5 0.5 1.0
PMI_ACP® 0.0 0.5 0.5 1.0
PMI_PBA® 0.0 0.5 0.5 1.0

T:Technical 、L:Leadership、S:Strategic&Business Management

ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者は資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大2時間分を取得できます。

講演の概要

 ISSは、国際協力のもと、平和利用のために科学実験・技術実証を行う設備です。日本はそのうち「きぼう」日本実験棟の開発・運用を担当しました。
 しかし、ISSの建造が決まった時点では、ISS全体設計や国際間の協力分担詳細、さらにはどのような宇宙実験を行うかの詳細な計画は決まっていませんでした。
 すなわち、詳細な実験計画(仕様)の策定と並行しながら、実験棟の建造、実験装置を開発するという難しさがありました。

 また、近年担当した簡易曝露実験装置(ExHAM)の開発においても例外ではなく、開始時点でパイロットミッションとしていた具体的な実験のための要求仕様をにらみつつ、汎用性のある仕様の両立を考慮して開発を進め、結果、10テーマを超える利用を創出しました。

 本講演ではISS全体の経緯と「きぼう」日本実験棟の開発、その実験装置の開発・運用でのプロジェクトマネジメントの実例と、私自身の仕事観と将来への期待をお話します。

<< 講演目次(予定)>>
 第一部 
 (1)ISS開発・運用における国際協力の経緯
 (2)「きぼう」日本実験棟の開発
 (3)簡易曝露実験装置(ExHAM)の開発
 (4)「きぼう」の将来像と有人宇宙の将来計画
 第二部 
 (1)私の仕事観
 (2)将来への期待

講師紹介

渡辺 英幸(わたなべ ひでゆき)
 国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 有人宇宙技術部門 有人宇宙技術センター 主任研究開発員

JAXA渡辺氏.jpg プロフィール:

1970年 千葉県松戸市生
1988年 私立海城高校卒業
1995年 東京大学工学系研究科 機械情報工学系専攻修了 大学時代の専門は画像認識とロボットシステム。 学士論文「ミニグリッパーを用いた分散型ロボットシステムの研究」、 修士論文「画像相関値を用いた読唇術(リップリーディング)」
1995年 宇宙開発事業団(現JAXA)入社。入社以来、国際宇宙ステーション関連業務に従事。「きぼう」日本実験棟の開発/運用業務、「セントリフュージ」の開発に携わる。簡易曝露実験装置(ExHAM)については2010年から6年間従事しミッション定義から開発完了/運用の確立までを担当。

現在、有人宇宙技術部門、有人宇宙技術センター主任研究開発員。航空宇宙学会会員

著書:宇宙ステーションにかけた夢 ― 日本初の有人宇宙実験室「きぼう」ができるまで― (くもんジュニアサイエンス)

申し込み方法

  1. 申込みサイト
    ページ最下段の申込みボタンを押して専用サイトよりお申し込みください。
    * 今回のテーマに関連してご質問・ご意見がありましたら、申込書に記載してください。質問内容を講師に事前にお伝えします(ご記入いただいた方の企業・お名前等の個人情報は公開いたしません) 。
     
  2. 折り返しセミナー事務局より受領確認/請求メールをお送りします。
    (なお、請求メールを請求書として取り扱わせていただきます)

     
  3. 振込みを選択された方は、2 のメールに明記された振込先に指定期日までにお振り込みください。振り込みを確認次第、参加証をお送りいたします。
     
  4. 領収書が必要な方には、入金を確認し次第発送いたします。
     

最近、資料ダウンロード用URLにアクセスできない方が続出しています。セキュリティ・レベルが高いネット環境の組織に所属しておいでの方は、プライベートアドレスを使ってお申し込みいただくなど、ご配慮をお願い致します。

※ 申し込み後のキャンセルはお受けできません。

※ 2 時間の講演となっています。途中入場・退場は他の出席者の迷惑になるのでご遠慮ください。遅れた場合は、出席時間に応じた受講証明書になりますのでご了承ください。

※ オンラインから PDU を申請する際には、PMI 倫理・職務規定を遵守の上、誠実に申請してください。

※ 不可抗力により開催を中止させていただく場合は PMI日本支部のホームページまたはメールにてご連絡差し上げます。お支払いいただいた参加費は指定口座に返金させていただくか、代替セミナーが提供できる場合は代替セミナーへ振替いただくことができます。返金の場合、お申込時の振込手数料は対象外となりますのでご了承ください。 

交流会

セミナー終了後、講師を囲んでその場で交流会を行います。講演では聴けなかったことを講師に問いかけてみたり、PM同士の意見交換などが気軽にできる機会ですので、どうぞご参加ください。
参加の意思確認は後日メールにて行います。参加される方は、当日現地で実費300円程度を徴収させていただきます。

受講完了報告の提出と受講証明書発行について

  1. 受講証明は、PDU受講証明、ITコーディネータ受講証明の 2 種類が対象となります。
  2. 受講された方には『受講完了報告』の提出をお願いしています。セミナー終了後5営業日以内に、出席いただいた方のみに対して「受講完了報告提出のご案内」をEメールで送付しますので、案内に従って完了報告フォームに必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  3. 受講完了報告の提出を事務局で確認した後、受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  4. 受講完了報告のご提出が無い場合、受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  5. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
受講完了報告提出とPDU受講証明書発行についてのご案内

資料のダウンロードについて

  • セミナーに利用する資料は事前にダウンロードしていただく方式です。当日は資料は配布いたしませんのでご注意ください
  • 入金を確認できた方には、セミナー実施の数日前にダウンロード用URLをお送りしますので、事前にダウンロードし必要に応じて印刷するかPCやタブレット端末等に格納してご持参ください。

パソコン操作について

  • セミナーに集中しておいでの方へのご迷惑になりますので、パソコン操作はダウンロード資料のページめくり以外は原則禁止とさせていただきます。よろしくご協力ください。

皆勤賞制度のお知らせ

年間を通して全ての月例セミナーに出席いただいた方(皆勤賞の方)を表彰させていただきます。
翌年の月例セミナーに一回無料で参加いただける権利もご提供します。

 ● 2018年度皆勤賞対象月例セミナー:2018年1月~6月、9月、12月の計8回
 ● 一回無料で参加いただける対象セミナー:2019年度(2019年1月~12月を予定)に実施される月例セミナー

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部セミナー事務局 宛てにお願いします。

お申込みはこちら