イベント・セミナー

2019年6月度月例セミナー 「変革プロジェクトとセルフマネジメント」

PMI日本支部主催 2019年6月度 月例セミナー
変革プロジェクトとセルフマネジメント
~ 北米型システム投資と禅を巡る話 ~

 PMI日本支部主催 2019年6月度の月例セミナーを 2019年6月21日(金) に東京渋谷にて開催します。 

セミナーの趣旨

 大規模な基幹システム刷新プロジェクトのPMに任命されたとき、あなたならどうしますか?
 今回は、実際にWebサービス企業で海外を含む基幹システムを刷新する「5並列プロジェクト」を率い、1年半でシステム基盤の構築を成し遂げたクックパッド中野仁氏をお招きします。
 海外展開を前提として、北米型Web企業を参考にシステム刷新プロジェクトが進められました。システムは変化の一部でしかなく、システムに現れる問題は症状でしかありません。深く根を張った問題に、北米型システム投資を日本企業で実践したことによる学びをお話いただきます。
 また、基幹システム刷新プロジェクトは多方面にさまざまな影響を及ぼします。規模が大きく不確実性が高いため制御不可能な事態が発生したり、立場の違いによる関係者間の衝突もあります。綺麗ごとではない変化に生身の人間として対峙する時に必要だったことを、講師が昔から続けてこられた坐禅を通して学んだセルフマネジメントの視点からお話しいただきます。

講演の概要

1. 変革プロジェクト:北米型システム投資から学んだこと
 ●日本企業のシステム上の諸問題はなぜ起こるのか?
 ●海外展開を前提とするシステムは何が必要なのか?
 ●これからのシステム投資とその関係者に必要なものとは?
2. セルフマネジメント:坐禅を通して学んだ「変化の中で必要なこと」
 ●ヤバい仕事にから生還するにはどうしたらよいか?正気と正常を保つには?
 ●変化の渦中に立って何が必要だったのか、それを才能ではなく能力として身につける術はあるのか?
 ●本質的変化の起点として機能するには私達は何を身に着けて行けばいいのか?

講師紹介

中野 仁(なかの ひさし)氏
 クックパッド コーポレートエンジニアリング部 部長 / AnityA 代表取締役

2019.6.21_nakano_jin.png プロフィール:

国内・外資ベンダーのエンジニアを経て事業会社の情報システム部門へ転職。
メーカー、Webサービス企業でシステム部門の立ち上げやシステム刷新に関わる。2015年から海外を含む基幹システムを刷新する「5並列プロジェクト」を率い、1年半でシステム基盤を構築し直すプロジェクトを敢行した。
2018年、AnityAを個人として立ち上げ、代表取締役に就任。システム企画、導入についてのコンサルティングを中心に活動している。システムに限らない企業の本質的な変化を実現することが信条。
20代前半から坐禅を続けている。

交流会

セミナー終了後、講師を囲んでその場で交流会を行います。講演では聴けなかったことを講師に問いかけてみたり、PM同士の意見交換などが気軽にできる機会ですので、どうぞご参加ください。
参加の意思確認は後日メールにて行います。参加される方は、当日現地で実費300円程度を徴収させていただきます。
会場やり繰りの関係で現地での交流会はナシとなりました。

セミナー概要

主催 PMI日本支部
講演 変革プロジェクトとセルフマネジメント ~ 北米型システム投資と禅を巡る話 ~
 中野 仁(なかの ひさし)氏  クックパッド コーポレートエンジニアリング部 部長 / AnityA 代表取締役
日時 2019年6月21日(金)
 18時30分~19時00分 受付
 19時00分~21時00分 講演
 21時10分~21時50分 交流会セミナールームにて。参加任意。現地で実費徴収 会場やり繰りの関係で現地での交流会はナシとなりました
場所 アクセス渋谷フォーラム
 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー24階
 TEL.03-5774-2310(代)
  東京メトロ銀座線、半蔵門線、副都心線 「渋谷」駅 15番出口から徒歩3分
定員 130名 (申し込み順)
会場の前方側は2人席としていますが、少しでも多くの方に聴講いただけるよう、後方側は3人席としています。ご理解・ご協力をお願い致します。
参加費
(税込)
  
【参加費】
(税込み)
(A) PMI 日本支部会員 3,000円
(B) 法人スポンサー企業社員(1社4名まで) 4,000円
(C) 一般 9,000円

● セミナー当日までにPMI日本支部会員になられた場合は、PMI日本支部会員価格が適用されます。
● セミナー終了後、10営業日以内にPMI日本支部会員になられた方(登録を終えたことをPMI日本支部事務局で確認できた方)には、
支部会員価格との差額(振込み手数料を除く)を返金させていただきますので、セミナー事務局 seminar1@pmi-japan.org 宛てに「会員番号」をお知らせください。

PDU

2.0 PDU受講対象 (PDUはEducation 〔Course or Trainingでご登録ください)

T L S 合計
PMP/PgMP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PMI_RMP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PMI_SP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PfMP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PMI_ACP® 0.0 1.0 1.0 2.0
PMI_PBA® 0.0 1.0 1.0 2.0

T:Technical 、L:Leadership、S:Strategic&Business Management

ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者は資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大2時間分を取得できます。

申し込み方法

  1. お申込み
    最下段の申し込みサイト よりお申し込みください。
    * 今回のテーマに関連してご質問・ご意見がありましたら、申込書に記載してください。質問内容を講師に事前にお伝えします(ご記入いただいた方の企業・お名前等の個人情報は公開いたしません) 。
  2. 折り返しセミナー事務局より受領確認/請求メールをお送りします。
    (なお、請求メールを請求書として取り扱わせていただきます)

  3. 振込みを選択された方は、2 のメールに明記された振込先に指定期日までにお振り込みください。振り込みを確認次第、参加証をお送りいたします。
  4. 領収書が必要な方には、入金を確認し次第発送いたします。

最近、資料ダウンロード用URLにアクセスできない方が続出しています。セキュリティ・レベルが高いネット環境の組織に所属しておいでの方は、プライベートアドレスを使ってお申し込みいただくなど、ご配慮をお願い致します。

※ 申し込み後のキャンセルはお受けできません。

※ 2 時間の講演となっています。途中入場・退場は他の出席者の迷惑になるのでご遠慮ください。遅れた場合は、出席時間に応じた受講証明書になりますのでご了承ください。

オンラインから PDU を申請する際には、PMI 倫理・職務規定を遵守の上、誠実に申請してください。

※ 不可抗力により開催を中止させていただく場合は PMI日本支部のホームページまたはメールにてご連絡差し上げます。お支払いいただいた参加費は指定口座に返金させていただくか、代替セミナーが提供できる場合は代替セミナーへ振替いただくことができます。返金の場合、お申込時の振込手数料は対象外となりますのでご了承ください。

受講完了報告の提出と受講証明書発行について

  1. 受講証明は、PDU受講証明、ITコーディネータ受講証明の 2 種類が対象となります。
  2. 受講された方には『受講完了報告』の提出をお願いしています。セミナー終了後5営業日以内に、出席いただいた方のみに対して「受講完了報告提出のご案内」をEメールで送付しますので、案内に従って完了報告フォームに必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  3. 受講完了報告の提出を事務局で確認した後、受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  4. 受講完了報告のご提出が無い場合、受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  5. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
受講完了報告提出とPDU受講証明書発行についてのご案内

皆勤賞制度のお知らせ

年間を通して全ての月例セミナーに出席いただいた方(皆勤賞の方)を表彰させていただきます。
翌年の月例セミナーに一回無料で参加いただける権利もご提供します。

 ● 2019年度皆勤賞対象月例セミナー:2019年2月~6月、8月、9月、12月の計8回
 ● 一回無料で参加いただける対象セミナー:2020年度(2020年1月~12月を予定)に実施される月例セミナー

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部セミナー事務局 宛てにお願いします。