イベント・セミナー

IIBA Japan, PMI Japan, itSMF Japan 3団体共催シンポジウム

IIBA Japan, PMI Japan, itSMF Japan 3団体共催シンポジウム
『ITライフサイクル・マネジメントを考える』
~ ビジネス・アナリシス、プロジェクトマネジメントとITサービスマネジメントの連携 ~ 

定員に達したため締め切りました。ありがとうございました。

PMI日本支部では、2013年3月1日(金)に、掲題の共催シンポジウムを『慶應義塾大学日吉キャンパス協生館 藤原洋記念ホール』にて開催します。

今回は過去2回に渡り開催した「PMI日本支部」と「it SMF Japan」の2団体に「IIBA 日本支部」が加わり、「ビジネスアナリシス、ポートフォリオ/プログラム/プロジェクトマネジメント、ITIL 」の視点から相互の連携について講演させていただき、同じく講演者によるパネル・ディスカッションを行います。

多彩なゲストをお迎えしてのシンポジウムです。多くの方々のご参加をお待ちしています。

開催要項

主催 IIBA Japan,  itSMF Japan, PMI 日本支部
日時 2013年3月1日(金)
 受付  : 12時15分~13時00分
 セミナー: 13時00分~18時20分
場所 慶應義塾大学 (日吉キャンパス) 協生館 藤原洋記念ホール
詳細は下記をご参照ください。
テーマ 「ITライフサイクル・マネジメントを考える」 
 ~ ビジネス・アナリシスとプロジェクトマネジメント、ITサービスマネジメントの連携 ~」
プログラム
時間 内容 登壇者
13:00-13:15 開会挨拶 IIBA Japan 代表理事 川添真智子
13:15-14:15 【講演1】 60分
IIBA Japan
IIBA Japan 理事 庄司 敏浩
 「ITプロジェクトを成功に導くためのビジネスアナリシス」
14:15-14:25 休憩10分  
14:25-15:25 【講演2】 60分 
PMI Japan
PMI 日本支部会長 神庭 弘年
 「戦略からもの見る ~新しいプロマネ像の追及~」
15:25-15:35 休憩10分  
15:35-16:35 【講演3】 60分
itSMF Japan
名古屋大学 山本 修一郎 教授
「変化する要求とITサービスマネジメント
 ~IPA/SEC要求発展型開発WGの活動を通じて~」
16:35-16:45 休憩10分  
16:45-18:15 【パネルディスカッション】
90分
モデレータ
   it SMF Japan 副理事長 西野 弘
パネラー
   IIBA Japan   庄司 敏浩
   PMI 日本支部  神庭 弘年
   it SMF Japan  名古屋大学 山本 修一郎 教授
18:15-18:20 閉会挨拶 PMI 日本支部 事務局長 田坂 真一
 注) 上記のプログラムおよび講師は、都合により変更する場合があります。
定員 150人 (先着順)
受講証明 希望者は最大4.5時間相当のPDUおよびCDUが取得可能です。ただし、遅れて入室/途中退出の場合は減数されます。
なお、PDU受講証明書は後日メールにてpdf で送付します。

会 場

講演会
慶應義塾大学日吉キャンパス 協生館藤原洋記念ホール
〒223-0061 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
 協生館運営センター  Tel:045-564-2500
協生館地図.JPG
【 拡大 】

参加費

 
早割
通常
(A) PMI日本支部会員 4,500円 9,000円
(B) 法人スポンサー社員(110名まで 4,500円 9,000円
(C) PMI本部会員 6,000円 12,000円
(D) PMP資格取得者 9,000円 15,000円
(E) 一般 15,000円 18,000円
 ● 早割は、2013年2月15日(金)15:00までに入金が確認できた方に適用されます。
 ● セミナー終了後、10営業日以内にPMI日本支部会員になられた方(登録を終えたことをPMI日本支部事務局で確認できた方)には、支部会員価格との差額を返金させていただきます(振込み手数料を除く)。

申込み方法

  1. PDUとCDU(IIBA Japan発行の受講証明)の両方が必要な方はPMI日本支部の申込サイトからエントリーして下さい。
  2. 三者共催シンポジウム申込み受け付けサイト よりお申込みください。
  3. 折り返しセミナー事務局より受領確認/請求メールをお送りします。本請求メールを請求書として取り扱わせていただきます。(最近、事務局からのメールが迷惑ホルダーに入っているケースが散見されます。受領確認等のメール着信に日数がかかっている場合は、まず迷惑ホルダーをご確認ください)
  4. 2のメールに明記された振込先に、指定期日までにお振込みください。指定期日までに振込が確認できない場合はキャンセル扱いとさせていただきますのでご了承ください。
  5. 振込みを確認次第、参加証をお送りいたします。

※入金後の申込者都合によるいかなるキャンセルについても、払い戻しはできかねますのでご了承ください。
※オンラインからPDUを申請する際には、PMI倫理・職務規定を遵守の上、誠実に申請してください。

事後アンケートの提出方式とPDU受講証明書発行方式の変更について

  1. 『事後アンケート』は、後日Eメールにて事務局からご案内し、Webサイトにアクセスして回答いただく方式です(Survery Monkey 社が運営する電子アンケートでPMI による各種アンケートでも使用されています)。
  2. 出席いただいた方のみに対して「アンケートの案内」を送付しますので、回答を記入のうえSUBMIT(送付)して下さい。
  3. 事務局でアンケート回答・受領を確認した後、PDU受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  4. アンケート提出なき場合、PDU受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
アンケート提出方式とPDU受講証明書発行方式変更についてのご案内

お問い合わせ先

本シンポジウムに関する問合せは三者共催シンポジウム担当 宛にお願いします。