イベント・セミナー

『プロマネ ツール体験コース(2日間)』開催のご案内


プロマネ ツール体験コース(2日間)
~ Microsoft Project Online(クラウド・アプリ) の活用 

受付けは〆切りました。次回は2014年11月頃に開催予定です

セミナーの趣旨

 PMI日本支部では、これまで「ステークホルダー・マネジメント系」、「コミュニケーション・マネジメント系」、「コンピテンシー系」、「PMBOK®ガイド 」などを中心に、セミナーやワークショップなどのコースを提供して来ました。
 今回は趣向を変え、プロジェクト・マネジャーが担当するプロジェクトやPMOが受け持つ全プロジェクトの管理をするためのツールに関する基本体験コースを提供します。

 プロジェクトマネジメント・ツールとして知られている 『 Microsoft Project 』。 今回は、そのクラウド型ソフトを使用し2日間にわたり2名のインストラクターと2名のアシスタントが実践形式で研修を担当します。

 
 

開催概要

主催 PMI日本支部
コース名と趣旨 プロマネ ツール体験コース(2日間)
 立上げ、計画、実行・モニタリング、終結の各プロセスについて「Project Online」を適用してその機能を体験し、全体概要の習得を目指す。これにより、自社プロジェクトに適用するための基本を学ぶ。
日時 2014年6月24日(火)、27日(金)の2日間(計14時間)
 両日参加、一日参加の選択可
場所 PMI日本支部セミナールーム 
   半蔵門線水天宮前駅 徒歩5分
 住所 : 東京都中央区日本橋中洲3-15 センタービル3F
会場マップ  PMI日本支部
インストラクター 青木 美加子氏、トレバー・ワーナー氏 (バイリンガル講師) 
 アシスタント:マイク・ベレスフォード氏、マイケル・トレジャー氏
 ● 講師は断りなく変更する場合があります。
 ● コースは日本語で進めます。ただし、参加者のニーズに応じて個別に英語で対応します。
学習するツール名 Microsoft 「Project Online」 (クラウド・アプリ)
 なお、PCおよび使用ソフトはPMI日本支部で用意します。
定員 16名  (申し込み順)
  ただし、参加者が一日あたり6名に満たない場合は開催を中止することがあります。
対象者 プロジェクトを担当されているPM、PMO関係者
参加費
  【両日参加費】 【一日参加】
(A) PMI 日本支部会員 90,000円 49,000円
(B) 法人スポンサー企業社員(1社4名まで) 96,000円 52,000円
(C) PMI本部会員 100,000円 54,000円
(D) PMP®有資格者 106,000円 56,000円
(E) 一般 127,000円 67,000円
● セミナー開催5営業日前までにPMI日本支部会員になられた場合は、PMI日本支部会員価格が適用されます。
PDU、 PM受験公式研修時間 ● 各日7PDU、両日合計で最大14PDU受講対象 (PDUはカテゴリーA)
● PM受験公式研修時間 最大14時間
ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者は資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大14時間分を取得できます。

コース時間割

【 一日目 】
9:00 ~ 9:30 コースおよび、講師紹介
9:30 ~ 12:00 プロジェクトの立ち上げ局面での適用と分析・評価
13:00 ~ 17:00 プロジェクト計画局面での適用
17:00 ~ 17:30 まとめと二日目コースのご案内
【 二日目 】
9:00 ~ 9:30 一日目の振り返り 
9:30 ~ 12:30 プロジェクト実行局面での適用
13:30 ~ 17:15 プロジェクト終結局面での適用
17:15 ~ 17:30 コースのまとめ

講師陣紹介

 当コースはPMI日本支部とInnova Solutions社ならびにArbutus Solutions社のコラボーレーションにより提供されます。

インストラクター

AOKI.jpg 青木  美加子
(Aoki Mikako)
プロフィール:

ヨーロッパ、チャイナ、日本のグローバル企業にてプロジェクト担当責任者を数多く歴任。現在、イノーバ ソリューションズにてグローバル・プロジェクトマネジメントやグローバル人財育成に関する上級コンサルタント。当コースのメイン・インストラクターを務める。

トレバー氏.jpg トレバー・ワーナー
Trevor Warner ) 
  MBA, PMP, MCTS
プロフィール:

プロジェクトマネジメント、ポートフォリオマネジメントに関するコンサルティング会社であるアビュータス・ソリューション株式会社 のCOO。
同社にて長年東京に拠点に置き、多くのプロジェクトマネジメントあるいはプログラム/ポートフォリオマネジメント関連のコンサルティングを提供中。当コースのメイン・インストラクターを務める。

アドバイザー

Beresford.jpg マーク・ベレスフォード
( Mark Beresford ) 

MBA, PMP, CBAP
プロフィール:

イノーバ ソリューションズ代表。日本やアジア各国においてプロジェクトマネジメント等の研修を通して人財育成、PMP受験研修、PMツール研修に関して13年間提供し続けている専門家。当コースのアドバイザーを務める。

Treasure.jpg マイケル・トレジャー
( Michale Treasure ) 

  MBA, MCTS
プロフィール:

アビュータス・ソリューション株式会社の代表。MSプロジェクト・サーバーを基本にMSプロジェクトと関連のツールのコンサルティング、導入に関し日本において10年の経験を有する。当コースのアドバイザーを務める。

申し込み方法

  1. 申込みサイト
    プロマネ ツール体験コース申し込みサイト よりお申し込みください。
     
  2. 折り返しセミナー事務局より受領確認/請求メールをお送りします。
    (なお、請求メールを請求書として取り扱わせていただきます)

     
  3. 振込みを選択された方は、2 のメールに明記された振込先に指定期日までにお振り込みください。振り込みを確認次第、参加証をお送りいたします。
     
  4. 領収書が必要な方にはセミナーの翌営業日に発送します。
     

※ 申し込み後のキャンセルはお受けできませんので、欠席の場合は代理の方の出席をお願いします。
 会員資格が異なる方が代理出席される場合は、会場で差額をお支払いください。

受講完了報告の提出と受講証明書発行について

  1. 受講証明は、〔PDU受講証明またはPMP受験公式研修時間〕と、〔ITコーディネータ受講証明〕の 2 種類が対象となります。
  2. 『受講完了報告』は後日Eメールにて事務局からご案内し、Webサイトにアクセスして回答いただく方式(SurveyMonkey 社)としています。
  3. セミナー終了後、出席いただいた方のみに対して「受講完了報告提出のご案内」をEメールで送付しますので、案内に従って完了報告フォームに必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  4. 事務局で提出いただいた受講完了報告を確認した後、受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  5. 受講完了報告のご提出が無い場合、受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  6. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
受講完了報告提出方式とPDU受講証明書発行方式変更についてのご案内

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部セミナー事務局 宛てにお願いします。