イベント・セミナー

2017年度 ケースメソッド研修 第一弾

ケースメソッド法によるPM実践力強化プログラム
第一弾:ケースメソッド体験ワークショップ

セミナーの趣旨

 ケースメソッド法を使用したPM教育はOJTに代わるものとして注目されており、今日多くの企業で活用されています。しかしながら各企業がケースメソッドを使ったPM実践教育を導入するには、講師育成、ケースの作成および効果測定等の準備が必要となり、普及の妨げとなっています。
 
 この度、PMI日本支部では、ケースメソッドの企業導入を支援すべく、ケースメソッド法によるPM実践力強化プログラム(ワークショップ)を企画しました。
 本プログラムは
  ①メソッドケース体験コース
  ②ケース作成コース
  ③ケースメソッド講師育成トレーニングコース
 の3つから構成されます。

 今回、その第一弾としてケースメソッド体験コースを6月29日(木)に実施します。講師は多くの企業でケースメソッドによるPM人材育成の指導、推進およびコンサルテーションの実績をもつ奥澤薫氏(PMI日本支部会長/KOLABO代表)です。
 なお、3回の全コースに参加される予定の方で今回まとめてお支払いいただける方には30%の割引特典をご用意しています。
 奮ってご参加ください。

セミナーの概要

  第一弾 第二弾 第三弾
セミナー名称 ケースメソッド
【体験コース
ケースメソッド
【ケース作成コース
ケースメソッド
【講師育成トレーニングコース 
ねらい 講師および講師候補者に対し、まず受講生の立場を体験・理解いただきます。
また、ケース作成担当者には、研修の全体像、実施要領を体験していただきます
自社でケースメソッド・ワークショップを開催するに際し、必要となる「自社ケース」の作成ノウハウを持った人材を育成します。参加者は、課題として共有可能なプロジェクト例を一つ持参いただきます。
講師候補者に、講師としての育成ポイントを習得していただき、企業において研修を推進できるように育成します。
日時 2017年6月29日(木)
   9時00分~  9時30分 受付
   9時30分~17時30分 セミナー
 17時30分~18時30分 交流会(実費1,000円は当日徴収)
2017年8月23日(水)
   9時00分~  9時30分 受付
   9時30分~17時30分 セミナー
 17時30分~18時30分 交流会
2017年9月28日(木)
   9時00分~  9時30分 受付
   9時30分~17時30分 セミナー
 17時30分~18時30分 交流会
場所 PMI日本支部 セミナールーム 
 半蔵門線水天宮駅 徒歩5分
  東京都中央区日本橋中洲3-15 センタービル3F
   会場マップ
同左 同左
プログラム
1. アイスブレーク:講師・参加者自己紹介
2. ケースメソッドによる研修解説
3. ケースメソッドワークショップ オリエンテーション
4. ケースメソッドグループ演習 #1
  ディスカッション/発表(Group毎)/回答例
5. ケースメソッドグループ演習 #2
  ディスカッション/発表(Group毎)/回答例
6. ケースメソッドグループ演習 #3
  ディスカッション/発表(Group毎)/回答例
7. 質疑応答&意見交換
(予定)
● ケース作成の留意点と作成の事例を講師が紹介します。
● 受講者が自ら作成した実事例とケースを紹介。それに基づいてディスカッションし、見直し検討後にケースを発表します。
● 発表された全てのケースについて講師が講評し、最後に講師がまとめを行います。

(特典)
各参加者が作成したケースを、自社内研修に限り活用できるものとします。

(予定)
● 
ケースメソッド・ワークショップでの講師としての心得・留意点を紹介します。
● 受講者の講師としての振る舞いに対し、受講者間で質疑・ディスカッションし、改善点をまとめます。
講師 奥澤 薫氏(PMI日本支部会長) 同左 同左
定員 24名  (申し込み順) 15名  (申し込み順) 10名  (申し込み順)
マンツーマン指導のため人数を絞っています
PDU 最大6PDUの受講証明書を発行します(詳細は次項参照) 同左 同左
ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者は資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大6時間分を取得できます。 同左 同左

PDU受講証明

  第一弾・二弾・三弾の各セミナーとも、発行するPDU受講証明書のカテゴリー内訳は下表のとおりで、各回最大6PDU(3回合計で最大18PDU)です。
  PDUはEducation 〔Course or Trainingでご登録ください。
 

各回ごとのPDU T L S 合計
PMP/PgMP® 4.0 2.0 0.0 6.0
PMI_RMP® 0.0 2.0 0.0 2.0
PMI_SP® 0.0 2.0 0.0 2.0
PfMP® 0.0 2.0 0.0 2.0
PMI_ACP® 0.0 2.0 0.0 2.0
PMI_PBA® 0.0 2.0 0.0 2.0

T:Technical 、L:Leadership、S:Strategic&Business Management

受講料(税込み)

  今回は、〔第一弾のみ〕、〔第一弾+第二弾+第三弾の通し〕の2種類(下表の赤文字部分)を選択いただけるようにしました。
 3回分を一括でお支払いいただける場合は、個々に受講いただく場合に比べて30%の割引価格となっています。
 (今回は、第二弾のみ、第三弾のみ の支払いは受け付けていません)

  ケースメソッド
【体験コース】
ケースメソッド
【ケース作成コース】
ケースメソッド
【講師育成トレーニングコース 】
3回分一括
支部会員 28,000円 49,000円 49,000円 126,000

88,000円

法人スポンサー社員

(1社2名まで)

29,000円 50,000円 50,000円 129,000 

90,000円
一般 48,000円 70,000円 70,000円 188,000 

131,000円

交流会

セミナー終了後、講師を囲んでその場で交流会を行います。講演では聴けなかったことを講師に問いかけてみたり、PM同士の意見交換などが気軽にできる機会ですので、どうぞご参加ください。
参加される方は、当日現地で実費1,000円を徴収させていただきます。

講師紹介

奥澤 薫(おくざわ かおる) 

 KOLABO代表 PMI日本支部理事・会長

奥澤会長.JPG プロフィール:

前職の日本電気株式会社では、中央省庁、政府外郭団体向け大型システム開発・保守を担当するかたわら、全社のPMO活動をけん引。

情報処理プロジェクト・マネジャー、PMP、プロジェクトマネジメント学会会員、筑波大学大学院非常勤講師

申し込み方法

  1. 申込みサイト
    参加ご希望の方は、最下段の申し込みボタンからお申し込みください。
    今回のテーマに関連してご質問・ご意見がありましたら、申込書に記載してください。質問内容を講師に事前にお伝えします(ご記入いただいた方の企業・お名前等の個人情報は公開いたしません) 。
     
  2. 折り返しセミナー事務局より受領確認/請求メールをお送りします。
    (なお、請求メールを請求書として取り扱わせていただきます)

     
  3. 振込みを選択された方は、2 のメールに明記された振込先に指定期日までにお振り込みください。振り込みを確認次第、参加証をお送りいたします。
     
  4. 領収書が必要な方には、入金を確認し次第発送いたします。
     
※ お申し込み後のキャンセルはお受けできません。

※ 最近、資料ダウンロード用URLにアクセスできない方が続出しています。セキュリティ・レベルが高いネット環境の組織に所属しておいでの方は、プライベートアドレスを使ってお申し込みいただくなど、ご配慮をお願い致します。

※ 途中入場・退場は他の出席者の迷惑になるのでご遠慮ください。遅刻・早退の場合は、出席時間に応じた受講証明書になりますのでご了承ください。

※ オンラインから PDU を申請する際には、PMI 倫理・職務規定を遵守の上、誠実に申請してください。

※ 不可抗力により開催を中止させていただく場合は PMI日本支部のホームページまたはメールにてご連絡差し上げます。お支払いいただいた参加費は指定口座に返金させていただくか、代替セミナーが提供できる場合は代替セミナーへ振替いただくことができます。返金の場合、お申込時の振込手数料は対象外となりますのでご了承ください。 

受講完了報告の提出と受講証明書発行について

  1. 受講証明は、PDU受講証明、ITコーディネータ受講証明の 2 種類が対象となります。
  2. 受講された方には『受講完了報告』の提出をお願いしています。セミナー終了後5営業日以内に、出席いただいた方のみに対して「受講完了報告提出のご案内」をEメールで送付しますので、案内に従って完了報告フォームに必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  3. 受講完了報告の提出を事務局で確認した後、受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  4. 受講完了報告のご提出が無い場合、受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  5. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
受講完了報告提出とPDU受講証明書発行についてのご案内

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部セミナー事務局 宛てにお願いします。

ケースメソッド研修 お申し込み