イベント・セミナー

ソーシャルPM実践ワークショップ2017 第4回 『ソーシャル・ステークホルダーマネジメント実践』


ソーシャルPM実践ワークショップ 2017 第4回
 
『ソーシャル・ステークホルダーマネジメント実践』
〔締め切りました〕

PMI日本支部 ソーシャル・プロジェクトマネジメント研究会主催で表題のワークショップを 2017年10月14日(土)に PMI日本支部セミナー・ルーム(東京都中央区)  にて開催します。

2017年9月26日
ソーシャル・プロジェクトマネジメント研究会

 
 

『ソーシャル・ステークホルダーマネジメント実践ワークショップ』のねらい

 地域の社会的環境、マーケットが複雑化する中、社会課題(復興支援、まちづくり、環境問題、医療・福祉など)を解決するためには、デザインから実施に至るまでの包括的なアプローチをとることが肝要です。
 その実現に向けて、PMI日本支部では「ソーシャルPM 実践ワークショップ2017」 の6コースを提供中です。
 
 「ソーシャル・ステークホルダーマネジメント」は、「現場の観察、体験から得られた人々の状況とその変化のニーズを受けとめながら、関係者の期待や要求を理解して実現への道筋を検討していくこと」 と定義します。
ソーシャル課題解決を目的とした企業、NPO、自治体等の組織団体が、持続的な活動を行うためには、多様なステークホルダーの協働とパートナーシップの醸成、維持が必要です。
 
 今回のセミナーでは、「ソーシャル課題を解決するために、さまざまなステークホルダーを引き付け、巻き込んでいき、ステークホルダーのコミットメントを得て、パートナーシップの醸成、維持を体得する」ことを主眼に、実践ワークショップを行い、社会課題に取り組むために必要な「ソーシャル・ステークホルダーマネジメント」を習得していただきます。

受講対象として以下のような方々を想定しています。

  • プロジェクト・マネジャーとしての活躍の場を社会課題の解決に拡げたい方
  • ソーシャル・プロジェクトマネジメントに関心のある方
  • 社会課題を解決するためのステークホルダーとのパートナーシップの構築に関心のある方
  • プロジェクト・マネジャーとしてコミュニティ活動に携わっている方

また、手法開発と実践者の集いである、ソーシャルPM研究会の活動の魅力についても紹介いたします。

『ソーシャル・ステークホルダーマネジメント実践ワークショップ』コースの学習目標

  •  社会課題の解決に「ソーシャル・ステークホルダーマネジメント」が必要だと理解できる
  •  体験ワークショップにより「ソーシャル・ステークホルダーマネジメント」を、自身が実践できると気づく
  •  行きつ戻りつの試行錯誤を経て、ステークホルダーとのパートナーシップが構築されることを体得する

アジェンダ

  1.  ソーシャルPM研究会 ミッション/ビジョン
  2.  ソーシャル・ステークホルダーマネジメント
    ・ステークホルダーとのパートナーシップとは  
    ・ステークホルダーを特定し、理解する  
    ・ステークホルダーと協働し、パートナーシップを強化する
  3.  ソーシャル・ステークホルダーマネジメントワークショップ  
    ・ワークショップの進め方とツールと技法の解説  
     演習1 ステークホルダーを特定し、理解する 
     演習2 ステークホルダーと協働し、パートナーシップを強化する
        演習1と2を行きつ戻りつ試行錯誤していきます。
  4.  受講者感想の共有  
    何が得られたか? どう活かせるか?  

開催概要

 

主催 PMI日本支部 ソーシャル・プロジェクトマネジメント研究会
テーマ

ソーシャルPM 実践ワークショップ 2017 第4回 
 『ソーシャル・ステークホルダーマネジメント』

参加対象者
  • プロジェクト・マネジャーとしての活躍の場を拡げたい方
  • ソーシャル・プロジェクトマネジメントに関心のある方
  • 社会課題を解決するためのステークホルダーとのパートナーシップの構築に関心のある方
  • プロジェクト・マネジャーとしてコミュニティ活動に携わっている方
日時 2017年10月14日(土)
 09時00分~09時30分 受付
 09時30分~17時30分 セミナー
 17時45分~18時45分 交流会 (希望者のみ)
会場 PMI日本支部 3F セミナールーム / 半蔵門線水天宮前駅より徒歩5分
 ● 住所: 東京都中央区日本橋中洲3-15 センタービル3F
  アクセスマップ
講師 PMI日本支部 ソーシャルPM研究会メンバー
定員 25名 (10月6日時点で最少催行人数 8名に達しない場合は中止とさせていただきます)
参加費
(税込)
項目  【参加費】
セミナー受講料 (当日受付にてお支払ください) 3,000円
交流会参加費 (参加希望者のみ、当日受付にてお支払いください) 500 円

*PMI日本支部会員、法人スポンサー企業社員、一般とも受講料は同じですが、お申込み時には会員区分を指定してお申込みください。
*セミナー受講料、交流会参加費は、お釣りのいらないようにご準備ください。ご協力よろしくお願いいたします。

PDU  PDU受講証明の発行はいたしません。

申し込み方法

  1. 当ページの最下段にある申し込みボタン」をクリックしお申し込みください。
  2. お申込み内容を確認後、受講票をお送りいたします。
  3. 受講票はワークショップ当日、受付でご提示ください。
  • チーム分けしてワークショップを実施いたしますので、受講票を受け取られた方は必ずご出席をお願いいたします。
  • 申込み操作完了後、2営業日を過ぎても「お申込み確認」メールが届かない場合は、まず「迷惑メール・ホルダー」をご確認ください。
  • 不測の事態には、やむなく開催を中止する場合があります。その場合はメールや支部Webサイトにてご案内いたします。

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部セミナー事務局 宛てにお願いします。

 

 

お申込みはこちら