イベント・セミナー

ソーシャルPM実践ワークショップ2017 第5回 『ソーシャル・ビジネスモデルデザイン』


ソーシャルPM実践ワークショップ 2017 第5回
 
『ソーシャル・ビジネスモデルデザイン実践

PMI日本支部 ソーシャル・プロジェクトマネジメント研究会主催で表題のワークショップを 2017年11月25日(土)に PMI日本支部セミナー・ルーム(東京都中央区)  にて開催します。

2017年10月2日
ソーシャル・プロジェクトマネジメント研究会

 
 

『ソーシャル・ビジネスモデルデザイン実践ワークショップ』コースのねらい

 地域の社会的環境、マーケットが複雑化する中、社会課題(復興支援、まちづくり、環境問題、医療・福祉など)を解決するためには、デザインから実施に至るまでの包括的なアプローチをとることが肝要です。
 その実現に向けて、PMI日本支部では「ソーシャルPM 実践ワークショップ2017」 の6コースを提供中です。
 
 ソーシャルPM研究会では、「ソーシャル・ビジネスモデルデザイン」は、「ソーシャル・ソリューションをビジネスとして成立させて持続可能性を考慮してビジネスモデルをデザインする手法」 と定義しています。
 ソーシャル課題解決を目的とした企業、NPO、その他の組織団体が、持続的な活動を行うためには社会的目標を達成する活動と、その活動に必要な経営資源の獲得を可能にするビジネスモデルの構築が必要です。
 
 今回のセミナーでは、ソーシャル課題を解決するため、さまざまなステークホルダーを引き付け、巻き込んでいき、「誰に何を売るのか」に対する答えを追い求め、「行きつ戻りつの試行錯誤を経て、採算の取れるビジネスモデルが構築されることを体得する」 を主眼に、実践ワークショップを行い、社会課題に取り組むために必要なプロジェクトマネジメント手法である「ソーシャル・ビジネスモデルデザイン」を習得していただきます。

受講対象として以下のような方々を想定しています。

  • プロジェクト・マネジャーとしての活躍の場を社会課題の解決に拡げたい方
  • ソーシャル・プロジェクトマネジメントに関心のある方
  • 社会課題を解決するためのステークホルダーとのパートナーシップの構築に関心のある方
  • プロジェクト・マネジャーとしてコミュニティ活動に携わっている方

また、手法開発と実践者の集いである、ソーシャルPM研究会の活動の魅力についても紹介いたします。

『ソーシャル・ビジネスモデルデザイン実践ワークショップ』コースの学習目標

  •  社会課題の解決に「ソーシャル・ビジネスモデルデザイン」が必要だと理解できる
  •  体験ワークショップにより「ソーシャル・ビジネスモデルデザイン」を、自身が実践できると気づく
  •  行きつ戻りつの試行錯誤を経て、採算の取れるビジネスモデルが構築されることを体得する

アジェンダ

  1.  ソーシャルPM研究会 ミッション/ビジョン
  2.  ソーシャル・ビジネスモデルデザイン
    ・ソーシャル・ビジネスモデルデザインとは  
    ・要求定義(デザイン思考+ベネフィットから導かれる価値) 
    ・要求のビジネスモデル化
  3.  ソーシャル・ビジネスモデルデザイン  
    ・ワークショップの進め方とツールと技法の解説  
     演習1 :価値提案のチェックポイントをビジネスモデルキャンバスで説明する 
     演習2: 構成要素が補完し合うビジネスモデルをつくる
     演習3: 行きつ戻りつの試行錯誤を経て、採算の取れるビジネスモデルが構築されることを体得する
  4.  受講者感想の共有  
    何が得られたか? どう活かせるか?  

開催概要

 

主催 PMI日本支部 ソーシャル・プロジェクトマネジメント研究会
テーマ

ソーシャルPM 実践ワークショップ 2017 第5回 
 『ソーシャル・ビジネスモデルデザイン』

参加対象者
  • プロジェクト・マネジャーとしての活躍の場を拡げたい方
  • ソーシャル・プロジェクトマネジメントに関心のある方
  • 社会課題を解決するためのステークホルダーとのパートナーシップの構築に関心のある方
  • プロジェクト・マネジャーとしてコミュニティ活動に携わっている方
日時 2017年11月25日(土)
 09時00分~09時30分 受付
 09時30分~17時30分 セミナー
 17時45分~18時45分 交流会 (希望者のみ)
会場 PMI日本支部 3F セミナールーム / 半蔵門線水天宮前駅より徒歩5分
 ● 住所: 東京都中央区日本橋中洲3-15 センタービル3F
  アクセスマップ
講師 PMI日本支部 ソーシャルPM研究会メンバー
定員 25名 (11月10日時点で最少催行人数 8名に達しない場合は中止とさせていただきます)
参加費
(税込)
項目  【参加費】
セミナー受講料 (当日受付にてお支払ください) 3,000円
交流会参加費 (参加希望者のみ、当日受付にてお支払いください) 500 円

*PMI日本支部会員、法人スポンサー企業社員、一般とも受講料は同じですが、お申込み時には会員区分を指定してお申込みください。
*セミナー受講料、交流会参加費は、お釣りのいらないようにご準備ください。ご協力よろしくお願いいたします。

PDU  PDU受講証明の発行はいたしません。

申し込み方法

  1. 当ページの最下段にある申し込みボタン」をクリックしお申し込みください。
  2. お申込み内容を確認後、受講票をお送りいたします。
  3. 受講票はワークショップ当日、受付でご提示ください。
  • チーム分けしてワークショップを実施いたしますので、受講票を受け取られた方は必ずご出席をお願いいたします。
  • 申込み操作完了後、2営業日を過ぎても「お申込み確認」メールが届かない場合は、まず「迷惑メール・ホルダー」をご確認ください。
  • 不測の事態には、やむなく開催を中止する場合があります。その場合はメールや支部Webサイトにてご案内いたします。

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部セミナー事務局 宛てにお願いします。