イベント・セミナー

PgMP®資格取得セミナー(一緒に挑戦しよう!) 2日間コース Day1

PgMP® 資格取得セミナーの狙い

海外ではプログラムマネジメントの認知度はますます高まっており、米国においては 2016年12月に Program Management Improvement and Accountability 法(PMIAA)が発効されました。

1996年に政府調達に関する法の制定を契機に PMBOK® ガイドと PMP® が全世界に広がった様に、プログラムマネジメントと PgMP®  (Program Management Professional) の普及が今後より促進されるものと考えられます。

実際に PgMP® 資格保有者の数は右肩上がりで増えており、2014年から2017年にかけてグローバルでは1,161名から2,173名に急増しています。インドや中国では、それぞれ200名近くの保有者がいると推定されます。日本は4名から5名とほぼ横ばいの状態です。

PgMP® の資格取得の活動を通してプログラムマネジメントについて意見を交わし、共に理解を深める

なぜ海外ではプログラムマネジメントがそれほど普及し、その価値は一体何なのでしょうか?

PMIでは「プログラム」を以下のように定義しています。

個々にマネジメントすることでは得られないベネフィットを実現するために、調和のとれた方法でマネジメントされる、相互に関連するプロジェクト、サブプログラム、およびプログラム・アクティビティのグループ。

この定義を聞いて、はたしてどれだけの方がプログラムマネジメントを組織に導入し活用しようと思われるでしょうか。日本においてプログラムマネジメントの価値を理解し活用しようとしている企業は、とても少ないと思われます。

PMI日本支部のポートフォリオ/プログラム研究会では10年以上にわたり両マネジメントについて研究してきました。 ポートフォリオマネジメントについてはPfMP®の資格取得活動などを通して、そのご利益を「何を行わないかを決めること」としています。

同様に、今回、PgMP® の資格取得の活動を通してプログラムマネジメントについて意見を交わすことで、プログラムマネジメントの価値に関する理解を共に深めていけるのではないかと考えました。

PgMP® 資格取得への挑戦は、ご自身の成長の機会となる

このセミナーにご興味を持たれた皆さんは、恐らくPMP® ホルダーと思われます。振り返ると、ご自身のプロジェクトマネジメントに対する考え方はPMP® 取得によって変わったのではないでしょうか。

PgMP® 資格は単なるネクスト・キャリアではありません。プログラムマネジメントの価値を理解し、その上でご自身の成長の機会となるのです。英語での受験になりますが一緒に挑戦しましょう。

開催概要

主催: PMI日本支部
  標準推進委員会
  ミッション委員会 PPPM普及拡大WG
  ポートフォリオ/プログラム研究会
テーマ PgMP® 資格取得セミナー(一緒に挑戦しよう!)
講師 PMI日本支部 ポートフォリオ/プログラム研究会 メンバー 近藤 浩(こんどう ひろし)
対象者 ・PgMP® 資格取得に関心のある方
・プログラムマネジメントに関する理解を深めたい方
日時:

※ Day1と Day2 の内容が異なりますので 2回とも受講ください。

Day1:2018年07月30日(月)
  ‐ PgMP® 資格の概説

Day2:2018年10月31日(水)
  ‐ 第4版 標準概説と複数選択試験対策

※ タイムスケジュールは各回共通
  18時30分~19時00分 受付
  19時00分~20時30分 セミナー
  20時30分~21時30分 交流会(希望者のみ 1,000円)

場所

PMI日本支部セミナールーム 
 半蔵門線水天宮前駅 徒歩5分
 住所: 東京都中央区日本橋中洲3-15 センタービル3F

会場マップ    PMI日本支部
定員 25名 (定員に達し次第、締め切らせていただきます)
参加費 無料
テキスト 当セミナーのテキストは当日配布いたします。
お願い事項 Day2(10月31日)セミナーまでに「The Standard for PROGRAM MANAGEMNT Fourth Edition」を英語の原文でお読みください。

アジェンダ

Day1 7月30日 PgMP® 資格の概説
 1. はじめに
 2. 資格取得プロセス
 3. 評価ステップ1:パネルレビュー
 4. 評価ステップ2:複数選択方式
 5. 実務報告書作成のポイント

Day2 10月31日 第4版標準概説と複数選択試験対策
 1. 資格取得プロセスの状況確認
 2. プログラムマネジメント標準 第4版の概説
  - プログラムとプログラムマネジメントの定義
  - プログラム・パフォーマンス領域
  - プログラム・アクティビティ
 3. 複数選択試験の演習問題解説
 4. プログラムマネジメント標準の深層とポイント

※アジェンダは一部変更される場合があります

講師紹介

近藤 浩(こんどう ひろし)PfMP®、PMP®、CISA、CGEIT
PMI日本支部 ポートフォリオ/プログラム研究会 メンバー

ポートフォリオマネジメント標準 第3版日本語版出版プロジェクト・マネジャー
プログラムマネジメント標準 第3版日本語版出版プロジェクト・メンバー
主な著書に、「ポートフォリオマネジメント教本」(ビズフォリオ LLP)
講師自身のPgMP®資格の挑戦状況
 ・2017年Q4:資格申請の準備(済)
 ・2018年Q1:実務報告書作成(済)
 ・2018年Q2:パネルレビュー(進行中)
 ・2018年Q3:複数選択試験(予定)

申し込み方法

  当ページの最下段にある「申し込みボタン」をクリックしお申し込みください。

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部事務局 宛てにお願いします。

 

お申込みはこちら