イベント・セミナー

ケースメソッドによるPM実践力強化ワークショップ 9月19日(木)開催

最小催行人数に達しなかったため本セミナーは中止とさせていただきます(9月5日)

本ワークショップの趣旨

 ビジネスのグローバル化にともない、プロジェクトのスピード、および多様化はますます増大し、お客さまとの接点の要となるPMの重要性はますます増大しています。

 PMI日本支部では本年5月にケースメソッド法によるPM実践力強化ワークショップを開催しましたが、好評をいただきましたので下記要領にて追加開催します。是非ご参加ください。

ケースメソッドとは

 ケースメソッドとは、
  1. 問題(あるいは問題となりそうな)プロジェクトのある場面を切り出し
  2. 情報量が限定された短文のケースで
  3. 受講者の知識・経験・想像力を駆使して
  4. その場面に対し考えられる解(対策、行動)を導き出す

 研修方法です。

本ワークショップの特徴

  1. 参加者の理解度を高めるため、少人数(受講生16名、講師2名)で行うワークショップ型研修です。また、理解を深めるため、皆様には課題を事前提出していただきます。
  2. 実際のプロジェクトをもとに作成したケースを使い、PMとしての考え方、対応の基本、問題の捉え方、および顧客対応のポイントについての学習を体験します。
  3. ワークショップは、グループで行います。各グループでは、各自がケースについて自分の考えを発表し、次いでグループとしての意見を取りまとめ、発表していただきます。その際、全員がファシリテーション、意見発表の役割を担当いただきます。演習を通しグループ作業でのリーダーシップ、ファシリテーションを体験できます。
  4. 参加者同士、および講師との交流を深めるため、ワークショップの最後に交流会を設けます(コーヒー付き、講師参加、無料、参加は任意)。是非ご出席ください。

前回参加者の所感より

  1. ベストプラクティスとしてとても参考になった(コンサル業)
  2. ケースメソッドの丁寧な説明、ケース1から3までの例題のレベル感が非常に良かった(IT業)
  3. 種類の違うプロジェクト例を使用したワークショップで、目的設定の仕方を変えることが理解できた。(IT業)
  4. 取り組んだ事例について、講師の方からの実際の事例に基づいた解説や、他の参加者の方の経験に基づく意見をうかがうことができ、PMとしての考え方の幅が広がったと感じた(IT業)
  5. グループワークで他社の方とも交流でき有意義であった(機械・金属業)
  6. 後の社内研修を企画するうえで大変参考になった(建設業)

当日プログラム

  1. アイスブレーク  インストラクターおよび参加者自己紹介
  2. ケースメソッドによる研修講義
  3. グループ演習(No1) オリエンテーション/ディスカッション/発表(Group毎)/回答例紹介
  4. 昼食
  5. グループ演習(No2) オリエンテーション/ディスカッション/発表(Group毎)/回答例紹介
  6. グループ演習(No3) オリエンテーション/ディスカッション/発表(Group毎)/回答例紹介
  7. 質疑応答&意見交換
  8. 名刺交換タイム (参加任意)

概要

主催 PMI日本支部
コース名 ケースメソッドによるPM実践力強化ワークショップ
参加対象者 ● 実践力強化を目指すPM
● PM教育、指導担当者(PMO、プロジェクト・リーダー、PM研修部門)
● PMコンサルタント
日時: 2019年 9月19日(木)
  9時00分~ 9時30分 受付
  9時30分~17時30分 セミナー
  17時30分~18時00分 名刺交換タイム(参加任意)
場所 PMI日本支部セミナールーム
 半蔵門線水天宮前駅 徒歩5分
 住所: 東京都中央区日本橋中洲3-15 センタービル3F
インストラクター  奥澤 薫 氏 (PMI日本支部会長)
 片江 有利 氏(PMI日本支部副会長)
定員 16名(申し込み順、9月12日締め切り)
 なお、9月5日(木)時点で最小催行人数 8人に達しない場合は中止とさせていただきます。
 9月5日(木)時点で最小催行人数 8人に達しなかったため、本セミナーは催行中止とさせていただきます。
受講料(消費税込)

【早期割引価格】 【通常価格】
(A) PMI 日本支部会員 22,000円 25,000円
(B) 法人スポンサー企業社員  26,000円 29,000円
(C) 一般 46,000円 49,000円

【早期割引価格】は、以下のように受講料のお支払を完了された方に適用します。
 クレジットカード支払い:8月29日(木
)24:00 までにカード決済を完了された方
 銀行振込み:      8月29日(木)15:00までに入金確認できた方

PDU

最大6.5PDU受講対象 (PDUはEducation 〔Course or Trainingでご登録ください)

T L S 合計
PMP/PgMP® 4.0 2.5 0.0 6.5
PMI_RMP® 0.0 2.5 0.0 2.5
PMI_SP® 0.0 2.5 0.0 2.5
PfMP® 0.0 2.5 0.0 2.5
PMI_ACP® 0.0 2.5 0.0 2.5
PMI_PBA® 0.0 2.5 0.0 2.5

T:Technical 、L:Leadership、S:Strategic&Business Management

ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者には資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大6.5時間分を取得できます。

講師紹介

奥澤 薫(おくざわ かおる)
 KOLABO代表 PMI日本支部理事・会長

Okuzawa.jpg プロフィール:

前職の日本電気株式会社では、中央省庁、政府外郭団体向け大型システム開発・保守を担当するかたわら、全社のPMO活動をけん引。
情報処理プロジェクト・マネジャー、PMP、プロジェクトマネジメント学会会員

片江 有利(かたえ ありとし)
  (株)システムコストマネジメント顧問 PMI日本支部理事・副会長

Katae.jpg プロフィール:

大手損保でシステム開発、商品開発、生保事業立上げ等のスタッフ部門でプロジェクトを歴任。
その後コンサルタント会社を経て独立、プロジェクトマネジメントやITサービスマネジメントのコンサルティング、研修講師を務める。
PMP

資料

● セミナー当日に配布します。

申し込み方法

  1. 申込みサイト
    参加ご希望の方は、最下段の申し込みボタンからお申し込みください。
    ご質問・ご意見がありましたら、申込サイトに記載してください。質問内容を講師に事前にお伝えします(ご記入いただいた方の企業・お名前等の個人情報は公開いたしません) 。
  2. 折り返しセミナー事務局より受領確認/請求メールをお送りします。
    (なお、請求メールを請求書として取り扱わせていただきます)

  3. 振込みを選択された方は、2 のメールに明記された振込先に指定期日までにお振り込みください。振り込みを確認次第、受講票をお送りいたします。
  4. 領収書が必要な方には、入金を確認し次第発送いたします。
※ お申し込み後のキャンセルはお受けできません。

※ 途中入場・退場は他の出席者の迷惑になるのでご遠慮ください。遅刻・早退の場合は、出席時間に応じた受講証明書になりますのでご了承ください。

オンラインから PDU を申請する際には、PMI 倫理・職務規定を遵守の上、誠実に申請してください。

※ 不可抗力により開催を中止させていただく場合は PMI日本支部のホームページまたはメールにてご連絡差し上げます。お支払いいただいた参加費(
お申込時の振込手数料は除く)は指定口座に返金させていただきます。

受講完了報告の提出と受講証明書発行について

  1. 受講証明は、PDU受講証明、ITコーディネータ受講証明の 2 種類が対象となります。
  2. 受講された方には『受講完了報告』の提出をお願いしています。セミナー終了後5営業日以内に、出席いただいた方のみに対して「受講完了報告提出のご案内」をEメールで送付しますので、案内に従って完了報告フォームに必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  3. 受講完了報告の提出を事務局で確認した後、受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  4. 受講完了報告のご提出が無い場合、受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  5. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
受講完了報告提出とPDU受講証明書発行についてのご案内

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部セミナー事務局 宛てにお願いします。

お申込み