イベント・セミナー

【ウェビナー】2時間で学べる コンピテンシーのフレームワーク & 活用術

PMI日本支部 PMタレントコンピテンシー研究会主催 ウェビナー

2時間で学べる コンピテンシーのフレームワーク & 活用術


 プロジェクト・マネジャー・コンピテンシー開発フレームワーク(PMCDフレームワーク)第3版の日本語訳が出版されました。当セミナーではDX時代に求められるコンピテンシーの考察を踏まえ、PMCDフレームワークの概要と現場での活用術をご紹介します。
(※PMI日本支部会員の方は無料でご受講いただけます)

セミナーの趣旨

 新しいテクノロジーを中心とした破壊的イノベーションは、さまざまな業界で大きな環境変化を起こし今多くの組織がデジタル・トランスフォーメーション(DX)の必要に迫られています。
 コンピテンシーとは「社会的な責任、義務を自覚した上での職務遂行能力」であり、PMCDフレームワークはプロジェクトをリードする人材のコンピテンシーを定義・評価・および開発するための枠組みを提供します。変化の激しいDX時代においても、環境の変化にとらわれない普遍的な行動規範を提示してくれます。

 第3版ではプロジェクト・マネジャーだけでなく、ポートフォリオ・マネジャー、プログラム・マネジャーを含む垂直方向に内容が拡張され、現代に求められるコンピテンシーを立体的に考えることができるようになりました。また、継続的な育成をカバーするための組織・個人の取り組みなど、水平方向にも内容が拡張されています。

 本セミナーでは、DX時代に求められるコンピテンシーの考察を踏まえ、PMCDフレームワーク第3版の概要と、現場での活用術をご紹介します。

講演の概要

  当セミナーは3つのセッションとQ&Aで構成します。
 冒頭では、激しい環境変化がプロジェクトをリードする人材にどのような役割を要求するのか、これからのコンピテンシーを考察します。
 その後、PMCDフレームワーク第3版の概要をご紹介し、実際にPMCDフレームワークを利用して能力開発に取り組んでいる実例を踏まえながら、現場での活用イメージを持っていただきます。

 【セミナー内容(予定)】
  1. DX時代に求められるPMコンピテンシー
  2. PMCDフレームワーク第3版 概要紹介
  3. PMCDフレームワーク 現場での活用術
  4. Q&A

講師紹介

PMI日本支部 PMタレントコンピテンシー研究会所属メンバー

2020PMCDF_sato-2.jpg佐藤 賢治郎

2020PMCDF_KAMBA.jpg神庭 弘年

2020PMCDF_urata-2.jpg浦田 有佳里

2020PMCDF_nakamura-2.jpg中村 亜子

2020PMCDF_KANEKO-2.jpg

金子 啓一郎

2020PMCDF_shimatani-2.jpg島谷 健也

セミナー概要

主催 PMI日本支部 PMタレントコンピテンシー研究会
テーマ 2時間で学べる コンピテンシーのフレームワーク & 活用術
日時 2020年12月22日(火)
 19時00分~21時00分
セミナー形式 Zoomによるウェビナー
定員 100名 (申し込み順)
締切り 2020年12月17日(木)24時
参加費
 
参加費 税込み
(A) PMI 日本支部会員 無料
(B) 法人スポンサー企業社員(1社4名まで) 550円
(C) 一般 1,100円
受講証明書 PDU、ITC実践力ポイントの受講証明書は発行しません。

PMCDフレームワーク第3版(日本語訳) 書籍の割引販売

 PMCDフレームワーク第3版(日本語訳)をPMI日本支部オンラインショップにてキャンペーン価格で販売中です。
 PMI日本支部会員の方は通常価格6,560円のところを25%オフの4,920円(いずれも税込み)でお求めいただけます。

  • キャンペーン販売期間:2020年11月18日(水) ~2021年1月22日(金)
  • 支部会員には割引クーポンをご案内いたします。購入希望の方は、まず支部会員サイトにログインしてクーポンを入手後、「オンラインショップ」からご購入ください。
  • 詳しくは こちら から。

Zoomによる視聴について

  • 参加いただくには、インターネット接続環境があるパソコン、スマートフォン、タブレット端末等が必要です。
  • WEB会議システムZoomを使用して配信します。
  • スマートフォン、タブレット等で参加される場合は事前にZoomアプリのダウンロードが必要です。
  • インターネット回線を利用した通信のためインターネット接続料が発生します。Wi-Fi 環境以外での参加にあたっては、通信料にご注意ください。
  • お申込みにあたっては、事前に http://zoom.us/test からZoomへの接続性を確認するテストをお勧めします。
  • セミナーの数日前に、ウェビナーへのアクセス用URLをお送りします。

資料のダウンロードについて

 セミナーの数日前に、お申込時にお知らせいただいたアドレス宛てに講演資料のダウンロード用URLをお送りします。

受講完了報告(アンケート)の提出について

  1. セミナー受講後に「受講完了報告(アンケート)」にご協力ください。セミナー終了直後、出席いただいた方は「受講完了報告」の回答サイト(Survery Monkey 社のシステム)にアクセスいただけますので、必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  2. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 受講完了報告に回答後2週間経っても受講証明書を受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。

お申込み

Peatixシステムを採用

  • 申込み・入金はPeatix(イベント管理プラットフォーム)を採用しています。最下段の申込ボタンをクリックしてPeatixのサイトに移ってお申し込みください。
  • なお、お申し込みにあたっては、まず Peatix会員の事前登録 が必要となります。
  • お一人さまにつき一枚のチケットをお申し込みください(お一人で複数枚の申込みはご遠慮ください)。
  • お申し込み完了後、Peatixより確認メールが届きます。その際、QRコードつきチケットが発行されますが、これは使用しないので無視してください。

お申込みのメールアドレス

  • メールアドレスは、①Peatixからの申込み時、②セミナー終了後の受講完了報告回答時 の2回入力いただきます。その際、2回とも必ず同じメールアドレスを入力いただきますようお願い致します。

視聴用URLのお届け

  • セミナー開催の数日前に、お申込みの際に記入いただいたEメールアドレス宛に、Zoomウェビナーを視聴するためのURLをお送りします。当日は、そのURLから視聴してください。

お支払い

  • Peatixでは、クレジットカード、コンビニに設置してあるATM等からの入金をお願いいたします。詳細はこちら
  • 請求書払いには対応しておりません。ご不便をおかけしますがご了承ください。
  • コンビニ/ATMを選択された場合の支払期限は申込みから3日以内です。申込後3日以内にお支払いいただけなかった場合は自動的にキャンセル扱いとなります。
  • キャンセルをご希望の場合は、seminar@pmi-japan.org にご連絡いただいた後にpeatix側から返金させていただきます。ただし、コンビニ/ATMから払い込まれた場合、およびクレジット決済されてから50日後以降の返金額は500円の手数料を差し引かれたものとなります。ご了承ください。

領収書

  • クレジットカードの場合は、カード会社から送付される「ご利用明細書」や「引き落とし明細書」を領収書としてご利用ください。
  • また、コンビニに設置してあるATM払いの場合は、コンビニエンスストア店頭で渡される領収書をご利用ください。
  • そのほか、電子的に保持されている領収データなど詳しくはこちらをご参照ください。
  • PMI日本支部からは、pdfや紙による領収書は発行できませんのでご了承ください。

お問い合わせ先

本件に関するお問合せは、seminar@pmi-japan.org 宛にお願いいたします。

申込みサイト(Peatixサイトへ)