イベント・セミナー

変革リーダーのためのアジャイル変革入門  11月12日

PMI日本支部主催 アジャイルPM研修
変革リーダーのためのアジャイル変革入門
【ご注意ください】 開催日を2014年11月12日に変更し、コース名を改訂しました。
 

受講申込みの受付は終了いたしました。

PMI日本支部主催のアジャイルPM研修を2014年 10月 8日(水)  => 2014年 11月12日 (水) に東京にて開催致します。

コースのねらい

 グローバル競争が激化する中、企業は顧客価値創造によるイノベーションと迅速性が求められ、それを実現する手法である「アジャイル」の重要性がますます高まってきています。 しかし、ウォーターフォール文化が定着した企業がアジャイルを導入するのは大変困難です。

 アジャイル変革を、「必要性認識」から、「アジャイル変革準備」、「パイロット導入」、「スケールアップ」、「定着」までと捉えて、変革マネジメントに多くの実績がありアジャイル変革にも適用実績がある、コッターの変革型リーダーシップ(8段階変革プロセス)による方法に従って進めます。 

 アジャイル変革事例の教訓を参考にしながら、受講者が抱えているアジャイル変革についての心配事や課題とその対応策などをグループ・ディスカッションし、各自がアジャイル変革をリードする際の指針となる戦略を策定します。

コースの学習目標

  • 「なぜアジャイル変革が必要か」 を理解し、説明ができる。
  • 「なぜアジャイル変革が難しいか」 を理解し、説明ができる。
  • アジャイル変革事例を学び、効果的なプラクティスや主要成功要因を理解し、説明ができる。
  • アジャイル変革を成功裏に進めるために、8 段階変革プロセスをどのように適用するのかを理解し、説明ができる

前提条件

  • アジャイルについての前提知識は不要です。 (基礎的な用語など、コース内で解説します)  

コース概要

主催: PMI日本支部
コース名 変革リーダーのためのアジャイル変革入門
 (コース名を改訂しました)
講師 株式会社アイネット 代表取締役 竹腰 重徳 氏
日時: 2014年 10月 8日(水)   2014年11月12日(水) 【開催日が変更になりました。ご注意ください】
  9時00分~  9時30分 受付
  9時30分~18時00分 セミナー 
場所

PMI日本支部セミナールーム 
   半蔵門線水天宮前駅 徒歩5分
 住所: 東京都中央区日本橋中洲3-15 センタービル3F

会場マップ    PMI日本支部
対象者 ウォーターフォール文化が定着している環境下で、アジャイル導入に関心のお持ちの方、導入を検討中の方、組織文化を変えたいという考えのお持ちの方。
特に、 経営幹部、変革担当者、ビジネス(業務部門)マネジャー、プロジェクト・マネジャー、PMOメンバー、コンサルタント などの方にお勧めです。
定員 20名  (申し込み順)
参加費
  【早期割引価格】 【通常価格】
(A) PMI 日本支部会員 37,000円 40,000円
(B) 法人スポンサー企業社員  40,000円 43,000円
(C) 一般 55,000円 58,000円
【早期割引価格】は、8月22日(金)  9月19日(金)15:00までに入金が確認できた方へ適用させていただきます。
 
PDU 最大 7.0 PDU受講対象 (PDUはカテゴリーAでご登録ください)
事前学習時間 PMI-ACP® 受験に必要となるとなる アジャイル・プラクティス事前学習の対象(最大 7 時間)となります。
ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者には資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大7時間分を取得できます。

プログラム (2014年10月17日更新)

1.はじめに
 
コースのねらいと進め方
自己紹介とコース目的の確認
 
2.何故アジャイル変革が必要か (講義とWS)
  ( WS以外は 「アジャイルプロジェクトマネジメントの基礎」コースのアジャイル概要とほぼ同じ内容です )
 
アジャイルの背景
WS1:IT開発の課題は何か
アジャイルの原点
アジャイルの価値
アジャイルの特徴
アジャイルのメリット
 
3.何故アジャイルの変革は難しいのか (講義とWS)
 
アジャイル変革の不安は何か
  大規模プロジェクト、固定価格契約、分散環境、コンプライアンス、品質マネジメント
アジャイル変革を阻止するもの
WS2:アジャイル変革の不安や阻害は何か 
 
4.変革型リーダーシップ (8段階変革プロセス)によるアジャイル変革
 
変革を成功させる重要成功要因
アジャイル変革の必要性
  ・第1段階 危機感を生み出す
  ・第2段階 変革推進プロジェクトチームをつくる
アジャイル変革の準備
  ・第3段階 変革のビジョンと戦略を作る
  ・第4段階 変革のビジョンと戦略を周知徹底する
パイロットプロジェクト導入
  ・第5段階 自発的に行動ができるよう支援する
  ・第6段階 短期に成果を生む
スケールアップそして定着
  ・第7段階 成果を活かしてさらに変革をすすめる
  ・第8段階 変革を企業文化に定着させる
 
5.アジャイル変革事例から学ぶ (講義とWS)
Salesforce.com、Allegro Group、Ericsson、Kroger、PaneraBread、C&IT、米国政府の教訓
WS3:アジャイル変革推進プロジェクトビジョン作成(WS)
 
6.おわりに
Q&A、振返り

 ※ プログラムは一部変更する場合があります

講師紹介

竹腰 重徳 (たけこし しげのり) 氏

株式会社アイネット 代表取締役

president.jpg プロフィール:

大阪大学工学部電子工学科卒、マツダ、日本IBMを経てアイネット設立。
ITソリューションの開発や営業を担当。プロジェクトマネジメント、業種業務知識、リーダーシップ、営業、アジャイル、経営品質等の研修開発や講師を担当。
日本プロジェクトマネジメント協会のオンラインジャーナルのPMプロの知恵コーナー「アジリティ」を毎月寄稿中。PMAJ、PMIJ、PM学会などに寄稿や講演を実施。
著書としては共著でオーム社のプロジェクトマネジメントハンドブック(EQリーダーシップを担当)。
北海道大学非常勤講師や板橋経営品質賞審査員を歴任。
PMP®,PMI-ACP®,TMS検定4級(トヨタ),メンタルヘルス・マネジメントⅡ種検定(大阪商工会議所)。

受講完了報告の提出とPDU受講証明書発行について

  1. 『受講完了報告』は後日Eメールにて事務局からご案内し、Webサイトにアクセスして回答いただく方式(SurveyMonkey 社の電子アンケート方式)としています(同社の電子アンケートはPMI による各種アンケートでも使用されています)。
  2. セミナー終了後、出席いただいた方のみに対して「受講完了報告提出のご案内」をEメールで送付しますので、案内に従って完了報告フォームに必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  3. 事務局で提出いただいた受講完了報告を確認した後、PDU受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  4. 受講完了報告のご提出が無い場合、PDU受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  5. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
受講完了報告提出方式とPDU受講証明書発行方式変更についてのご案内

申し込み方法

  1. 当ページの最下段にある「申し込みボタン」をクリックしお申し込みください。
  2. クレジットカードでのお支払を選択された場合は、折り返しセミナー事務局より「お申し込み確認」メールをお送りします。
  3. クレジットカードの決済完了確認後、受講票をお送りいたします。
  4. 銀行振込みでのお支払を選択された場合は、 折り返しセミナー事務局より「お申し込み確認・請求メール」をお送りします。
    (なお、請求メールを請求書として取り扱わせていただきます)
  5. 4.  のメールに明記された振込先に、指定期日までにお振り込みください。
  6. 振り込みを確認後、受講票をお送りいたします。

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部セミナー事務局 宛てにお願いします。

お申込み