イベント・セミナー

アジャイルプロジェクトマネジメント基礎 2月7日(金)開催

PMI日本支部主催 アジャイルPM研修
アジャイルプロジェクトマネジメント基礎

数多くのアジャイル開発プロジェクトでアジャイル・コーチとしてアジャイル導入をガイドし、アジャイル開発現場を熟知した講師(認定スクラムプロフェッショナル)があなたの疑問に答えます。

アジャイルについてこれから学ぼうとされている皆さん、これからアジャイル開発に取り組もうとされている皆さんにお勧めです。

コースの位置づけ

 APMFPosition.JPG

コースのねらい

 アジャイルの基本的な考え方(マインドセット)を正しく理解し、アジャイルプロジェクトの導入を推進できるよう基礎知識を学びます。

 アジャイルの概要とその特徴をわかりやすく解説、さらにアジャイル導入時に気をつけるべきポイントを明らかにします。

コースの学習目標

  • アジャイルの目的を理解する
  • アジャイルの基本的な考え方(マインドセット)を理解する
  • アジャイルの特徴を理解する

プログラム

  1. アジャイルの目的
  2. アジャイルとは何か
  3. アジャイルでのポイント
  4. アジャイルを始めてみよう
  5. Q&A 

 ※ プログラムは一部変更する場合があります

IMG_7398.JPG IMG_7404.JPG

受講者の声

これまでに開催した同コース受講者の方からは、以下のようなコメントをいただいています。

  • 「アジャイル開発をするのならば、まず必要になる、マインドセットを知れた&体感できたのが非常に良かった。」
  • 「アジャイル開発の概要、考え方について理解できました。講師の方の質問への回答もわかりやすくとても参考になりました。これまでの経験で得た考え方、ものの見方を変える必要があることにも気づけ有意義なセミナーでした。」
  • 「アジャイル開発に関する概要を1日コースで理解することが出来るコースであり、大変有意義なものでした。要所要所にてワークショップもあり、座学だけでなく、アジャイルでの進め方を体感できる仕掛けも用意いただき、大変良かったと思います。」
  • 「アジャイル開発の概要について、良く理解できました。」
  • 「基礎知識として理解すべきことが体系的に整理されており、網羅的にわかりやすく解説されたことから、経験のない受講者にとって良い入門講座となりました。」
  • 「多くの気付きがあり、非常に有益な時間を過ごせました。」
  • 「アジャイルを導入するにあたって必要な考え方について学ぶことができた。」
  • 「長年ウオータフォール開発のPM経験してきたので、考え方を変える必要があると認識できました。」
  • 「漠然と思い描いてたものと明らかに違うことが理解できたことが収穫だった。」
  • 「疑問点がでてきても解決しながら進めるので、とても分かりやすく有意義なセミナーになりました。」
  • 「疑問にひとつひとつ丁寧に答えていただいて、理解が深まりました。」

コース概要

主催: PMI日本支部
コース名 アジャイルプロジェクトマネジメント基礎
講師 合同会社 カナタク代表社員 アジャイルコーチ 木村 卓央 氏 
日時: 2020年 2月7日(金)
  9時00分~ 9時30分 受付
  9時30分~18時00分 セミナー
場所

PMI日本支部セミナールーム
 半蔵門線水天宮前駅 徒歩5分
 住所: 東京都中央区日本橋中洲3-15 センタービル3F

会場マップ   PMI日本支部
対象者 プログラムマネジャー、プロジェクトマネジャー、PMOメンバー、プロダクトマネジャー、製品開発担当、ソフトウェア開発担当など
受講の前提条件はありません。
定員 20名
(最少開催人数 6名、 1月24日 時点で最少開催人数に達しない場合は開催を中止いたします。ご了承ください)
受講料

【消費税抜き】 【消費税込み】
(A) PMI 日本支部会員
 早割り
30,100円 33,100円
(A) PMI 日本支部会員
 通常
32,900円 36,190円
(B) 法人スポンサー企業社員
 早割り 
37,100円 40,810円
(B) 法人スポンサー企業社員
 通常 
39,900円 43,890円
(C) 一般
 早割り
53,200円 58,520円
(C) 一般
 通常
56,000円 61,600円
【早期割引料金】は、以下のように受講料のお支払を完了された方に適用いたします。
 クレジットカード支払い: 12月27日(金)00:00 までにカード決済を完了された方
 銀行振込み: 12月26日(木)15:00までに入金確認できた方
PDU

7.0 PDU受講対象 (PDUはEducation 〔Course or Trainingでご登録ください)

T L S 合計
PMP/PgMP® 7.0 0.0 0.0 7.0
PMI_RMP® 0.0 0.0 0.0 0.0
PMI_SP® 0.0 0.0 0.0 0.0
PfMP® 0.0 0.0 0.0 0.0
PMI_ACP® 7.0 0.0 0.0 7.0
PMI_PBA® 7.0 0.0 0.0 7.0

T:Technical 、L:Leadership、S:Strategic&Business Management

事前学習時間 PMI-ACP® 受験に必要となるとなる アジャイル・プラクティス事前学習の対象(最大 7 時間)となります。
ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者には資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大7時間分を取得できます。

講師紹介

木村 卓央 (Takao Kimura )
Kimura.JPG

合同会社カナタク 代表社員 / アジャイルコーチ
 PMP , PMI-ACP
 CSP-SM, CSP-CSPO, CSD
 Certified LeSS Practitioner
 Management3.0 Practitioner
 Certified Scrum@Scale Practitioner

2003年頃にアジャイルに出会い、2004年より様々なアジャイルコミュニティへの参加や、自身でのアジャイルの実践および啓蒙を行ってきた。
2012年よりアジャイルコーチとして、アジャイル・プロセスの導入支援を行っている。
LeSS Study 主宰
アジャイルディスカッション!!主催

(共訳)「FEARLESS CHANGE アジャイルに効くアイデアを組織に広めるための48のパターン」Mary Lynn Manns, Linda Rising 著、丸善出版

(共訳)「大規模スクラム Large-Scale Scrum(LeSS) アジャイルとスクラムを大規模に実装する方法」Craig Larman,Bas Vodde 著、丸善出版

 Mail: kimura.takao@kanataku.com

受講完了報告の提出とPDU受講証明書発行について

  1. 『受講完了報告』は後日Eメールにて事務局からご案内し、Webサイトにアクセスして回答いただく方式(SurveyMonkey 社の電子アンケート方式)としています(同社の電子アンケートはPMI による各種アンケートでも使用されています)。
  2. セミナー終了後、出席いただいた方のみに対して「受講完了報告提出のご案内」をEメールで送付しますので、案内に従って完了報告フォームに必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押してください。
  3. 事務局で提出いただいた受講完了報告を確認した後、PDU受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  4. 受講完了報告のご提出が無い場合、PDU受講証明書は送付されませんのでご注意ください。
  5. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 セミナー終了後2週間経ってもPDUを受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
PDU受講証明書発行ついてのご案内

申し込み方法

  当ページの最下段にある「申し込みボタン」をクリックしお申し込みください。

  1. クレジットカードでのお支払を選択された場合は、折り返しセミナー事務局より「お申し込み確認」メールをお送りします。
  2. クレジットカードの決済完了確認後、受講票をお送りいたします。
  3. 銀行振込みでのお支払を選択された場合は、 折り返しセミナー事務局より「お申し込み確認・請求メール」をお送りします。
    (なお、請求メールを請求書として取り扱わせていただきます)
  4. 「お申込み確認・請求メール」 に明記された振込先に、指定期日までにお振り込みください。
  5. 振り込みを確認後、受講票をお送りいたします。
  6. 一旦ご入金いただいた後のキャンセルは受けかねますので、ご了承ください。(返金いたしません)
  7. 当初予定の方が参加できない場合は、代理の方のご出席をご検討ください。
    代理出席される方の出席者区分が異なり受講料が増額となる場合は、別途差額をご請求させていただきます。ご了承ください。
  8. 1月24日 までに最少開催人数に達しなかった場合は開催を中止し、受講料および振込み手数料を返金いたします。

お問い合わせ先

本セミナーに関する問い合せは  PMI日本支部セミナー事務局 宛てにお願いします。

お申込みはこちら