イベント・セミナー

【リモート開催】デザイン思考基礎 ~優れた顧客経験(CX)を提供する~ 

PMI日本支部主催 
デザイン思考基礎
~優れた顧客経験(CX)を提供する~

皆さま、お待たせいたしました。
新型コロナウィルスの影響により当コースの開催をしばらく見合わせていましたが、Zoomミーティングを使用してリモート開催することにいたしました。
この機会にぜひともご参加ください。

コースの背景

市場が成熟して製品・サービスのコモディティ化が進む中、多くの企業がイノベーションを求めている。

そのための一つの方法論として注目を浴びているのが、「デザイン思考」である。

デザイナーの発想をビジネスの問題解決に活かす思考法は、その流行の立役者となったIDEOの成長と相まって急速な広がりを見せた。

そしていま、製品・サービスに留まらず、組織変革の手法、問題解決の手法、PMにとっても必要不可欠な知識になりつつある。

デザイン思考とは

  • デザイン思考とは、クリエイター、デザイナーなどのアーチストの行動や感性を取り入れた創造的アプローチ
  • 解決すべき課題を自ら定義し、人やサービスの目線で、実現価値を追求するイノベーティブな手法   

デザイン思考が提供する価値

企業にとって:

  • 新事業創出のための革新的アイデア提示に貢献

PMにとって:

  • 問題が大規模複雑化、問題を放置すると負の連鎖に陥る中で対峙する事が問われる中で、人間の行動に着目したアプローチで、適切な解像度のアクションで、問題を放置しない仕掛けが提示できるようになる (問題の分解、根本原因の究明に、デザイン思考の視座が使える)
  • デザイン思考のアプローチは、問題解決そのもののため、プロジェクトの実行管理の全般で非常によくフィットする(現場の深層(本質)に入り込める)

ビジネスアナリストにとって:

  • 顧客の潜在ニーズ獲得の手法として必須のスキル

アジャイルチームにとって:

  • デザイン思考とアジャイルはとても相性が良く、デザイン思考チームが設定したアイデアをバックログに設定し、アジャイルチームが、高速で検証を行う。

コースのねらい

ビジネスをどのように「顧客の時代」に適応させていくべきか、そのためにまず顧客経験とは何か、ビジネスにおいて何故重要か、といった基本となる考え方をご紹介します。

コースの学習目標

  1. 顧客経験に焦点を当てることの意義が理解できる。
  2. 暗黙の前提になっている支配的な現実の見方と、これまで検討してこなかった次元へのパラダイムシフトの各種手法が、体得できる。
  3. パラダイムシフトを起こす上で、個人の意識改革、組織の阻害要因・意識改革の必要性が理解できる。

受講者の声

これまでに開催した同コース受講者の皆さんからは、以下のようなコメントをいただいています。

  • チームでデザイン思考を使うときにどのような考え方を共通で持っておけば良いか、分かりやすく説明していただいた。
  • 知識として非常に参考になりましたし、気づきの多い講座でした。
  • デザイン思考の導入について、本を読んだだけでは学べない知識をグループディスカッションなど体験で学ぶことができて理解が進んだ。
  • 基礎編とはいえ、情報盛りだくさんで有意義な研修でした。多くを学べました。
  • 課題および解決策を考える上で、有効な手段になりえると感じました。

コース概要

主催: PMI日本支部
コース名 デザイン思考基礎 ~優れた顧客経験(CX)を提供する~
講師 株式会社ピーエム・アラインメント 取締役 中谷 英雄 氏
日時: 2020年 12月 9日(水)
  8時50分~ 9時00分  受付(Zoomミーティングの待機室から順次入室していただきます)
  9時00分~18時45分 セミナー(教室開催時よりも休憩時間を多くしています)
場所

Zoomミーティングによる、リモート開催

受講環境

ネットワーク環境: 安定してインターネットに接続できる環境
      (ワークショップでグループワークをしますので安定した環境を準備してください)

ブラウザー: Windows10環境をご使用の場合ブラウザーは Google Chromeまたは最新のEdgeを推奨

ワークショップツール: Google ドキュメント、Google スライド にアクセスできる環境からご参加ください

Zoomアプリ:最新バージョンに更新してご参加ください

対象者 経営者、管理者、プログラム マネジャー、プロジェクトマネジャー、PMOメンバー、
プロダクト マネジャー、製品開発担当、ソフトウェア開発担当
ビジネスアナリスト、コンサルタント、営業担当
定員

20名  (申込受付期間 12月1日まで)

当セミナーは予定どおり開催いたします。

(最少開催人数 6名、 11月25日時点で最少開催人数に達しない場合は開催を中止いたします。ご了承ください)

受講料

【消費税抜き】 【消費税込み】
(A) PMI 日本支部会員
 
32,900円 36,190円
(B) 法人スポンサー企業社員
  
39,900円 43,890円
(C) 一般
 
56,000円 61,600円
PDU

7.0 PDU受講対象 (PDUはEducation 〔Course or Trainingでご登録ください)

T L S 合計
PMP/PgMP® 4.0 1.5 1.5 7.0
PMI_RMP® 0.0 1.5 1.5 3.0
PMI_SP® 0.0 1.5 1.5 3.0
PfMP® 4.0 1.5 1.5 7.0
PMI_ACP® 4.0 1.5 1.5 7.0
PMI_PBA® 4.0 1.5 1.5 7.0

T:Technical 、L:Leadership、S:Strategic&Business Management

ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者には資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大7時間分を取得できます。

プログラム

1.イノベーションの本質論とデザイン思考 (講義と演習) 

2.イノベーションを確実に起こす(講義と演習)

3.ルール、規範を意図的に超えるパラダイムシフト(講義と演習)

4.総合演習 ケーススタディ 

※ プログラムは一部変更する場合があります

講師紹介

中谷 英雄 (なかたに ひでお) 氏
株式会社ピーエム・アラインメント 取締役
nakatani.gif プロフィール:

学習院大理卒、日本ユニシス、三井住友信託銀行を経てピーエム・アラインメント。
PM、イノベーション等のコンサルやコース開発。
JUAS、大手企業向け研修コース研修講師歴。
PMP®、CSM®、CSPO®

Zoomによる受講について

  • 参加いただくには、インターネット接続環境があるパソコン、スマートフォン、タブレット端末等が必要です。
  • 当セミナーはWEB会議システムZoomミーティングを使用して配信します。Zoomアプリは新しいバージョンのものをご使用ください。
  • インターネット回線を利用した通信のためインターネット接続料が発生します。Wi-Fi 環境以外での参加にあたっては、通信料にご注意ください。
  • お申込みにあたっては、事前に http://zoom.us/test からZoomへの接続性を確認するテストをお勧めします。
  • お申込み完了後、Peatixシステムから「イベント視聴ページは、チケット申し込んだ参加者がPeatixにログインした状態でのみアクセスできます」とのコメントが自動で届きますが、これは無視してください。
  • お申込みいただいた皆さまへは、受付締め切り後に、ご記入いただいたメールアドレス宛てに「Zoomミーティング」参加の事前登録要リンクを別途メールにてご案内いたします。

受講時のブラウザーなどについて

  • 当コースではワークショップにオンライン・コラボレーションツールとして Googleドキュメント、Googleスライドを使用いたします。Googleのツールにアクセスできる環境からご参加ください。
  • Windows10環境で参加される場合は、Google Chrome 、新しい(Chromiumエンジンの)Microsoft Edgeなど IE以外のブラウザーをお勧めします。

資料のダウンロードについて

  • セミナー前日に、お申込時にお知らせいただいたメールアドレス宛てに受講者用テキストのダウンロード用URLをお送りします

受講完了報告の提出とPDU受講証明書発行について

  1. セミナー終了5営業日以内に、出席いただいた方には「受講完了報告」の回答サイト(Survery Monkey 社のシステム)ご案内しますので、必要事項をご記入のうえ「完了ボタン」を押して下さい。
  2. 提出いただいた受講完了報告を事務局で確認した後、PDU受講証明書をPDFファイルでお送りします。
  3. 受講完了報告の提出が無い場合、PDU受講証明書は送付されませんのでご注意下さい。
  4. 最近、PMI日本支部からお届けしたメールがしばしば迷惑メールフォルダーに入っているケースが見受けられます。 受講完了報告に回答後2週間経っても受講証明書を受け取れていない場合は、まず迷惑メールフォルダーを確認してください。
受講完了報告提出方式とPDU受講証明書発行方式変更についてのご案内

お申込み

Peatixシステムでのお申込み

  • 申込み・入金はPeatix(イベント管理プラットフォーム)を採用しています。最下段の申込ボタンをクリックしてPeatixのサイトに移ってお申し込みください。
  • なお、お申し込みにあたっては、まず Peatix会員の事前登録 が必要となります。
  • お一人さまにつき一枚のチケットをお申し込みください(お一人で複数枚の申込みはご遠慮ください)。
  • お申し込み完了後、Peatixより確認メールが届きます。その際、QRコードつきチケットが発行されますがこれは使用しません(セミナー参加用リンクとログイン情報は別途メールでご案内します)。

お申込みのメールアドレス

  • メールアドレスは、①Peatixからの申込み時、②Zoomミーティング事前登録の2回入力いただきます。
    その際、2回とも必ず同じ
    メールアドレスを入力いただきますようお願い致します。
  • お申込み完了後の受付確認メールはPeatix登録アドレス宛に届きます。セミナー申込みアドレスと異なる場合はご注意ください。

受講用URLのお届け

  • セミナー開催の数日前に、お申込みの際に記入いただいたEメールアドレス宛に、Zoomミーティングに事前登録するためのURLをお送りします。
    Zoomミーティングに事前登録すると、当日は参加用のリンク情報がメールで送られますので、このURLから参加してください。

お支払い

  • Peatixでは、クレジットカード、コンビニに設置してあるATM等からの入金をお願いいたします。詳細はこちら
  • 請求書払いには対応しておりません。ご不便をおかけしますがご了承ください。
  • コンビニ/ATMを選択された場合の支払期限は申込みから3日以内です。申込後3日以内にお支払いいただけなかった場合は自動的にキャンセル扱いとなります。
  • キャンセルをご希望の場合は、seminar@pmi-japan.org にご連絡いただいた後にpeatix側から返金させていただきます。ただし、コンビニ/ATMから払い込まれた場合、およびクレジット決済されてから50日後以降の返金額は500円の手数料を差し引かれたものとなります。ご了承ください。

領収書

  • クレジットカードの場合は、カード会社から送付される「ご利用明細書」や「引き落とし明細書」を領収書としてご利用ください。
  • また、コンビニに設置してあるATM払いの場合は、コンビニエンスストア店頭で渡される領収書をご利用ください。
  • そのほか、電子的に保持されている領収データは、Peatixから届く確認メールから「領収データ」にアクセスすれば印刷できます。詳しくはこちらをご参照ください。
  • PMI日本支部からは、pdfや紙による領収書は発行できませんのでご了承ください。

お問い合わせ先

本件に関するお問合せは、seminar@pmi-japan.org 宛にお願いいたします。

申込サイト(Peatixサイトへ)