お知らせ

【セミナーレポート】 PMI日本支部主催 Chubu発 第3回セミナー

2012年03月07日

【セミナーレポート】
PMI日本支部主催 Chubu発 第3回セミナー
テーマ:『プロジェクトで使いたいワールド・カフェ』
~マネジャーとして体得したいファシリテーションとコーチング~

 

PMI日本支部主催の中部開催セミナーを平成24年3月3日(土)に、名古屋市中村区にある「中村生涯学習センター」第3集会室において開催致しました。
今回は、株式会社エ・ム・ズの浦野真奈美様を講師にお迎えし、ワールドカフェをプロジェクトマネジメントで活用するためのテクニックやプロジェクト・マネジャーとして必要なコミュニケーションスキルについて、受講者参加型の演習を通してお話しいただきました。
 

受講者参加型セミナー

今回のセミナーは中部地方での3回目となりますが、前回までと異なり、初めて受講者参加型の方式で開催しました。
受講者は12名と少人数で、ほとんどの方が初対面ということもあり、やや緊張した雰囲気で始まりましたが、自己紹介を兼ねたアイスブレイクやワールド・カフェを通して受講者同士や講師の浦野様とも次第に打ち解けていきました。
お菓子やシュークリーム、コーヒーなどを飲食しながら、和んだ雰囲気の中で意見交換が進み、新しいつながりができたことと思います。
そのため、定番の「ネットワーキング」は敢えて行う必要もなく、最終的には大盛況裏に終了しました。
 chubu_1.JPG chubu_2.JPG chubu_3.JPG
セミナー実施風景
セミナー実施風景
セミナー実施中のひととき

 

講演概要

 浦野様には、途中で15分の休憩をはさみ、計3時間の密度の濃い講演を行っていただきました。
 前半は、「語り合おう!ワールド・カフェ」と題し、ワールド・カフェがビジネス分野だけでなく、NPOや教育などさまざまで分野で普及することになった背景や、ワールド・カフェを進行する際の留意点をお話しいただいた後、受講者全員が3つのグループに分かれて実際にワールド・カフェを体験演習しました。
 ワールド・カフェは「感じる会議」という呼び名もあるそうで、自由な雰囲気な中での真剣な話し合いを通して、新たな「気づき」を得ることができました。

 後半は、「マネジャーのためのコミュニケーションスキル」というテーマで、コーチングスキルである「傾聴」、「承認」、「質問」について、職場でコミュニケーションをとる際の注意すべきポイントを説明いただきました。特に「承認」に関連した事例では、具体的な実践講義を通して、人の褒め型には3種類(結果型、プロセス型、工夫型)あり、相手の特性に合わせて褒めないと、相手は褒められたと自覚しないということを教えていただきました。

アンケート結果

 多くの皆様からアンケートを頂戴しました。ご協力ありがとうございました。
 今回のセミナーに関しては、「講演内容がわかり易く、また、職場で即実践できる手法のレクチャを受けることができ、非常に良かった」という意見を多数頂戴しました。また、「体験型のセミナーは他の受講者との親交を深めることができて有益だ」という意見もありました。

セミナースタッフより一言

● 受講者が少なめで不安でしたが、逆に全員が発言する機会を持て、受講者参加型のセミナーとしてはむしろ良かったように思います。
● 講師の浦野様は学生を相手にも講義されているとのことで、盛り上げ上手だったと思います。また、説明も非常にわかり易かったです。
● ワールド・カフェは初体験でした。途中でグループを変わりながら意見交換していくので、カフェオーナーと呼ばれるグループリーダーのコーディネート力が重要に感じました。
 
space.JPG     【2012年3月3日 セミナーデータ】
 講演出席者:12名
 関 係 者   : 7名
         計  19名  

*****************************************************************

【レポート by 中部地域サービス委員会 セミナー企画WG & PMI 日本支部事務局】