お知らせ

ケース・メソッド意見交換会を開催しました

2013年07月01日

「ケース・メソッドによるPM人材育成」について意見交換会を開催しました。

PMI 日本支部事務局 

概要

ケース・メソッド、ケース・スタディ等を使いPM育成を実施している企業のご担当から

 ・他社での実施状況について知りたい。

 ・現在抱えている課題、問題について意見交換をしたい。

などの希望が事務局によせられていました。

これらの希望に添うべく、ケース・メソッド担当者意見交換会を 5月30日(木)PMI日本支部にて開催しました。

当日はケース・メソッド、ケース・スタディ等の教育プログラムで PM人材育成を実施している企業の教育プログラム推進者7社/14名の参加のもとに

 ・各社の実施状況の紹介

 ・現在抱えている課題、問題についての発表

 ・今後やりたいこと、希望等に関する意見交換

を行いました。

PM人材育成担当から見た、PM自身が持つ課題

参加された人材育成担当の皆さんから、PMが持つ課題として以下のような点があげられました。

・PM自身の持つ責任、役割の理解がまだまだ不十分

・全体を鳥瞰したものの見方ができるPMが育たない

・折衝力、交渉力が弱い

・対応がその場しのぎで状況に合わせた柔軟な考え方が不足している

参加者の所感

また、参加者の皆さんから、以下のようなご感想をいただきました。

・多くの企業が同様の問題で苦労しているのが分かった。

・この種の会合は今までなかったもので目からウロコの情報をたくさん得ることができた、きわめて有効である。

・先進企業におけるPMのキャリアパスについて、考え方を知ることができた。


今後も同様な意見交換会や、ケース・メソッドによる研修後のアンケート結果などから、関係者や受講者のご意見を収集し、より良いケース・メソッドへと発展させていきます。

ケース・メソッドやケース・メソッドによるPM人材育成研修の実施についてのお問い合わせは、PMI日本支部事務局 へEメールでお願いいたします。

CaseMethod_0530s.jpg
意見交換会の様子