お知らせ

AP LIM 2013 に参加して

2013年07月26日

 

7月12日-14日の3日間シンガポールで開催された、PMIのAP LIM (Asia Pacific Leadership Institute Meeting) に参加しましたので、その概要をご報告します。

PMI日本支部 事務局長 田坂 真一

概要

PMIのAP LIM(Asia Pacific Leadership Institute Meeting)が7月12日-14日の3日間シンガポールで開催されました。

PMIではアジアは4つの地域(リージョン)に分かれてグループ活動しており、日本が所属する北東アジア(No.9)、オセアニア(No.10)、西アジア(No.11)そして東南アジア(No.15)となっています。AP LIMではこれらの4つの地域に展開する支部の運営責任者が一堂に会して、各国支部の現状や抱える課題、今後の方向性について、意見交換やディスカッションを通じ、ベスト・プラクティスを見つけ出す活動を実施しました。

今回のAP LIMのホスト支部はシンガポール支部で、所属するNo.15地域における中心的な活動をしている支部です。西はパキスタン、南はニュージーランド、北はモンゴルという、とても広大な範囲にある19カ国 32支部から129人の運営責任者が参加しました。

LIMのプログラムは、2つのキーノート講演や、チームに分かれて支部で起こりうると想定された課題についてディスカッションし、ベスト・プラクティスを見いだす活動などで構成されています。

セッション終了後は、全員参加の交流会が2日間開催され、各支部責任者間での交流が活発かつ効率的に促進され、お互いに知見をさらに広めることができました。

キーノート講演

キーノートでは両親の仕事の関係で幼少時代から各国を渡り歩きながら教育を受けられたAvinash Chandarana氏の「The Crossroads Culture」と、シンガポール人で最初にエベレスト登頂成功者のDavid Lim氏による「Lessons from Everest: Principles of Success in Extreme Conditions」についての講演があり、お二人とも大変な迫力とプロジェクトの大変さ重要性を再認識することができました。

今回のキーノート講演そのものではありませんが、ご両名の関連サイトを下記に記載しておきます。
Chandarana氏のサイト-> http://www.slideshare.net/prturner/avinash-chandaranacrossroads-of-culture-cesse-2011
Lim氏のサイト -> http://www.everestmotivation.com/?page_id=6

分科会

最初の2日間は全地域合同のプログラムでしたが、3日目は各国支部が所属する地域の分科会で、日本は所属するNo.9地域の分科会に出席し、韓国、台湾、香港、モンゴルの各支部とPMIチャイナとの合同分科会となりました。なぜチャイナ支部でなくPMIチャイナなのかですが、中国ではNPO団体の支部の設立が認められないこともり、PMIそのものが北京を中心に拠点を構えてPMIチャイナとして積極的な活動を進める形をとっています。1998年設立で今年15周年を迎えるPMI日本支部のお膝元である日本のPMP資格者3万人に対し、2008年設立で5年目のPMIチャイナでは既に6万人超のPMP資格者を有しており、中国のすさまじい勢いを垣間見ることができます。

3日目の地域に分かれた分科会では、各国支部との協業イベントや、各国に駐在するプロジェクト関係者たちへの情報提供を支部相互のホームページ上でできないかなど、PMIの特徴である国をまたがったサービス、クロス・カントリー、クロス・カルチャー、マルチ言語環境での所属国人へのサービス向上活動について話し合いを持ち、一歩一歩進めて行こうということになりました。

雑感

最後に、シンガポールでの活動中、日本では大変な猛暑が続いていたと聞いていますが、確かにシンガポールの方が気温も相対的に低く(31℃当たり)過ごしやすく、いや会場内は寒いくらいで、長袖シャツを持参していて助かりました。日本の方が気温が高いと言うと確かに、現地の人はビックリしていました。シンガポールに関する私見ですが、香港は非常に活発でいつもガサガサ動いて「ヤンチャな社会(物騒ということではありません、飾らない動きと行ったほうが良いかもしれません)」という印象を強く持っていますが、同じように活発ですが比較するとシンガポールは「落ち着いた大人の社会」のような印象です。

いずれにしても、両国とも、日頃からプロジェクトマネジメントでの実績を培っていいれば日本のプロジェクト・マネジャーが仕事に恵まれる機会は非常に多いと思われますし、これからの日本の良き手本になれる社会ではないかと思います。

AP LIM 2013 の様子

LIM1.jpg LIM2.jpg
シンガポール支部プレジデントからAP LIM開催の挨拶 #1 シンガポール支部プレジデントからAP LIM開催の挨拶 #2
LIM3.jpg LIM4.jpg
集合ワークショップ #1 集合ワークショップ #2
LIM5.jpg LIM6.jpg
Chandarana氏によるキーノート #1 Chandarana氏によるキーノート #2
LIM7.jpg LIM8.jpg
キーノート中のLim氏 どのルートで登頂するのか、いろいろ検討準備すべきことが…
LIM9.jpg R9(北東アジア地域)所属各支部集合写真

お問い合わせ先 

 グローバルPMスタディ・グループについてのお問い合わせは、PMI日本支部事務局 へEメールでお願いいたします。