お知らせ

海外出張レポート PMI Leadership Institute Meeting 2013 North America

2013年12月17日

 去る10月24日から26日(北米日付)でPMI Leadership Institute Meeting (LIM)2013 – North Americaが米国ルイジアナ州ニューオリンズで開催され、参加いたしました。

PMI日本支部 副会長 奥澤 薫

会場・施設

 ロスアンゼルスからニューオリンズへの航空便の乗継で、入国・税関・セキュリティに手間取って乗継便に乗り遅れ、なんとユタ州ソルトレイク経由で遠回りしてニューオリンズに行くことになり、これからのLIMに不安を抱えての参加になりました。
 宿泊ホテルは開催場所のコンベンションセンターの目の前とのことでしたが、なんとコンベンションセンターは東京駅の3倍の1,000メートルを超える長さがある巨大施設で、ホテルと会場は施設の両端に位置するため、毎朝1,000メートルほど歩いて会場に通うことになりました。運動不足の改善には少し良かったかも知れません。

LIM

 初日の24日は、Opening Session, PMI幹部と対話するLeader to Leader、Keynote Speechがあり、巨大な会場に1,000人近い会員が一堂に会する壮大で活気に満ちたものでした。夕方には、Receptionがあり、デキシーランド・ジャズの演奏の中で、参加者が和気あいあいと国籍を問わずNetworkを広げる貴重な機会を得られる場でした。

 Keynote Speechの後は、いくつかに分かれてMarketing, Governance and Operations, Membership, Professional Development, Leadership,コミュニティの活動報告、などのセッションに参加しました。各セッションでは、講演だけではなく小さなワークショップが組み込まれており、参加者の活発な発言に、さすが北米だなとの感想を持ちました。

 25日の夕方にはPMI Community Awards and Leadership Institute Master Class のCeremonyとReceptionが開催され、最終日にはClosing Speechと夕方にPMI Professional Awards Ceremonyが開催されました。Ceremonyの会場はテレビなどでよく見る米国大統領選挙候補の大会を彷彿とさせる大きさで、Ceremonyの進行はminiアカデミー賞授賞式といった感じで、米国らしいなと感心しました。

 参加者の顔ぶれは北米と南米の人たちが大半で、オーストラリアやニュージーランド、あとはインドの方々も来ていました。日本からは私も含めて4名でしたが、他の東アジア地区からの参加者はほとんど見かけませんでした。あの中国からほとんど参加者が居なかったのは驚きでした。

 PMIは会員にいかに価値を提供していくかにフォーカスして活動が組み立てられており、プロジェクトからプログラム/ポートフォリオ、アジャイルや複雑性などの新たな領域が成果を出しつつあることを見たように思います。

LIM_OKUZAWA_01.jpg2013年度 グローバルのPMI会員、PMP®資格者の分布

LIM_OKUZAWA_02.jpg リーダー・シップはキー

LIM_OKUZAWA_03.jpg会場の外観(一部)

 各国の支部所属理事など支部運営者による年次情報交換会。さまざまな領域でいかにPMIの活動を共有し発展させて行こうとしている気迫を実感し、「自分も頑張らねば! 」と、強い刺激を受けた2日半でした。