お知らせ

2018年度 月例セミナー 「皆勤賞」の方々を表彰しました!

2018年12月26日

 PMI日本支部では、セミナー・プログラムが企画・実施する月例セミナーを2018年度も計8回開催しました。

 延べ920余名の方々に参加いただきましたが、8回の全てに参加して下さった方が11名おいででした。
 お忙しい業務を抱える中での「皆勤」。ありがとうございました。

 これを受けて、12月13日(木)に開催した2018年最後の月例セミナーの席上で、「皆勤賞」を表彰させていただきました。
 「皆勤賞」の皆さまには記念品のほか、2019年度の月例セミナーを1回無料(3年連続の方には3回無料)で受講いただける特典を差し上げました

「皆勤賞」を受賞された方々

 

湊武尋様(前列中央)は3年連続の表彰となりました。

2018年度_皆勤賞受賞者.JPG

2018年度 月例セミナー

 1月度 サントリーのDNA "やってみなはれ" ~なぜ生き残ったか~
 2月度 創業してから15年間で学んだ大切なこと
 3月度 人材育成のプロフェッショナル集団が挑むRPA事業創出
 4月度 抵抗勢力との向き合い方
 5月度 部下を伸ばし、自らも成長する働き方改革
 6月度 リーダー、管理職向けの情報セキュリティ・マネジメント
 9月度 宇宙ステーションにかけた夢
 12月度 心のスイッチが入ればチームは変わる ~改革に学ぶリーダー

受賞された方からの一言

【宮本 謙一 様】

 「皆勤賞」を受賞でき、とても嬉しく思います。昨年はあと1回というところで逃してしまったので“今年こそは”と思っていました。ありがとうございます。
 私はIT業界で働いていますが、月例セミナーでは毎回違う業種の方々が講師に立たれるので、他業種のお仕事の内容や、苦労されてきたご経験を伺うことができ、普通では知ることができない、教科書にない知識を得ることができるセミナーだと思い、毎回とても楽しく受講させていただいております。 特に、セミナー後の交流会では、講師の方々のご経験談を直接伺える貴重な機会として、他の参加者の方と交流する機会として、楽しく参加させていただきました。
 運営スタッフの皆様、いつもありがとうございます。色々とご苦労があるかと思いますが、今後も期待しています。また来年もよろしくお願いいたします。
 

【湊 武尋 様】

 私は2016年の1月から受講させていただいております。
 受講開始当初から思っていた「異業種の方々の知見や自分と異なる角度の価値感に触れたい」という思いから、気がつけば早三年。 今年も様々な業界でのテーマ、異なる角度の軸で開催され、自分の成長を促していただけました。
 この一年を通し、講演を通じてお知り合いになれた方々が徐々に増えたなぁ、と感じています。
 講演後に「今日の○○はどうだった?」、「これって現場に落とすとどうなる?」などと、 話題が熱いうちに一段突っ込んだ議論ができるようになりました。これは「月例セミナー」の特性が生み出す価値の一つであり、私には更に貴重な場になったと感じています。
 今後も様々なお話を聞ける場として、受講を続けさせていただきたいと思います。
 

【立山 修 様】

 今までセミナーは、聴いても意味がない、時間がもったいないというものが多いのが実状でした。 また、月例セミナーの受講を始めたきっかけもPDUのポイントを取得するために仕方なくのことでした。
 しかし、実際にセミナーを聴講するにつれて、講師の方々の苦労体験談、その道の情報を得ることができ、「次回は何がテーマなのか」、「どんなことを聴けるのか」など、前のめりになっている自分になっていました。
 次年度も皆勤賞を目指して受講したいと思っていますので、よろしくお願いいたします。
 

【野本 寛信 様】

 当時の職場の推奨でPMPを取得した経緯もあり、当初は専ら社内で学習しておりましたが、その後に異動したこともあり、今では主にPMI日本支部のセミナーでPDUを獲得しています。
 PMI月例セミナーは内容が多彩なので、プロジェクトマネジメントが単なる技術論ではないことに気づかされます。特に「有期性」、「独自性」という部分でプロジェクトは人生と共通している様に感じます。
 これからもPMIのセミナーに参加させていただくことで、PMと人生について学んでいければと思います。
 今後とも宜しくお願いいたします。

 

【小竹 祐太郎 様】

 「デジタル変革時代において、プロジェクト・マネジャーやPMOは進化が必要!」それを月例セミナーに継続参加することで実感しています。
 毎回異なるテーマで開催されるため、新たな気づきがあります。 起業家や学校経営に携わる方などバラエティーに富んだ講師の方々がご登壇され、普段では接点のない業界でのノウハウや苦労話も伺え、定期的に自分自身の「視座を見つめ直す機会」となっています。
 運営スタッフの皆様、このような機会をつくっていただき心より感謝申し上げます。
 2016年から参加をはじめ皆勤賞の受賞は2度目となりますが、これからも参加させていただきたく、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 「皆勤賞」を受賞された皆さま、おめでとうございます。また、お仕事やプライベートでお忙しい中、日程を調整いただき本当にありがとうございました。
 皆さまがセミナーに参加して下さることが、企画・運営するセミナー・プログラム(ボランティア・スタッフ)の励みになります。
 これからも、皆さまからのご期待にそうべく、より充実したセミナーの開催に努めてまいりますので、よろしくお願い致します。

 なお、セミナー・プログラムの活動にご興味のある方、定例会へのオブザーバー参加をお考えの方は、こちら を参照ください。 

PMI日本支部 セミナー・プログラム、事務局