お知らせ

12月16日から改訂されるPMP®試験内容の概要がリリースされました

2019年06月29日

12月16日から改訂されるPMP®試験内容の概要がリリースされました。

1.人(People)、プロセス(Process)、ビジネス環境(Business Environment) の3つのドメイン構成に変更されました。

2. 上記ドメインで、予測型プロジェクトマネジメント・アプローチについて約50%、アジャイル型・ハイブリッド型アプローチについて約50%が出題されます。

詳細については

PMI本部Webサイトの案内

および

新しい試験内容概要(Examination Content Outline)

をご覧ください。

PMP®試験が12月に変更されます。

プロジェクトマネジメントは新しい方向に向かって発展し続けていますが、PMP認定を持つリーダーは、このエキサイティングな進化の最前線に立って、プロジェクトの成果を各プロジェクトごとに最適なアプローチでデリバリーできるよう、さまざまスキルセットを身に付けています。

何が変更されるのですか?

PMPはプロジェクトマネジメントと同じように進化しており、新しい試験は3つの新しいドメインに焦点を当てています。

  1. :プロジェクト・チームを効果的にリードするためのスキルと活動にウェイトを置く
  2. プロセス:プロジェクトマネジメントにおける技術的側面を強化する
  3. ビジネス環境:プロジェクトと組織戦略の繋がりを明確にする

予測型、アジャイル型、ハイブリッド型アプローチを含む範囲の内容が、3つのテスト・ドメイン全体にわたって組み込まれます。試験に含まれる内容を理解する最良の方法は、更新された試験内容の概要を確認することです。

PMP試験が変更されるのはなぜですか?

PMIは、3 - 5年ごとに、プロジェクトマネジメントの職業がどのように発展したか、新しい傾向の影響は何か、プロジェクト・マネジャーの責任がどのように変化したのかを理解するための調査を行っています。前回の調査は2015年に実施され、その結果を受けて、現在のPMP®試験内容の概要(Exam Content Outline)が作成されました。

世界のトップクラス組織に所属する当該分野専門家(SME)がPMIに協力して、現在、今後のPMPがあるべき姿を定義しています。この取り組みが続く中で、PMP認定取得を考えていたり、すぐに受験できるよう準備をしているかなどに関わらず、PMIは最新情報を共有するようにいたします。

新しい PMP®試験内容の概要(Examination Content Outline)が、2019 年 12 月 16 日以降の PMP 試験内容のフレームワークを規定しています。

2019年12月15日が、現在の試験内容で受験できる最後の日です。

PMP認定取得までの予定に応じて、次の点に注意してください。

  • 試験は早めにスケジュールしてください。これにより、スケジュールになるべく沿った日付と場所が選択できます。ほとんどの受験者は試験日を3ヶ月前に予約します。
  • 速やかに試験料の支払いを行ってください。試験料支払い後でないと、受験日の予約はできません。
  • 十分な余裕を持ってスケジュールをしてください。PMP タイムラインに沿って認定を受けることができるか確認してください。
    • 受験申請を記入開始すると、90 日以内に申請を提出する必要があります。
    • 申請の承認日から1年以内に試験に合格する必要があります。複数回の受験が必要となる場合もありますので、受験可能期間が終わるまで (申請が承認されてから 1 年後) に再受験ができるだけの十分な時間を確保してください。