お知らせ

CAPM® 試験の変更についてのお知らせ

2019年08月15日

2019年8月28日から、CAPM® 試験の受験条件が変更されます

現在PMIは、CAPM® 試験の受験条件として以下の①と②の両方を求めています。
 ① 高校卒業以上の資格または、それに同等にあたる資格の保有
 ② 以下のどちらか一つ
 (1)プロジェクト・チームでの1,500時間以上の経験
 (2)23時間のプロジェクトマネジメントの公式研修の受講

 2019年8月28日からは、②のうちの(1)の選択肢が廃止されます。

2019年8月28日から、CAPM®資格保有者がPMP®試験を受験する際の条件が緩和されます

 2019年8月28日から、CAPM® 資格保有者がPMP® 試験を受験する際、今まで条件であった「35時間のプロジェクトマネジメント公式研修」が免除されます。

2019年9月からCAPM®試験の問題形式が一部変更になります

 問題の一部が下記の2つの形式で出題されます。

  1. マッチング問題:受験者はリストを2つ見せられ、1つのリスト内の項目ともう一つのリスト内の項目とを対応させることが求められます。
  2. 複数の正解をもつ複数選択問題:現在の設問はすべて、正解は一つしかない四肢択一式です。新しい問題形式では、指定された数の正解を選んで解答することが求められます。

詳しくは、以下のページをご参照ください。

https://www.pmi.org/update-center/certification-changes/capm