お知らせ

PMP®試験に10分間の休憩時間が組み込まれました

2020年04月20日

PMI本部Webサイトの発表記事

  New! Built-In 10-Minute Break During PMP Exam

発表記事の日本語訳(PMI日本支部事務局)

OPT(日本は対象外)およびセンターベースのPMP®認定試験に、10分間の休憩時間が組み込まれました。

PMIは、4時間の試験中に受験者がトイレを使用したり他のニーズに対応したりできるように、休憩時間を追加しました。

休憩時間は、以下のよう組み込まれます。

  • 試験が2つのパートに分けられました。受験者が試験の最初のパートを終え、回答を確認して提出すると、休憩時間が始まります。
  • 休憩は必須ではありません。受験者は最大10分間の休憩を取るか、あるいは、最初のパートを提出した直後に試験の2番目のパートに進むかを選択することができます。
  • 休憩時間中、受験者は部屋を出ることができますが、休憩が始まると、試験の最初のパートにある質問には再度アクセスすることはできません。
  • 受験者は自分の休憩時間の状況を常に把握しておく必要があります。最大の10分間が終了しても試験に戻らない場合、試験セッションは終了します。
  • 休憩時間の終わりに、受験者は監督者によるチェックイン手続きを受け、試験の2番目と最後のパートを終了します。

受験者の受験戦略に影響を与える可能性があるため、この情報を関係される皆さんと共有していただくようお願いいたします。

お問い合わせ先

PMP®認定試験についてのお問い合わせは、PMIアジアパシフィックサービスセンター カスタマーケア担当 宛てにお願いいたします。