トピックス

【活動報告 2018年2月度 中部ブランチ地域ソーシャルマネジメント】

【活動報告 2018年2月 中部ブランチ地域ソーシャルマネジメント】

テーマ: とよたおいでん・さんそんセンター主催の「スモールビジネス研究会」訪問

実施日時: 2018年2月20日(火)

はじめに

 当研究会では、「実践」の場として、豊田市に紹介いただいた「まちとむらをつなぐ」おいでん・さんそんセンターの活動の一つである廃校活用プロジェクト「つくラッセル」への訪問を開始しました。 今回(2月20日)つくラッセルで行われた「スモールビジネス研究会」に出席し住民の皆さんの生の声を聞けたことで、今後の中部ブランチ地域ソーシャルマネジメント研究会の活動のヒントを見つけることができました。
 なお、前回は大寒波の中での訪問でしたが、今回は暖かく4月オープンに向けて改装工事も急ピッチで進んでいました。

  【参考:スモールビジネス研究会とは】

 農的暮らしをベースにしながら暮らしの糧を得るための多様な仕事を「地域スモールビジネス」として、各地区の有志が研究会を運営しています。
 おいでん・さんそんセンターの活動に関わってきた中核メンバーで活動コンセプトを設定し、このコンセプトに賛同してもらえる方を口コミで募り、回数を重ねる中でメンバーを増やすプロセス重視型の研究会です。
農山村での暮らしをベースに、組み立てることのできる範囲の小さなビジネスで、分野を専門特化して拡大していく方向とは逆に、家族構成やライフスタイルや季節に合わせて、必要な暮らしの糧を得るために、むしろ多種類のビジネスを組み合わせた「多業」で生業を立てていくものとしています。
 この「多業」は、農村型便利屋、食とエネルギー、農村型観光、6次産業、農都交流、介護福祉、教育文化、IT技術等の分野に関わるものであったとしても、あくまで農山村での暮らしをベースとした生業であり、本研究会で扱うのは、産業振興や農林業振興ではなく、持続可能な農村づくりという大目的に向けた定住化促進のためのスモールビジネスとしています。

◆ 大目的     :持続可能な農山村づくり
◆ 中心目的    :地域と関わりを持ちながら暮らし続けられる定住の促進
◆ 豊田市の固有目的:都市と農山村の助け合いのしくみづくり

開催概要

日時 2018年2月20日(木)11時~14時30分
場所 豊田市旧筑羽小学校(つくラッセル)
参加者 おいでん・さんそんセンターやつくラッセルの代表、旭地区で活動している住民の皆さん
PMI日本支部中部ブランチ 武内(地域ソーシャルマネジメント研究会)
訪問目的 つくラッセルで開催される「スモールビジネス研究会」に参加して地域活性化に取り組む皆様の生の声を聞き理解し、今後の中部ブランチ地域ソーシャルマネジメント研究会の活動のヒントを見つける。
プログラム 【1. おいでん・さんそんセンターからの連絡事項】 豊田市 市長 太田稔彦  おおた としひこ
  2月4日いなかとまちのくるま座ミーティング2018の結果について
【2. ミライ職業訓練校】
【3. 参加者による活動紹介 全員】
【4.今後の予定】

サマリー

 今回のスモールビジネス研究会は、つくラッセルのある豊田市旭地区の住人、関連するNPOや起業家間のマッチングの場所です。
 よい暮らしをするために地域の特性を生かし何を生業にするのかを、一人ひとりでしっかりした考えを持って活動されていることを感じ取ることができました。

 地域ソーシャルマネジメント研究会では、「実践」の第一弾として、この月次のスモールビジネス研究会の中で、「子供のしあわせにつなげるプロジェクトマネジメント講座」にトライしてみます。

内容

1. おいでん・さんそんセンターからの連絡事項

いなかとまちのくるま座ミーティング2018の結果について

  • 2018年2月4日(日)13時-17時に開催。
  • 約110名程度の参加。うち豊田市は半数。市外からも多数参加。
  • おいでん・さんそんセンターから、今後、移住者受入の進む地域については住民自治を牽引するリーダーの必要性、存続が難しい地域には「上手な集落のたたみ方」が研究テーマであり、見えてきたミライは「生き方が選べる 社会、支えあう社会」である、との話あり

  • 講演者から、社会課題は待つものではなく、つくラッセルのような拠点を活用して積極的に捕まえる活動が重要であるとともに、そのためにも次世代リーダーを早期に育成する必要あり、との話あり。
  • 移住者の中には、たまたま田舎に来ているとか、田舎に対するある種のロマン的なニュアンスを抱いている方もいるため、センターは価値観のギャップを埋める役割を持つことも考えてほしい。

  • くるま座を通して、「大人が幸せな姿を子供に見せることが子供の幸せにつながる」という言葉が非常に印象的であった。

2. ミライ職業訓練校

  • 学び方を学ぶ学校。
  • 三期で6名。そのうち半分は田舎暮らし。
  • 拠点はつくラッセルとまち。
  • 2018年度訓練生および運営者を募集中。ここのメンバーと一緒に運営できるとうれしい。
  • 雇われるわけでもなく起業でもない仕事を見つけ習得する。
  • 重要なことは、地域から信頼され仲間を作り役割分担して稼ぐ。
  • そのための稼ぎのネタ作り。これをどのように伝えるのか、お互いに気持ちよく進められるよう何をしたらよいのか。

3. 参加者による活動紹介(頭に残ったこと)

○ Aさん

  • この地区に移住して8年。
  • 人との交流を大切にしてずっと暮らしていきたい。 そのために今は何にでも取り組んでいる
  • 全方位で進めてきたので、状況がわからなくなってきた。来年度は企画、講座をしっかりやりたい。
○ Bさん
  • 楽しく稲武地区を紹介するため、「稲武妖怪双六」を作成。
  • 大きな反響あり。他の自治体からも引き合いあり。
Cさん
  • つくラッセルのテレワーク利用者(起業、学校含む)を募集中。
  • 最近、「デジタルアーカイブ」ビジネスに注目している。 つくラッセルを社史の編集・作成、また資料の保管庫としての活用を考えている

○ Dさん
  • 筑波地区に移住。いなか暮らしにたいへん興味あり。
  • これからやりたいことを考え取り組んでいく。
○ Eさん
  • 豊根村の特性を生かし、旭地区の皆様の活動と同じような活動をしている。
○ Fさん
  • 造園・エクステリアの経験を生かしてもうすぐ起業予定。
○ Gさん
  • 川に興味あり。特にいなかやまちの至るところに流れている小さな川の有効活用。
○ Hさん
  • 農家民宿を運営。中年を対象にした合コン等のイベント企画もあり。
  • 自分たちの取り組みを発表できる場がほしい。
○ Iさん
  • 旭地区を中心にして写真家、ヨガの指導員として活動している。
  • 子供を中心した家族の写真撮影の依頼が多いが、最近は遺影撮影の依頼も多い。仕事をしている何げない姿を撮ることに意義を感じている。重要なのはこの地域に住み、お互いの息を感じて、あんうんの呼吸で通じ合うこと。
○ Jさん
  • 岐阜市役所から官民交流の一環で、企業で仕事をしている。
  • つくラッセルでは、テレワークの技術支援と活用促進を行っている。
○ Kさん
  • 矢作新報で記事を書いている。最近は地域の職人を取り上げた。
  • このような地域の新聞は重要な役割を果たしており、今後も盛り上げたい。購読者を募集中。無料購読期間あり。
  • この談話室の薪ストーブなどを扱っている。
○ Lさん
  • おいでん・さんそんセンターでの取り組みを紹介する記事なども書いている。
○ Mさん
  • 音響を中心に色々なことを手掛けている。
○ Nさん
  • つくラッセルの2階の工房を活用している。
○ 武内(PMIJ中部ブランチ地域ソーシャルマネジメント研究会)
  • 豊田市から「つくラッセル」を紹介いただいた。
  • あくまでボランティア活動だが、地域活性化活動をしている皆さまにプロジェクトマネジメントで貢献したいと考えている。
  • 小学校の夏休みの宿題プロジェクトを題材にしてプロジェクトマネジメントの一例を紹介した。

4. 今後の予定

  • 4月15日(日)10時につくラッセルがオープニング予定のため、是非とも多くの方に出席していただきたい。
  • 次回スモールビジネス研究会は3月23日(金)11時-14時30分。

3月の活動

 ① スモールビジネス研究会への参画
   3月23日(金) 11:00~14:30

 ① 中部ブランチ地域ソーシャルマネジメント研究会
   3月26日(月) 21:00~22:00

今後の中部ブランチ活動について

 中部ブランチでは今後も引き続き、セミナーなどの開催を通じて、中部地域のPMI日本支部会員、PMP®認定資格者をはじめとする、プロジェクトマネジメントに関心を持たれている皆さまへのサービスをご提供して参りますのでご期待ください。
 また、中部ブランチでは 「地域ソーシャルマネジメント研究会」 を毎月開催しています。プロジェクトマネジメントを通して地域の課題解決に取り組み、地域社会の発展と、住民の皆さんをより幸せにする夢に向かって活動を続けています。一緒に活動していただける仲間を募集中です。奮ってご参加ください。

 詳細についてのお問い合わせは PMI日本支部事務局 info@pmi-japan.org へお願いいたします。

 PMI日本支部中部イベント開催一覧はこちら

 

photo_1.jpeg

少し暖かくなった2月のつくラッセル校舎外観

 

photo_2.jpeg

スモール研究会:談話室での意見交換風景

 

photo_3.jpeg

スモール研究会:床に置いた資料を使っての説明風景

 

photo_4.jpeg

スモール研究会:床に置いた資料