トピックス

【2012年 早稲田大学】 早稲田大学における実践的IT科目 -疑似プロジェクトベース教育とチーム構成-

概要 

早稲田大学基幹理工学部情報理工学科では産官と連携し、情報システムの企画や 開発における技法、コミュニケーションに代表される社会人基礎力、さらにはプ ロジェクトマネジメントの能力を、チームによる疑似プロジェクト演習を通じて 習得する実践的講座を複数実施している。本講演では、アンケート回答や講座実 施中の観察結果に基づき、演習・講義の進め方やチーム構成等の教育上の工夫、 および、教育効果を説明する。

講演者プロフィール

2012J-4washizaki.jpg

鷲崎 弘宜(わしざき ひろのり)

早稲田大学理工学術院准教授、同大学グローバルソフトウェアエンジニアリング

研究所所長、国立情報研究所客員准教授。

再利用と品質保証を中心としたソフトウェア工学の研究、教育に従事。

情報処理学会代表会員、情報規格調査会 SC7/WG20主査、日本科学技術連盟研究会副委員長、IEEE CS Japan Chapter Treasurer, 電子情報通信学会SIGSS幹事ほか。

著書に 『ソフトウェア品質知識体系ガイドSQuBOK』 『初級ソフトウェア品質技術者資格試験(JCSQE) 問題と解説』 『AspectJによるアスペクト指向プログラミング入門』ほか。

訳書に 『演習で学ぶソフトウェアメトリクス入門』 ほか。

講演資料 

 【2012年 早稲田大学】 早稲田大学における実践的IT科目 - 疑似プロジェクトベース教育とチーム構成 -