トピックス

【2012年 慶應SDM】 プロジェクトリーダーを育成する慶應SDMの挑戦

概要 

「木を見て森も見る」。プロジェクトリーダーに必要なのは、1本ずつの木を見極めながら、高度で複雑な森全体のバランスをつかみ、問題を可視化し、多視点で解決していく力である。我々が推進する「システムデザイン・マネジメント学(SDM)」は、従来の文系・理系の枠を超え、システム思考、デザイン思考、マネジメント思考の組み合わせによって、複雑な問題から価値を生みだす「協創力」を育む学問である。社会のあらゆる問題を対象に、大きな構想を描き課題解決に挑むリーダーたちを育てたい。慶應義塾の新たな人材育成への挑戦を紹介する。

講演者プロフィール

2012J-5_Toma.jpg

当麻 哲哉(とうまてつや)
慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科准教授

Project Management Professional(米国PMI認定)

1963年 東京生まれ、1988年 慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程修了、同年住友スリーエム株式会社へ入社。2001年 住友スリーエムを退社、米国3M本社へ転籍。2007年 米国3M退社、帰国後、科学技術振興機構ERATO-SORST小池フォトニクスポリマープロジェクト研究員を経て、2008年 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 准教授、現在に至る。

2010年よりPMI日本支部理事(教育担当)、および慶應義塾大学フォトニクス・リサーチ・インスティテュート副所長を兼務。

講演資料 

 【2012年 慶應SDM】 プロジェクトリーダーを育成する慶應SDMの挑戦