トピックス

【2014年 中央大学】 文科系教育におけるIT人材育成

概要 

情報技術(Information Technology, 以下ITとする)はもともと情報工学から発展 した学問領域でありそもそもは理科系の分野として取り扱わることが多かった.しかし ITがコモディティ化した昨今では,ユーザがITをいかにして効果的に活用するかに焦 点が移り,その結果としてITは,より学際的な領域へとシフトしている.一方で,以前 よりいわゆる「文系SE」と呼ばれるIT技術者も社会では多く活躍しており,大学教育と のミスマッチも古くから指摘されていた. 講演者は企業人としての経験を活かして数年前から大学でIT人材教育に関わってきて いたが,2013年度より中央大学文学部社会情報学専攻に専任教員として異動し,主と して文科系学生を対象としたIT関連教育に携わり始めた.本講演では,文科系学生を 対象としたIT人材育成のための教育に焦点を当て,講演者らが現在取り組んでいる教 育の概要を紹介するとともに,その課題や効果,工夫や問題点,産学連携教育の担当や 企業への勤務経験を踏まえたうえで実施している講義の特長や,学生の反応の特徴的な ものといったトピックについて触れる.

講演者プロフィール

2014f9_iiojun.jpg

飯尾 淳

中央大学 文学部 社会情報学専攻 教授

2014年 中央大学 文学部 教授
2013年~2014年 中央大学 文学部 准教授
2012年~ 拓殖大学 工学部 非常勤講師(兼務)
2009年~ 東京農工大学 国際センター 客員准教授(兼務)
1994年~2013年 同社にて情報技術関連の調査研究プロジェクトに従事
1994 年 株式会社三菱総合研究所入社

大阪大学大学院基礎工学研究科博士後期課程単位取得退学、
博士(工学)、技術士(情報工学部門)、HCD-Net 認定 HCD専門家

講演資料 

【2014年 中央大学】 文科系教育におけるIT人材育成