トピックス

【2015年 千葉工業大学】 PBLを用いたビジネス創成教育

概要 

我が国に於いて、ビジネス創成教育の必要性は益々高まってきている。しかし、これらのビジネス創成に必要な知識やコンピテンシーを、座学のみで学びとることは、実社会での経験に乏しい大学生や大学院生にとって甚だ困難なことである。そこで、最近では大学や大学院で、Project Based Learning (PBL)形式の教育が採り入れられるようになってきている。PBLは、ソフト制作などのIT系の事例が多いが、最近ではビジネス創成を目的とするPBLの事例も次第に増えてきている。 千葉工業大学プロジェクトマネジメント学科で、約10年前からPBL型ビジネス創成教育を実施してきており、授業評価(FD:Faculty Development)において、学生たちから高く評価されている。本講演では、その概要を紹介する。また、講義科目との関連付けや、知識形成のプロセス、提案ビジネスモデルの傾向、最近開始した学科間連携PBLの内容とその効果について、報告する。

講演者プロフィール

2015f1_Kubo.jpg

久保 裕史

千葉工業大学 プロジェクトマネジメント学科 教授

2010年~現在 千葉工業大学 プロジェクトマネジメント学科 教授、博士(工学)
2010年 富士フイルム(株) 退社
2004年 同社研究担当部長 新規事業開発に従事
1995年 同社主任研究員 光ディスクの開発に従事
1979年 富士写真フイルム(株)入社 記録メディア事業部にて磁気記録媒体開発
1979年 名古屋工業大学 工学研究科 電気工学専攻 修士(工学)

講演資料 

【2015年 千葉工業大学】 PBLを用いたビジネス創成教育