トピックス

【2016年 慶應SDM】 GAC認定プロセス徹底解説 ~自己評価レポートの書き方~

概要 

GAC認定とはPMI Global Accreditation Centerによる大学・大学院でのPM教育の品質保証プログラムである。 その認定に向けて①Letter of Intentによる認証取得の意図表明②Self Assessmentによる現状文書化③On-Site Evaluationの3段階のステップを踏むが、日本での認定校がない現状では参照できるサンプルが欠如している。

GAC認定に興味を持つ慶應義塾大学大学院SDM研究科がGAC認定をする想定で②のステップの文書化を行い、GACボードメンバーのアナンタトムラ教授を迎えて非公式のEvaluationをやって頂いた結果の発表と考察を行いたい。

講演者プロフィール

2016e7_Toma.jpg

当麻 哲哉

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授

2016年~: 現職
2008~2015年: 同研究科 准教授
2014年: 博士号(システムデザイン・マネジメント学)取得
2001~2007年: 3M米国本社 Advanced Product Development Specialist
1988~2001年: 住友スリーエム(現 スリーエム ジャパン)にて製品開発に従事
1988年: 慶應義塾大学大学院 理工学研究科応用化学専攻 修士課程修了

2016e7_Anantatmula.jpg ヴィッタル アナンタトムラ

ウェスタンカロライナ大学 教授、慶應義塾大学客員教授

Dr. Vittal Anantatmula is a professor in the College of Business, Western Carolina University and a campus of University of North Carolina. He is also the Director of Graduate Programs in Project Management and was a recipient of excellence in teaching and research awards. Dr. Anantatmula is a Global guest professor at Keio University, Yokohama, Japan. He is a director and board member of the Project Management Institute Global Accreditation Center. He serves on editorial board of several scholarly journals.

講演資料 

【2016年 慶應SDM】 GAC認定プロセス徹底解説 ~自己評価レポートの書き方~