トピックス

教育国際化担当理事 除村 健俊 からのご挨拶

20181002_TYokemura.jpg

教育国際化担当理事 

除村 健俊
(よけむら たけとし)

芝浦工業大学 システム理工学部 
電子情報システム学科  教授(学術)

 

 教育国際化担当理事の除村(よけむら)です。

 私は、外資系企業で製品開発のプロジェクトマネジメント、その後、日系企業でのプロジェクトマネジメント指導、経営幹部としてグローバル人事、新規事業の立ち上げなどを経験し、2018年4月から芝浦工業大学教授として、プロジェクトマネジメント、システム工学の教育・研究を行っています。

 企業では、多くのプロジェクトを経験し、プロジェクト現場を熟知しており、その経験を元に、大学で特別講義や非常勤講師として学生の指導を行ってきた。大学とのかかわりを持つ中で大学ではProject-based Learning (PBL)が行われていることを知った。そして、企業での経験から得た知識や手法はPBLによる学修成果向上に役立ちそうであることを認識し、この切り口から大学教育に貢献をしてきている。また、10万人規模の企業でグローバル人事の責任者を担当し、グローバル全体の人事制度の確立やグローバル経営を担う経営幹部の人材育成に貢献してきた。この経験も大学での人材育成に役立つものと思う。

 PMIでは、アカデミックスポンサー会議の企画、司会を担当し大学や企業からの参加者の連携と議論の活性化を図っている。また、大学教員が自らプロジェクトマネジメントを実施できるよう、主に大学教員向け研修を実施している。この研修は「PBLに活かすプロジェクトマネジメント講座」であり、芝浦工業大学・教育イノベーション推進センターが「文科大臣認定・理工学教育共同利用拠点」事業として,日本工学教育協会と共催で実施し、今後も定期的に実施予定である。

 PMIは世界規模の組織であり、PMI教育財団(PMIEF)という組織があり、プロジェクトマネジメント教育に関するグローバルでの強固な基盤と世界の教育機関との接点がある。また、日本支部は、アカデミックスポンサーの制度があり、プロジェクトマネジメントの切り口から全国の大学と接点を持っている。このような環境を活かし、国内外の教育に関するベストプラクティスや情報提供や教育機関との連携、大学を連携したPBL、企業との連携などの点からプロジェクトマネジメント教育に貢献していく所存です。さらに、関係者が参画するイベントの実施や共同研究の実施とその成果の発信などを行い、未来を担う人材の育成のための基盤を確立に向けて尽力したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

2018年10月吉日

教育国際化担当理事 除村 健俊