トピックス

【ソーシャルPM よくある質問】

ソーシャル・プロジェクトマネジメント関わるFAQをまとめました。

0. 共通

番号 分類 質問 回答 リンク

0-1

PM一般 そもそもソーシャル活動にプロジェクトマネジャーが必要でしょうか? 小規模な活動でしたら、取り立ててプロマネという人はいなくても進められますが、大きな活動になり、メンバーが増えれば、目標や計画を共有し、役割を分担して進めることが必要になります。 解説

0-2

PM一般 ソーシャル活動は多様なので、型にはまったプロジェクトマネジメント手法は適さないのではありませんか? 多様なニーズに適する手法を、状況に応じて柔軟に選択します。 解説
0-3 PM一般 ソーシャル活動はプロジェクトではなく、プログラムになるのではないですか? その通りです。デザイン思考のアプローチで社会課題への取り組みを考えたとき、複数の解決策が得られ、そのうちいくつかを同時に進行させることもあります。その場合は単一のプロジェクトではなく、プログラムとしてのマネジメントが必要になります。 解説

1. ソーシャル・デザイン思考

番号 分類 質問 回答 リンク

1-1

デザイン思考 デザイン思考って、どのようなものですか? 現場の状況や人々の行動/思考を観察/体験して問題の本質を洞察し、課題を再定義して仮説を作り、プロトタイピングによる試行錯誤を繰り返して解決に導く「仮説検証型アプローチ」です。 解説

1-2

デザイン思考 デザイン思考はどういうときに有効なのですか。 予測しづらい、不確実性が高い課題に対処するときに有効になります。 解説
1-3 デザイン思考 ソーシャル活動は状況次第で変化するので、臨機応変にやるしかないのではありませんか? デザイン思考のアプローチによって、「ソーシャル・アジャイル・マネジメント」を実現します。 解説

1-4

デザイン思考

ソーシャル・プロジェクトではデザイン思考が万能なのですか? デザイン思考は一つのアプローチです。ロジカル思考が可能なところではロジカル思考も使われます。 解説

1-5

デザイン思考

デザイン思考のアプローチとプロジェクトマネジメントがどのようにつながるのですか? ソーシャルPMでは、ソーシャル活動の効果的な推進をサポートするために、デザイン思考プロセスの随所でプロジェクトマネジメントの手法をツールとして活用します。 解説

1-6

デザイン思考

いろいろな立場の関係者がいて、合意がとれなくて困っています。どのように解決したらよいでしょうか? 表面上には現れていない、根本的な問題点(インサイトと言います)を捉えることができれば、解決に導くことができます。 解説

1-7

デザイン思考

問題点はリストアップできましたが、納得性のある解決策がまとまりません。どのように進めたらよいでしょうか?
問題事象の奥にある真実(インサイト)がつかめたら、その問題で困っている人の人物像(ペルソナといいます)を描いて、その人物がどういう体験をしてどのような感情・気づきを得たかを時系列に記述します。それをベースに解決案を考えるとブレが防げます。
解説

2. ソーシャル・ベネフィットマネジメント

番号 分類 質問 回答 リンク

解説

3. ソーシャル・ステークホルダーマネジメント

番号 分類 質問 回答 リンク

3-1

ソーシャル・ステークホルダーマネジメント ソーシャル活動において、ステークホルダーマネジメントは必要ですか? 企業活動のステークホルダー・マネジメントと同様に重要になります。 解説

4. ソーシャル・ポートフォリオマネジメント

番号 分類 質問 回答 リンク

解説

5. ソーシャルビジネスモデルデザイン

番号 分類 質問 回答 リンク

解説

6. ソーシャルアジャイルマネジメント

番号 分類 質問 回答 リンク

解説

7. その他

番号 分類 質問 回答 リンク

解説