よくあるご質問

よくあるご質問

「ログイン」、「会員登録」、「部会活動」、「受験」、「PDU登録」、「PMI日本支部主催イベント」に関わるFAQをとりまとめました。

1. ログインと会員登録

番号 質 問 回 答
1-1 「PMI本部のアカウントを作成し取得する」とは? PMI本部のアカウントを作成しログインできることと、PMI本部会員になることは別です。
● アカウントは無料でどなたでも作成できます。
● 本部会員になるには年会費の納入が必要です。
1-2 PMP®資格を更新できたので、私は会員の筈ですが? 「資格更新」はあくまで「資格更新」だけの話です。
● 「資格更新」と「会員登録」・「会員更新」は別物です。
● 一つの手続きが複数を兼ねることはありません。
1-3 PMI本部のWEBサイトにログインできるので、私は会員の筈ですが? アカウントを作成しusername/passwordを登録すれば、ログインは誰でもできます。
● 会員(会費納入者)の方、そうでない方を含めて誰でもログインはできます。
1-4 私はPMI日本支部会員なのに、username/passwordでログインできません! username/passwordではログインできません。
● 本部へのログイン情報と支部へのログイン情報「会員IDとパスワード」は別です。
● 支部WebサイトへのログインIDは PMIメンバーID(数字) を使用します。
● 支部Webサイトへのログイン初期パスワードは支部システムへの登録完了時にメールでご案内いたします。
1-5 登録したメールアドレスが変わりました。PMI日本支部で変更してもらえますか?

支部では各会員の個別情報を更新することはできません。ご自身で更新をお願いします。
PMIへログイン (username/password)後に、以下の手順で更新してください。
 ①「myPMI」をクリック
 ②Profileの「Edit Phone/E-Mail」をクリック
 ③「Add E-Mail」をクリック    ④新しく登録したいE-Mailアドレスを入れる
 ⑤「Save」する   ⑥新規登録したE-Mailを「Save as Preferred」する
 ⑦「×」ボタンを押して古いメールアドレス削除

1-6 PMP®資格を申請するためにはPMI本部会員でなければならないのでは? いいえ、会員でなくても申請できます。
● ただし、本部会員の場合は受験料の割引があります。
1-7 PMP®資格者でないとPMI本部、PMI日本支部会員になれないのですか? いいえ、PMP®資格者と会員になることは別です。
● PMP®資格のみの場合は割引はありませんが、本部会員には例えばPMP®資格更新の際に割引が受けられます。
1-8 PMI日本支部会員だけに登録したいのですが? 支部(Chapter)は本部に所属する組織ため、支部会員だけに登録することはできません。
● 必ずPMI本部会員登録と同時に(または登録後に)入会してください。
1-9 PMI本部会員に登録したあと、4ヶ月経って支部に入会しましたが、支部の更新まで1年経っていないのに「更新期間が近い」というメールが飛んできました。 会員更新期限は、PMI本部会員更新日に統一されます。
● したがって、支部会員登録も本部会員登録と同時にされることを強くお薦めします。
● この例の場合は、初年度の支部会員期間は結果として短縮されることになります。
1-10 PMI本部への支払い(入会、更新料等)にJCBのクレジットカードは使えますか? JCBカードは使えません。AMEX、MASTER、VISA、DINNERSが取り扱いカードです。
● JCBしかカードをお持ちでない場合は、日本人にはあまり馴染みがありませんが下記のような方法があります。
 ◆ 郵便為替 (郵送) 
 ◆ 小切手 (郵送)
 ◆ 電信送金
ただし、いずれについても事前にPMIアジアパシフィックサービスセンターにメールにて確認することをお勧めします(日本語で対応してくれます)。
1-11 PMI本部に払い込んだお金の領収書が欲しいのですが? PMI本部ではハードコピーの領収書は提供していません。
● PDFによる領収書は、下記のリンクをたどれば得られます。
https://certification.pmi.org ⇒ Profile ⇒ Order History
 PDF版領収書の取得画面例
1-12

PMI日本支部に入会しようとしていますが、決済画面に進めません。どうしたらよいですか?

PMI Code of Ethics and Professional Conduct and PMI Conflict Resolution Procedures  をクリックして、良く読んで下さい。
つぎに以下のチェックボックスに☑をいれると、次(決済画面)に進めます。
☑I Agree with the terms and conditions in the PMI Code of Ethics and Professional Conduct and PMI Conflict Resolution Procedures.

1-13

PMIのウェブサイトで UsernameとPasswordを入れてLoginボタンを押しましたが、反応が無くログインできません。OSはwindouws7、ブラウザはIE11(11.0.9600.17207)です。

Internet Explorerのツールの「互換表示設定」機能から互換表示対象サイトとして"pmi.org" を設定してみてください。
● なお、PMIホームページが正常に機能することが確認されているブラウザーは、Browser Support  を参照してください

 

2. 部会活動

番号 質 問 回 答
2-1 私はPMI本部会員ですが、支部部会活動に参加したいのですが? PMI本部会員資格だけでは参加できません。
● まず支部会員登録を済ませてから参加をお願いします(ただし、No.1-9の条件があります)。
2-2 PMI日本支部の法人スポンサー社員ですが支部部会活動に参加できますか? PMI日本支部会員でない場合は参加できません。
● 支部の部会活動は支部会員のみが参加できるボランティア研究会活動です。支部会員登録後に参加してください。
2-3 私はPMI日本支部会員ですが、法人スポンサーのスタディ・グループに参加できますか? 法人スポンサー社員であることが参加の前提条件です。
● 支部会員でも法人スポンサー社員で無い場合はご参加いただけません。
2-4 支部部会活動への参加を検討しているのですが、オブザーバー参加できますか? 部会代表が合意する場合は1 度に限りオブザーバー参加いただけます。
● 支部会員であることが前提条件です。支部会員登録を済ませてからご相談ください。
● 部会活動の状況によってはオブザーバー参加いただけない場合があります。

3. 受験

番号 質 問 回 答
3-1 PMP®受験申請するために、取得したPDUを登録したいのですができません。 できません、 PDUはPMP®資格保持者のみに有効です。
● PMP®資格をお持ちでない方にはPDUは無効であるため、登録するWEB画面は表示されません。
3-2 PMP®受験申請のため、研修機関から取得したPDUを申請したいのですが。 PDUはプロジェクトマネジメントの応用研修でも発行され受領もできますが、PMP®受験者に必要なのはPDUでなくPM公式研修時間です。
● PMP®受験申請には、PMBOK®ガイドに準拠した総計35時間のPM公式研修時間の履修が必要です。
● PM公式研修の履修証明書を発行してもらう必要があります。
● まず研修提供機関に対して「該当する研修か否か」を確認してから受講しないと受講費が無駄になります。
● 自習は第三者情報として証明できないのでPM公式研修時間としては申請できません。
3-3 私は専門学校を卒業していますが、日本政府から「大学と同等である」とのお墨付きが出ているので実務経験は7,500時間でなく4,500時間でいいですね? いいえ、違います。
● 認定するのは日本政府でなく米国に本拠地を置くPMI本部です。
● PMP®資格はPMI本部が管轄している世界標準の資格です(各国別の事情は反映されません)。
3-4 高校を中退したため卒業証明書はありませんが、プロジェクトの実務経験は十分持っています。PMP®を受験したいのですが? 高校卒業資格がないのでPMP®受験申請はできません。
3-5 高等工業専門学校卒業ですが実務時間は36ヶ月、4,500時間でいいですか? いいえ。違います。
● 4年制大学または大学院の卒業・修了証明書をお持ちの方以外は60ヶ月、7,500時間の記述が必要です。
3-6 直近より8年前まではプロジェクトマネジメントとは別の業務に就いていたため、9年以上前の実務経験しか記載することができないのですが、申請可能でしょうか? 条件を満たしていないため、申請いただくことはできません。
● 申請時点から8年前までの範囲内で、プロジェクトマネジメントを指揮・監督する立場での経験を記述していただく必要があります。
3-7 PMP®受験申請をしたところ監査対象となりました。過去のプロジェクト参加時の所属長が退職されたり転職されて連絡がつきません。どうすればいいでしょうか? 現在の所属長または、PMやご自分のリーダーに代理でサインをお願いしてください。
● ただし、サインされた方へPMI本部から問い合わせが入る可能性があることを断っておいてください。
3-8 PMP®受験予約をしましたが、「eligibility number が使われてる」とのことで予約できません。
We're sorry, but we cannot accept your application at this point. This could be due to other certifications that you have, or other applications you've submitted that are currently being processed.
例えばPMP®でなくCAPM® の試験に誤って申し込まれていませんか?
● その場合は、 PMIアジアパシフィックサービスセンター日本語チーム  に状況をお知らせください。CAPM®申し込みをクローズしてPMP®申し込みをし直す必要があり、PMIアジアパシフィックサービスセンターが対応いたします。
3-9 PMP®受験予約したつもりだったのですが、誤ってCAPM®へ受験申請しUS$ 300を支払ってしまいました。取り消すにはどうすればいいでしょうか? その場合は、 PMIアジアパシフィックサービスセンター日本語チーム  に状況をお知らせください。CAPM®申し込みをクローズしてPMP®申し込みをし直す必要があり、PMIアジアパシフィックサービスセンターが対応いたします。
● PMI本部での処理には最低1週間ほど要し時間のロスにつながります。何に申し込んでおられるのか、支払い前に今一度確認してください。
● PMP®受験費用にUS$ 300という金額はそもそも該当しません。US$ 300の支払い要求が出た場合、受験対象を間違えた(CAPM®に申請した)と認識してください。

 一般の方の場合、PMP®受験費用は下記のいずれかです。( )内はPMI会員の場合の料金を示します。
 ○ 初回受験 :US$ 555(405)
 ○ 再受験   :US$ 375(275)
● なお、まだPMI会員でない方で受験料の節減をお考えの場合は、まずPMI会員になることをお勧めします。 受験料を支払ったあとでPMI会員になっても還付されません。
3-10 PMP®を受験すべく申請書の入力を進めたところ、「Your PMP application is being audited」と、監査対象通知が届きました。どうすればいいでしょうか? PMI本部は一定の頻度で、PMP®受験申請書を監査対象としています。 それに該当した場合には、「監査案内」がメールで別途届きます。あなたが行うべき対応は以下のとおりとなります。 
 1) 監査書類の準備と発送。
 2) 監査期限は対象になった日から90日後 (通知に期限日が記載されている)
 3) 監査提出書類は通知画面の「Review your Audit Package」をクリックしてダウンロードする
   またはusername/password で https://certification.pmi.org/ にログインし「Review your Audit Package」をクリック
 4) PM Experience Recordは、各プロジェクトのPDFロゴをクリックするとダウンロード可能。

必ずご自分の監査条件を確認してください。
不明な点がある場合は、 PMIアジアパシフィックサービスセンター日本語チーム に確認してください。  
3-11 勤務先名が記載された領収書が欲しいのですが? 下記手順に沿ってください。
● PMIウェブページにログイン後、myPMI→Profile→Professional Info -> Experienceにて領収書に記載する勤務先名を入力。
● 次に、myPMI→Profile→Personal Info -> Addressesにて、勤務先名及び住所を入力。
● 以上の後に、勤務先名が記載された領収書発行を PMIアジアパシフィックサービスセンター日本語チーム に依頼してください。
3-12 PMP監査書類(卒業証明)を取り寄せたいのですが、大学卒業後、結婚により戸籍姓が変わりました。 学位証明(卒業証書)の発行にあたり大学に問い合わせたところ、卒業時の戸籍姓での発行のみ可能とのことでしたが、大丈夫でしょうか? 大学にはそのまま発行を申請してください。
● ただし、結婚によって姓が変わったたことを英文で簡単にカバーレターとして書き、監査書類上部に添付して、一緒に送付してください。
3-13 会社の合併及び転職にて登録先メールアドレスが失効しており、PMP®再受験のため1回目受験時の登録内容および、研修(35時間)証明情報が不明のため、以前登録した情報の取得をしたいのですが? ユーザ名とパスワードで https://certification.pmi.org/ にログインし、オンライン上で申請手続きが可能です。
● ログイン後、Apply for PMP Credentialをクリックし、申請へと進みます。(参照:view your most recent application )
● なお、すでに入力されている学歴等についてはそのまま記録に出てきますので、再度の申請は不要です。
● 35時間のPM学習実績は再度同じもので申請が可能です。
● プロジェクトマネジメント経験については8年以内の経験を再度ご入力してください。
3-14 PMP受験申請の際、言語を「日本語」で指定しましたが、届いたEligible Letterでは 言語が English となっています。  日本語 への変更はできますか? 

● PMP試験はあくまでも本体は英語であり、ランゲージエイドが付属して表示される形となります。(日本語のみの試験はありません)
 そのため、Elighbility Letter には 「Language the Examination will be Administered in: English」 と表示されます。
● 日本語ランゲージエイドの設定は、https://certification.pmi.org/ にログインしてご確認ください。
● 万一、ランゲージエイドの設定が申請時と異なっている場合は、アジアパシフィックサービスセンター日本語チームに依頼してください。

3-15 PMP®試験に合格しましたが、資格証書が届きません。届くまでどのくらいかかりますか? ● 資格証書は、米国本部より普通郵便にて発送されますので、日本にとどくまで、通常 6週間から8週間 程度を要します。
● PMI本部Webサイトにログインし、My PMP内のView Certificateをクリックして、資格証書のコピーをダウンロードすることができます。証書がとどくまでの間はこのコピーをご利用ください。
● 上記期間を過ぎても証書がとどかない場合は PMIアジアパシフィックサービスセンター日本語チーム に再発行を依頼してください。 その際、発送先住所を合わせてご連絡ください。

4. PMP資格維持・PDU登録

番号 質 問 回 答
4-1 PDU登録を間違ったのでやり直したいのですが、どうやればいいですか? 2015年12月1日から利用可能となった新CCRシステムではご自身で間違った登録を取り消して、編集、再登録することができます。
● CCRS画面左のナビゲータで「Claim History」を選択、修正希望のActivityをクリックして詳細画面を表示します。画面右下の「Retract and Edit」をクリックし、画面の指示にしたがって取り消し、編集、再登録をしてください。
4-2 PDU登録を間違ってしまったので削除したいのですが、どうやればいいですか? 2015年12月1日から利用可能となった新CCRシステムではご自身で間違った登録を削除することができます。
● CCRS画面左のナビゲータで「Claim History」を選択、修正希望のActivityをクリックして詳細画面を表示します。画面右下の「Delete」をクリックし、削除理由を選択して、登録を削除してください。
4-3 PM関連研修セミナーで、同じコースを複数回受講したらPDUもそれに応じて登録できますか? 同じコースは1回しか登録できません。
● もし登録完了画面が表示された場合でも、2回目のものはその後取り消されます。
4-4 PMP®の資格維持に必要なPDUのカテゴリーを教えてください。

2015年12月1日からCCRプログラムが変更されました。
新CCRプログラムでは PDU登録が タレントトライアングルに沿ったスキルエリアに対応すると同時に、PDUカテゴリーの分類が変更されています。
P PDUカテゴリーやPDU登録方法については、こちらをご覧ください

4-5 PMP®資格を保有していましたが、今どういう状態なのかわかりません。確認する方法を教えてください。

1. PMI本部Webサイトにログインし、myPMIの「Certification Status」を選択して最新の状況を確認してください。

2. myPMIで最新状況が確認できない場合は、アジアパシフィックサービスセンター日本語チームへお問い合わせください。

4-6 PMP®資格の更新期限がまもなく切れるのですが、まだPDUが不足しています。どうしたら良いですか? 3年間のCCR期間中に資格更新ができなかった場合、1年間(12ヶ月)の猶予期間(サスペンド期間)となります。猶予期間中に必要なPDUを獲得し、資格更新手続きを完了してください。
猶予期間(サスペンド期間)中は資格停止となりPMP®資格者を名乗ることはできませんのでご注意ください。
4-7 PMP®資格を取得していましたが、更新期間を過ぎてしまいました。どうすれば良いですか?

1.  3年のCCRサイクル直後に適用される1年間の猶予期間(サスペンド期間)内の場合は 猶予期間中に資格更新手続きを完了してください。
    猶予期間(サスペンド期間)中は資格停止となりPMP®資格者を名乗ることはできませんのでご注意ください。

2.   1年間の猶予期間を過ぎた場合は、再度受験し資格を取得する必要があります。

   詳しくは CCR Handbook を参照してください。

4-8 PMP®更新手続き時に監査対象になりましたが、PMIから求められていた監査書類を提出しないまま90日が過ぎてしまいました。この場合、どのようにすれば良いでしょうか?

1. PMIから求められる監査書類を90日以内に提出しなかった場合は監査不適合(不合格)となり、その結果として監査不合格となった日より1年間は申請サスペンド期間となります。

2. 申請サスペンド期間が終了するまではPMP®資格を含むすべてのPMI資格の申し込みが出来ません。再度申し込み可能になるのは、サスペンド期間終了後、https://certification.pmi.org/ のステータスが切り替わるタイミングとなります。

3. なお、再申請し試験料を支払った後は、必ず再度の監査対象となりますのでご注意ください。

4-9 Giving Back で PDU登録をしたいのですが、どのようにすれ良いでしょうか?
Giving Back PDU(旧カテゴリD/E/F)をご申請される際は、基本的に以下の順序でご申請ください。
PMIホームページのログインに使用いたします、ユーザ名とパスワードで以下ウェブページにログインしてください。
Giving Back PDUの申請手順: (PDU申請画面の各項目横「?」をクリックすると説明が表示されますのでご参照下さい) 
1.         http://CCRS.pmi.org/  にログインし、画面左側「Report PDUs」をクリック
2.         Activity Typeを選択 (Work as a Practitioner, Create Content, Give a Presentation, Share Knowledge, Volunteerから選択)
3.         活動内容の情報を入力 
    ・ Employer/Organization/Audienceには勤務先、ホスト組織などを入力
    ・ Job Title/Title/Volunteer Activityには、役職名、タイトル、ボランティア活動名を入力
    ・ Date Started(開始日)、Date Completed(終了日)を入力
    ・ Description(詳細)/ Contact Name(問い合わせ先)/URLなどの入力は任意
4.         PDU数を入力(基本的に15分の活動あたり0.25PDUとして計算、よって1時間あたり1PDU。Work as a Practitionerは例外**)
5.         申請内容を再確認し、間違いがなければ「I agree this claim is accurate」のボックスにチェック
6.         Submitをクリック
7.         申請完了の画面でClaim IDが表示される

 **Work as a Practitionerは1CCRサイクル(3年間)あたり一度のみ、最大8PDUまで申請可能。       

5. PMI日本支部主催イベント

番号 質 問 回 答
5-1 PMI日本支部主催のイベントに関するキャンセル・ポリシーを教えてください。 ①地震、台風、社会的大事故など外部要因でPMI日本支部側がキャンセルする場合:
 お支払いいただいたイベント参加費は、お支払いいただいた振込手数料を除き、全額をご指定の銀行またはゆうちょ銀行口座に返金します。
②お申し込みいただいた方からのキャンセル依頼の場合:
● 全てのイベントに関わる共通ポリシー:
 入金後のキャンセルは受け付ていないため返金はされません。
● イベントにより異なるポリシー:
 例:お申し込みいただいた後、支部からの請求メールの送付日よりxx 営業日目の15:00までに入金されない場合、お申し込みは取消となります。
   (xxは15、10、5などの日数で、イベント毎に異なります)
5-2 席確保のため、とりあえず予約申し込みをしたいのですが? 席確保のための予約申し込みは、その他の受講希望の方のご迷惑となりますのでお受けしていません。
● 確実に参加いただけることを確認した上で申し込みをお願いします。

注意事項: 
当ページに記載されたFAQの内容は予告なく変更される場合があります。 
当ページに記載されたコンテンツの全部又は一部を無断でコピーしたり、他に転載したり、その他本Webサイトの閲覧以外の目的に使用することを禁じます。(詳しくは「サイト利用規約」をご覧ください。