PMI日本支部の部会活動

医療プロジェクトマネジメント研究会

医療プロジェクトマネジメント研究会 募集要項

2012年12月27日
PMI日本支部 関西地区

1.活動の趣旨と概要

 医療プロジェクトマネジメント研究会は、2009年12月にPMI日本支部の最初のブランチとして立ち上がった「関西地区」の中の1つの特徴ある研究会として、2010年4月にPMI日本支部の承認を受けました。メンバーは医療業界に限らず広い業界の方々に参加していただき、また関西地区に限らず全国から参加していただきたいと思います。

 医療業界においては診療現場を始め、臨床研究、製薬、治験など様々なプロジェクトが発生します。しかし、医療業界の閉鎖的な文化と学術的専門性の高さから、この業界へのプロジェクトマネジメントの知識導入・実践は進んでいないのが現状です。特に医療情報分野へのプロジェクトマネジメントの普及は他業界のそれと比較して遅れています。

 そこで、他分野・他業界で既に導入実践されているプロジェクトマネジメントの知識・手法を医療分野に導入するために、他業種と医療業界におけるプロジェクトマネジメントの特徴・差異を検討し、医療業界に適したプロジェクトマネジメントの形を探求すると共に、それらを取り込み、実践し、評価・改善を重ねることによって、多様な医療プロジェクトのそれぞれに適した、医療業界にふさわしいプロジェクトマネジメントの形を研究したいと思います。

 こうした趣旨から、この研究会の構成メンバーは医療業界に存在する方々に限らず、広い業界からの参加を求め、多業種からみた医療プロジェクトマネジメントの特徴を明らかにしつつ、医療にふさわしいプロジェクトマネジメントの形を研究していきたいと思います。

2.主な研究活動

始まったばかりの研究会ですから、2010年はまず現状の把握のために医療分野のプロジェクトマネジメントにかかわる先行研究、先行事例を調べ、それらを収集・分類・分析するところから開始したいと思います。

  1. 先行研究の収集
    米国PMI本部のHealthcare SIGを始め、海外、国内の医療プロジェクトに関する先行研究 論文、事例の調査を行い、これまでの研究成果の収集、情報共有を行います。
  2. 多業種間での比較検討
    収集した先行研究・先行事例を基に、多業種のメンバー間での「知」と「経験」を持ち寄り多方面からの検討を行います。
  3. 医療業界での実践
    医療業界に存在する者が、1・2のナレッジとメソッドを元に現場での実践を行い、メンバーは逐次報告・情報共有を行いながらプロジェクトの進捗を検討します。多業種のメンバーによる多方面からの検証を行い評価・改善策を検討します。
  4. 研究発表・研究会開催
    PMIのフォーラムや関連他学会・研究会等での研究発表や交流を行います。
    将来的には医療制度の異なる中での国際間比較・情報交換・共同研究のためにPMI本部のHealthcare SIGなどとの交流にも発展させたいと思います。

3.活動から得られるメリット

  1. 医療プロジェクトマネジメント研究会の活動を通じて、メンバー間での意見交換、情報共有により各メンバーご自身の研鑽の機会となります。
  2. 自らの知識や経験を、研究会活動成果物に反映させることができます。
  3. PMI日本支部および関西地区の様々な活動に接する機会が得られます。
  4. PMI日本支部および関西地区で活動する多くのPM経験者とネットワーキング構築の機会が得られます。
  5. 活動実績に応じて、ギブバック活動などの PDU が得られます。詳しくは PMP® ハンドブックを参照いただくか、当研究会のリーダーにご相談ください。
  6. 医療業界への参入の機会が得られる可能性があります。

4.活動形式

  1. 定期的な会合を予定しています。(月1回、土曜日午後を想定しています)
    当面の活動場所は神戸市ポートアイランド内の研修室を使用する予定です。
    数百円の会場費を徴収させていただきます。
  2. メーリングリスト、webなどを利用し不定期な勉強、検討にも対応します。

5.募集要項

  1. 応募資格
    • PMI日本支部の会員
    • 趣旨に賛同いただき、積極的に貢献していただける方
    • 継続的に研究活動が行える方
  2. 募集人数
    • 20名程度を想定しています。
  3. 応募締切
    • 随時応募を受け付けます。
      提出書類を参考にメンバーを選定させていただきます。結果は、メールにて通知します。

6. 申込みおよび問合せ先