PMI日本支部の部会活動

中部ブランチ代表からのご挨拶

Kinami20160316.jpg  PMI日本支部2番目のブランチとして昨年無事2周年を迎えることができました。これまで中部ブランチの活動を支えて下さいました会員の皆さま、法人スポンサーの皆さま、関係者の皆さまに心より御礼を申し上げます。

 さて、中部ブランチでは「見つけよう!地域の発展と幸せにつながるプロジェクトマネジメント」のスローガンのもと、中部地域ならではのよい取り組みを皆さんと共に見つけ、それらの知識・経験を発信・循環・継承する活動を通じて、プロジェクトマネジメントの大切さを世の中に広めていくことを目指してさまざまな活動を行っております。
 
 世の中では、貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、など、さまざまな社会課題があり、持続可能な社会のあり方が問われています。そして、厳しい経済環境に耐えるさらなる生産性向上、異業種や海外からの市場参入に対抗できる競争力の強化、より広いマーケットを求めての国際化への取り組み、加えて地方の活性化、地域医療連携の必要性など、さまざまな場面で「プロジェクト」による挑戦が続いています。このような挑戦の中で見出したプロジェクトマネジメントに関する中部における先端事例を中部地域で活躍されている皆さまと共に学びや気づきを深め、そこで発見した知見を活用し、さらに成果が創出され、ますます地域が発展していく好循環を皆さまと共に形成していきたいと存じます。
 
 引き続き、PMI日本支部における最新動向を地域に還元しつつ、地域独自のセミナーの開催や、プロジェクトマネジメントに関わる実務者の情報共有・勉強会の場である「PMサロン」や、地域の活性化や社会的な課題の解決に向けプロジェクトマネジメントを活用・実践することを目的とした「地域ソーシャルマネジメント研究会」の活動を行っていきます。これらの活動では、さまざまな課題に対して身近なこととして関心を持っておられる方々と出会う機会が多く、交流しやすいと感じています。このような交流を通して新たな関係を構築し、地域の課題に対してプロジェクトマネジメントが少しでもお役に立てたらと思います。
 
 これからもご理解・ご協力とご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い致します。

平成30年2月吉日
PMI日本支部
中部ブランチ代表 木南 浩司