PMI日本支部の部会活動

SDGsスタートアップ研究分科会

SDGsStartupSG.png

2021年4月15日更新
SDGsスタートアップ研究分科会




リーダー / ステアリングコミッティ

Inaba.png

稲葉涼太
代表

Nishihara.jpg

西原 真仁
PMOリーダ

Takahashi.jpg

高橋正憲
アドバイザー

【代表からのメッセージ】

SDGsスタートアップ研究分科会にご興味をお持ちいただきありがとうございます。
私たちの部会は内閣府の「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」にPMI日本支部が設置したプロジェクト型の分科会です。

当分科会では企業・行政・NPO・教育機関のSDGs事業の立ち上げ・推進を支援することを目的としています。

皆様が今まで培ってきた経験を活かして、日本のSDGsの推進に向けて一緒に活動してくださる仲間を歓迎します。 

「SDGsスタートアップ研究分科会」とは

私たち「SDGsスタートアップ研究分科会」は 内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」 の分科会としてPMI日本支部が立ち上げた分科会であり、「プロジェクト」の形態をとるPMI日本支部の部会です。

SDGsの重要性が世界中で提唱され、日本においても企業・行政・教育機関・NPO等が事業を行う上で重要なテーマとなっているなか、PMIでもグローバルで年間100,000時間をSDGsに使うことをコミットしました。

PMI日本支部においても2019年度より、内閣府が設立したSDGsのマッチングプラットフォームである『地方創生SDGs官民連携プラットフォーム』の中にSDGsスタートアップ研究分科会を設立しました。

SDGsが社会に浸透し、「Why SDGs?」と「What is SDGs?」が提唱される機会も増えました。SDGsを絵に描いた餅にしないためには実際にSDGsを事業として推進することが大切です。

しかし、SDGs事業の取り組みを始めようとしても立ち上げ推進が中々効果的にできていないという課題認識を私たちは持っています。「How To Achieve SDGs」のためにSDGs事業に即したプロジェクトマネジメント手法の普及・促進を目的として分科会を設立し、仮説検証を繰り返しながら段階的に顧客ターゲットとソリューションを確定していく「SDGsスタートアップ方法論」を開発しました。

当分科会では 内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」 の会員法人に向け以下のコースの開設やセミナーの開催を行い、 私たちの分科会参加団体のSDGs事業推進を支援しています。

 ①研修・ワークショップでSDGsスタートアップ方法論を体得できるベーシックコース

 ②法人の実際のSDGs事業にSDGsスタートアップ方法論を提供し、プロジェクトマネジメントを支援するアドバンスコース

 ③ベーシックコースの理論とアドバンスコースの事例をプラットフォーム会員以外にも提供するSDGsスタートアップセミナー

内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」とは

内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」 とは内閣府の主導で設立された、我が国におけるSDGsの国内実施を促進し地方創生につなげることを目的に地方自治体、企業、NPO、大学など4896の法人(2021年2月時点)が参画する、官民連携の場として設置された交流・マッチングプラットフォームです。

地方創生に資する具体的な事業の創出やその事業を進めるために官民連携を促進することを目的とする「分科会」が47件(2021年2月現在)活動しています。

私たちPMI日本支部『SDGsスタートアップ研究分科会』もSDGs官民連携プラットフォーム内の分科会です。

法人として私たちSDGsスタートアップ研究分科会が開設するベーシックコース、アドバンスコースへの参加をご希望される場合は 内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」 への会員登録を併せて行ってください。

PlatforumAndStartupSG.jpg

SDGsスタートアップ研究分科会の活動概要

主な活動概要は以下です

①研修・ワークショップでSDGsスタートアップ方法論を体得できるベーシックコースの実施

②法人の実際のSDGs事業にSDGsスタートアップ方法論を提供し、プロジェクトマネジメントを支援するアドバンスコースの実施

③一般参加者向けに当分科会の研究と実践活動を提供するSDGsスタートアップセミナーの実施

④ PMI日本フォーラムやその他PMI日本支部イベントや他団体イベント等での研究と実践活動の発信活動

⑤ SDGs事業の評価方法策定

⑥ SDGs事業立ち上げ・推進等の課題に関する調査・分析とレポートの発信

⑦上記SDGsスタートアップ研究分科会の活動についてのWEBサイト、SNS、動画配信などを用いた広報

SDGsスタートアップ方法論について

【SDGsスタートアップ方法論の概要】

SDGs事業は不確実で複雑な環境の中で、経済価値と社会価値を両立させて向上させることが求められます。

そのため、従来型の計画遵守を前提としたプロジェクトマネジメントだけでは対応が困難であり、リーンスタートアップのアプローチをベースに、SDGs 新規事業構築の方法論を開発しました。

SDGMethod.png

分科会参加団体のSDGs事業支援


私たちの分科会活動の柱は、大きくは

 ①研修・ワークショップ形式でSDGsスタートアップ方法論を体得する「ベーシックコース」と

 ②法人での実際のSDGs事業におけるPM支援を行う「アドバンスコース」です。

どちらも、法人のSDGs事業担当者相手の活動であり、『実践』の経験から得られるフィードバックを基に私たち自身も外部団体と協創しながら成長をしていきます。

活動風景

2019年ワークショップ(対面形式)

WS2019-1.jpg

WS2019-2.jpg

2020年ワークショップ(オンライン形式)

WS2020-1.jpg

WS2020-2.jpg

SDGsスタートアップ研究分科会活動で得られるもの

  • SDGs及びSDGs事業開発に関する知識経験をメンバーで共有し深めるとともに、議論を行い、研さんを図る機会が得られます。
  • SDGs事業開発に必要なプロジェクトマネジメントに関する最新動向を収集する機会が得られます。
  • PMI日本支部のさまざまな活動に接する機会が得られます。
  • PMI日本支部で活動する多くのPM経験者やSDGs事業を行っている法人関係者とネットワーク構築の機会が得られます。
  • 内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」参加団体など、SDGs領域で活動する企業・行政・NPO・学校法人等との交流により幅広い人脈の形成と知見の獲得ができます。
  • 各種イベントの企画、広報の経験や、研修・ワークショップのデザイン、講師・プレゼンテーションなどの経験や、外部法人相手のPM・アドバイス経験を得られます。
  • 上記の知見・経験の蓄積によりパラレルキャリア、セカンドキャリアの充足が見込まれます。
  • 活動実績に応じて、ギブバック活動などの PDU が得られます。詳しくは PMP® ハンドブックを参照いただくか、部会代表にご相談ください。

他部会との協業

各部会との協業により、SDGsに資する社会人として幅広い認識に立つことができます。

  • 組織拡大委員会
  • 教育国際委員会
  • ソーシャル・プロジェクトマネジメント研究会
  • PMO研究会
  • アジャイル研究会
  • PM創生研究会

    ...など

活動履歴・活動報告・説明動画等 

■ SDGsスタートアップ研究分科会の活動履歴・活動報告や説明動画等は PMI日本支部『SDGsトピック』 をご参照ください。


■『SDGsスタートアップ方法論』及びベーシックコース概要は下記紹介動画も併せてご参照ください

  ・2020年度ベーシックコース講義ダイジェスト動画①&ベーシックコース概要

  ・2020年度ベーシックコース講義ダイジェスト動画②

  ・2020年度ベーシックコース講義ダイジェスト動画③

定例会等

  • 定例会は毎月・第3土曜日の20:30~開催します。
  • 2021年度は定例会及び対外的な分科会活動はオンライン(ZOOM)で行う予定です。

募集要領

SDGsスタートアップ研究分科会の運営を行うコアメンバーとしての参加を希望される方を募集いたします。

【応募資格】

1.PMI日本支部会員であること。
 注)本部会員であるだけではなく、支部会員登録が必要となります。

2.年間を通じて活動いただける方。

3.定期的な会合に継続的に出席可能な方。

【詳細】

  ・応募に際する詳細や募集ロール等は SDGsスタートアップコアメンバー募集ページ を併せてご参照ください。

問合せおよび申込み先

 問い合わせ先および参加申込み方法については 部会活動参加申し込みページ をご覧ください。