PMI日本支部の部会活動

PMタレントコンピテンシー研究会

PMタレントコンピテンシー研究会 ( 旧PMCDF実践研究会) メンバーの定期募集について

2017年1月改訂
PMI日本支部
PMタレントコンピテンシー研究会

1.活動の趣旨

プロジェクトマネジャーの育成においては、知識やスキルを身につけるだけでは不十分であり、PMコンピテンシーが発揮できるようにしなければなりません。

PMコンピテンシーとは何か、PMのコンピテンシーを表すフレームワークである PMCDF (Project Manager Competency Development Framework : プロジェクト・マネジャー・コンピテンシー開発体系) を活用してどのようにPMコンピテンシーを育成できるのか、プロジェクトマネジャーだけでなくプログラム・マネジャーのコンピテンシーをどのように育成するのかについて、研究を進めます。

2.主な研究会活動

PMコンピテンシーについてより多くの方に知っていただけるよう、  プロジェクト・マネジャーのためのコンピテンシー入門  PMCDF実践研究会著 を 一般公開いたしました。(2016年12月)

以下のようなテーマについて、研究活動を行っています。これらに限定することなく、参加者の関心や問題意識に基づき、研究テーマを随時設定しています。

コンピテンシー概念の理解と事例の収集、および研究

コンピテンシーについての理解は現実に適応しようとすると、今ひとつ概念的で、何らかのプラクティカルな検討が必要であると思われます。スキルとはどう違うのか、どんな適用事例があるのかなどをテーマとして研究活動を行う。

具体的なコンピテンシー要素の検討と適用方法についての研究

コンピテンシー要素は、知識、実践、人格の分野について枠組みが示されているが、広くプロジェクト・マネジャーに該当させようとして、個別・具体性の観点からは一般的過ぎる表現であるとする意見もあり、どのようにコンピテンシー要素の具体的表現を検討すれば、実務対応が容易になるのか、などの研究活動を行う。

パイロット事例の収集と蓄積を通じた研究

PMCDF を活用した育成事例を収集し、現実のケースとして蓄積する。これから現実的な適用方法を学び、 PMの育成と講師の育成のノウハウ化を目指した研究活動を行う。

プログラム・マネジャー育成の研究

近年のプロジェクトマネジメントを巡る環境は変化してきており、従来の PMBOK ® を超えたスキルを求められるケースも少なくありません。プログラム・マネジャーに求められるコンピテンシーは何か、またどのように育成するかについて、研究を行う。

3.活動から得られるメリット

  1. 自らの知識や経験を、研究会活動成果物に反映させることができます。
  2. PMI日本支部の様々な活動に接する機会が得られます。
  3. PMI日本支部で活動する多くのPM経験者とネットワーキング構築の機会が得られます。
  4. 活動実績に応じて、ギブバック活動などの PDU が得られます。詳しくは PMP® ハンドブックを参照いただくか、当研究会のリーダーにご相談ください。

4.活動形式

  1. 定期的な会合を開催します(原則、月1回を予定)
    注)首都圏以外もしくは海外在住の方は、会合への出席が免除されます。
  2. 活動は年度(1月1日~12月31日)で行います。
  3. 電子メール、Webフォーラム、その他のコミュニケーション・ツールを活用して、効率的に進めます。

5.募集要領

1)応募資格

  • 上記の趣旨に賛同いただき、研究会活動に積極的に貢献していただける方。
  • PMI日本支部会員の方。
    注)本部会員であるだけではなく、支部会員登録が必要となります。
  • 研究会活動に継続的に貢献可能な方。

2)募集人数

 10名程度

3)応募締切日

 通年の募集とします。
 提出書類を参考にメンバーを選定させていただきます。結果は、電子メールにて通知します。

6.問合せおよび申込み先